FC2ブログ

多部ちゃんとKERAさんのインタビューより

 2019-08-20
Deep Purplin です。

森若さんにハマりにハマって繰返し見ている毎日です。

先日、関東では朝日の夕刊に今度の舞台の広告として、KERAさんと多部ちゃんのインタビューが出ていました。

今回の出演の決め手はKERAさんだそうで、作品が面白いし、共演した役者仲間からも「一度やってみるとおもしろいかもよ」と言われていて、作品の内容が決まる前から出演を決めていたというあたりは、これまでの作品と同様ですね。

そのあと多部ちゃん節が炸裂していて面白かったので、その部分を抜粋します。

########

 今作のモチーフ、カフカの小説を読んだことがあるかと聞いてみると
 「難しそうなイメージがあって、読んだことはありません。私はベタな話が好きなので、
  だから多分、カフカは好きじゃないんじゃないかな(笑)」とスッパリ。カフカに限らず
 「何を伝えたいのだろう?という作品はどれも苦手です」
 と言う多部に大笑いしながらKERAが
 「でもよく、何を伝えたいんだろう?みたいな芝居に出てない?」と尋ねると
 「そうですね、『何を伝えたいのだろう?』と思いながら演じている時もあります(笑)」と笑う。

(中略)

 そんな本作で多部がどんな役を演じるかはまだ未確定。
 そもそもKERAは稽古と同時進行で脚本を書き進めていくことが多いが、
 それについて多部は
 「普段から内容をよく理解していない状態で稽古場に行くことが多いので、あまり変わらないです」
 とサラリ。
 「今回楽しみなことは、なかなか台本ができなくて、みんな焦るのかなというところです(笑)」

########

常識的な発想では「けしからん」と言われてしまいそうな受け答えですし、並みの役者がこんな状態で臨んだら当然ボロボロなのが落ちでしょうが、むしろ多部ちゃんはこんな状態で臨みむからこそ、良い意味で突き抜けて空っぽで演じることができ、中途半端な理解や解釈で演じる役者にはできない演技をするのでしょうね。

「農業少女」で杉村春子賞を受賞したときに審査評として渡辺保さんが

 「大抵の新人はなんらかの方法論でぎこちなく武装しているものである。
  無意識のうちに何かを支えにしている。そういう新人を散々見てきた。
  しかし彼女にはそういう武装も支えも全くなかった。よほど芯が強いのだろう。
  しかも芯の強さを感じさせないナイーブさがあった。
  そこには彼女の芝居を引っ張っていく力があり、可能性がある。」

と述べていたことを改めて想い起しました。(yamarineさんも2011年2月4日に記事にされています。)

KERAさんも記事のタイトルになっている 「おもしろい」は「わかる」ってことだけじゃない といったことを述べていて、多部ちゃんの発言には何度も笑わされていたそうで、
「多部ちゃんはなかなかいないタイプの女優さんだと思う。若い頃からの
 僕の同志である松尾さんの作品に何本も出ていますから。その信頼もあります」
とのことでした。

かなりブッ飛んだ舞台になりそうで期待が膨らみます!!

タグ :

☆ 『これは経費で落ちません!』 第4話

 2019-08-17


今回もパーフェクトでした。

OLあるあるや女性の心理を巧みにエピソードに織り込んでおもしろ可笑しく描いたのはさすがです。


多部ちゃんはその語り部、潤滑油としてセリフ、表情などでドラマをコントロールしています。

こんなに気持ちのいいドラマは久しぶりです。


演出は何人かでやってるようですが、まったくブレないですね。

脚本のクオリティも全く落ちません。


ときどき挟まれる太陽くんとの絡みも楽しくてしょうがないです。

30歳になった多部ちゃんの新たな恋は誰とどうやって始まるのかなぁなんて妄想してしまいますw


紙ちゃんと麻実子さんのバトルもインパクトがあって良かったです。

多部ちゃんと紙ちゃんの絡みも舞台とは違って普通の中に漂う信頼感があって見応えがありました。


横軸の一つである3人の部長もいままでそんなに絡んでなかったモロさんが実に味がありました。

経理部内の結束もいい感じでますます楽しみです。


今回のハイライトはやっぱり三並愛美(須藤理沙)のところへ乗り込み沙名子が疑義を正すところですね。


思わずああいうふうに多部ちゃんに責められたいと思ってしまいましたw




タグ :

☆ 『これは経費で落ちません!』 第3話

 2019-08-10


今回も刺激があって、深く仕事を掘り下げたすばらしい出来でした。

初回から高いクオリティをキープしていて本当に見事です。


まずは経理部がらみの内容に感心しました。

そして人間関係もパターン化させつつ面白く描かれています。


沙名子の恋の予感が高まってきたのもいいですね。

相手はどちらになるのか、太陽くんがどれだけがんばれるか気になりますw


次週も紙ちゃんが出るようで期待できます。


今回のベストシーンは、数字が合わないなか経理部でのやり取りですね。

体育さんもらしい存在感でよかったですw


でもどんどん引き込まれるのが多部ちゃんの微に入り細に入りの見事な表情ですね。

ワンコのような極端な変顔ではない分、逆に多部ちゃんの芸の細かさは本当にスゴイなって思います。


基本、毎回美しい多部ちゃんが味わえますし、演出はこのドラマでベストオブ多部ちゃんを見せようとしてるのかななんて思うほど、素晴らしい出来になってます!


とにかく毎回楽しくて楽しくて最高です!!



タグ :

☆ 『これは経費で落ちません!』 第2話

 2019-08-03


今回も初回に負けないぐらいいい出来でした。

2回とも中島さんの演出ですが、勝手知ったる多部ちゃんの活かし方が素晴らしいですね。


ストーリーはディテールまで丁寧に描かれていて納得です。

経理部対営業部のドタバタも相変わらず最高です。


基本構図は営業部とのせめぎ合いですが、齟齬はなく納得できます。

森若さんのルーティンもますます波に乗ってきています。


ストーリーとは別に今回注目したのは階段の使い方ですね。

初回には出てこなかった昭和のニオイがする広い階段を多部ちゃんが上がったり下がったりするのが印象的で、いいアクセントになっていました。


しかもその多部ちゃんを映すアングルがやや低めで、小津さんを彷彿させてうれしくなりました。

多部ちゃんは全力で上がったり下がったり大変だったでしょうねw


今回の多部ちゃんもいいシーンがたくさんありましたが、ひとつ選ぶのであれば、やはり最後のインタビューのシーンですね。

変顔、変な喋り方や動きもいとわず演じてくれた多部ちゃんは最高です!!


タグ :

☆ 『これは経費で落ちません!』 第1話

 2019-07-27
やぁー ついに始まりました!

久しぶりの主演ドラマ!!


『先に生まれただけの僕』からは2年弱、間に『二つの祖国』がありましたが、いずれも助演でした。

主演は2年3か月遡り、同じくNHK金曜10時の『ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜』以来ですから、30歳になってからの主演はうれしい限りです。


その間に映画を4本撮り、舞台も4作やってますから、多部ちゃん自身はほぼフル稼働でしたが、やっぱりテレビで毎週観られる喜びは大きいです。

しかも「ドラマ10」にまた呼んでもらえたのは多部ちゃんだからと思うとうれしいですね。


で、初回は期待通りの面白さでした。

最初は型どおりのOL話でやや不安でしたが、私服に着替えてからはテンポもよく、見事な多部ちゃんショーで最後までイッキでした。


ありがちな話をうまく捻って面白くみせてくれたのは、脚本の良さと多部ちゃんの魅力をよくわかっている日テレスタッフの力が大きいのかなって思います。

共演は勝手知ったる吹越さんをはじめ、伊藤沙莉ちゃん、平山浩行さんなど盤石の布陣ですね。


いきなり初回から温泉に入るなどサービスショットもあるし、いくつかの決め台詞やカメラ目線がこれからも楽しませてくれそうです。

森若沙名子という名前もカタい経理女子らしくていいですね。


コメディではあるのですが、多部ちゃんの自然体の抑えた表情や演技が作品に深みを与えていて、見どころがたくさんあります。

今回はホテルで重岡くんと松井さんに遭遇するところが最高でした。


これからも毎回仕掛けをしてくれそうで楽しみです!w



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫