〝 魔術師健在! ”

 2014-08-10
野球選手で唯一大好きな岩隈投手が今年も昨年に続いて二けた勝利をあげました。

今はヨーロッパ・サッカーがない時期なので、メジャーの日本人ピッチャーの先発試合を暇つぶしも兼ねて早見しています。


今年先発をしたピッチャーは6人いますが、やはり岩隈のピッチングは何度観ても魅了されます。

田中もダルビッシュも力感があって、ウィニング・ショットも見事なんですが、もともとの素材が違いますし、出来て当然の人には惹かれないのですね。


岩隈のピッチングは、むこうでも魔術師と言われるようですが、まさに磨き抜かれた技というのがピッタリだと思います。

最速が140キロ後半ぐらいのスピードですが、巧みにゴロやフライを打たせてとる投球術は、コントロールがいいので観ていて爽快です。


三振はそうとれるわけじゃないですが、四球が少なく、安定しているのがいいです。

無理のない投げ方なんで、33歳ですが、まだまだ当分楽しませてくれると思います。


私は近鉄ファンだったので、ドラフト5位で堀越高校から入団したのを聞いて、堀越は芸能人が多いのに野球も強いのって思ったことがありますが、2年目に1軍デビューして、その年のリーグ優勝に貢献しました。

それからはエースとしてあれよあれよという活躍でした。


途中故障もありましたが、楽天時代に23年ぶりに21勝をあげるなど、高校時代無名だった投手としては異例のことだと思います。

そして、メジャーへ行って最初は苦労しましたが、メジャーのやり方に適応するようになってからは、2年目の昨年オールスターに選ばれるなど大活躍です。


身長191cmで端正な顔立ちですが、田中やダルに比べると大人しく、地味に見られがちで、地道に仕事師として有無を言わせぬ実績を積み上げてきたという点で、多部ちゃんに共通するものを感じるのですね。


まあ、私がふたりを愛してるからかもしれませんが、本業に専念して、ひたすらいい仕事をすることに邁進するという姿勢にシビれて、多部ちゃんが静かな日々の潤いになっていますw



タグ :

“ 遅ればせですが ”

 2014-05-04

今日は岩隈の話です。

今年は、なんと言ってもマーくんの活躍が話題ですが、私は変わらず岩隈一筋です。


岩隈もマーくんも楽天で一緒に投げていたのですが、私は愛する近鉄からの想いを引きずっていますので、思い入れが全然違います。

もちろん、マーくんはももクロが大好きで、ヤンキーズで登板するときのテーマ音楽をももクロがマーくんのために作った曲をかけているなどで、好きな選手です。


でもそれは今好きなチーム、オリックス・バファローズの三振王・金子千尋投手と同じレベルの好きです。

それに対して岩隈は、私にとっては、近鉄からメジャーに行った野茂と同じぐらい入れ込んでいる選手です。


今はメジャーにダルビッシュ、マーくん、黒田、松坂、上原など有力な投手がいますから目立たないですが、その実績は昨年の成績を見てもすばらしいです。

目立たなくても、チヤホヤされなくても、弱いチームでも、自分の仕事をキッチリこなす・・・、誰かさんみたいだと思いますw


その岩隈は、今年1月の自主トレ中に右手中指をケガして、開幕に出遅れ、今日ようやくメジャーでのゲームに投げることができました。

そして、さっそく1勝目をあげました。


内容も良かったです。

絶妙のコントロール、少ない投球数で、らしさ全開のピッチングでした。


今年も、岩隈のクレバーなピッチングを楽しめるかと思うとワクワクですw



タグ :

“ あっぱれ岩隈!! ”

 2013-10-02
私は毎週ヨーロッパサッカーを10試合ぐらい観ていて、野球は基本観ないのですが、今年は岩隈投手に楽しませてもらいました。

全試合を早送りしながら観ましたが、あの貧打マリナーズで14勝あげて、防御率も2.66とすばらしく、日本人先発投手3人の中で実質トップだったと思います。


彼がアメリカに行くときに、これだけの活躍を誰が予想できたでしょう。

WBCでの活躍や弱かった楽天で21勝をあげた力は衰えていなかったですね。   


今年は、粘り強く、冷静に、中味の濃いピッチングを続けていたことがよかったと思います。

先発ですから、早い回に試合を壊すのが一番マズイわけですが、そういう試合は数試合しかなかったですね。


夏場にそういう試合があって、さすがに中4日で投げ続けるのは、バテが来るのかなと思ったら、ちゃんと立て直してきましたから、驚きでした。

彼のピッチングフォームを見てると、体全体がバネのようしなって、自然体で力みがなく、リリースポイントで最大のフォースが加わるような高いスキルを感じます。


それによって、自在にコントロールを操りますから、少々球速が劣っていてもノープロブレムですね。

もちろん変化球が多彩ですから、ストレートが調子悪ければ、切り替えも容易です。


ときには力むこともありますが、そういうときは球も走らないですね。

緩と急を巧みにつけて、強力なバッターを翻弄するのが、たまらなく痛快でした。


ダルや黒田と比べて、淡々と投げるので、見た目のハデさはないです。

でも、仕事にハデさはいらないです。


地道に実質の成果を上げた者がおいしい酒を飲めるのですからね。

スキルを磨いて、どこへ行っても通用するというのは、スポーツ選手でも俳優でもすばらしいことだと思います。


多部ちゃんも地道にスキルを磨いて、将来はロンドンで舞台を、なんていうのは夢でしょうかw



『バンドワゴン』のオフィシャルがリニュアルされてます。

例のみんなが屋根の上にいるやつですね。

なぜかスカイツリーが映っているのが不思議ですw

明日、3日の12時に予告動画がアップされるそうです。



タグ :

“ 香川の苦悩と岩隈の歓喜 ”

 2013-07-24

昨日は、ユナイテッドとマリノスが試合をして、なんとマリノスが勝ちました。

思いっきりのいい攻撃が気持ちいいぐらい繰り返されて、一昨日のグランパスとは大違いでした。


やっぱり親善試合と言っても、相手は格上だし、開幕に向けて調子を上げていこうとしてるのですから、思いっきりぶつからないと失礼ですね。

グランパスみたいに、最初から相手に遠慮して、ソフトな当たり方をしていては、相手のためにもならないと思います。


負けてもしょうがないっていう気持ちではないでしょうが、そう思われてもしょうがないですね。


そんな中、ベンゲル監督は宮市を先発させ前半プレーをさせましたが、ユナイテッドの新監督モイーズは香川を後半途中からしか起用しませんでした。

コンディションなどのことはあると思いますが、予想どおり香川は不完全燃焼でしたね。


そんな香川がマン・オブ・マッチを貰ったのには、思わずテレビの前で、「なんでやねん!!」と突っ込みましたが、本人もバツが悪そうでした。

極めて日本的で、こういう感覚にはガックリきますね。


あと1ヶ月ほどではじまる香川の新シーズンは先期と同様、厳しい道だろうと思います。

香川を引っ張ったファーガソン監督が替わって、一からのスタートですし、若手の能力の高い競争相手がいますし、さらに大型補強もウワサされていますので、スーパービッグクラブならではの過酷な競争が続きますね。


そんな中、中心選手として大活躍したドルトムントへいつかはまた戻りたいと言った発言が話題になっていますが、今の時期はなおさらそういうことは言うべきではないでしょうね。

やっぱり、今は夢のユナイテッドで、ネガティブにならずにレギュラーを取る強い意思を持ってがんばって欲しいと願っています。


対して、岩隈は2年目にして、開幕からローテを守り、オフェンスが弱いマリナーズにもかかわらず9勝をあげています。

先日は、なんとオールスターにも選ばれました。


日本にいる時は故障がちで、年齢のこともあって、大リーグに行くときは大きな話題にもならなかったし、契約額も大きくはなかったですが、身の丈にあったチームを選んでの現在の活躍ですから、見事だと思います。

私は、岩隈は全試合、ダルビッシュや黒田はたまに観るのですが、そんなに球威があるわけじゃない岩隈のコントロールの良さと投球術が観ていて一番面白いです。

まあ、ひいき目ではあるのですけどねw


岩隈も来シーズン、もっとビッグなチームからオファーが来るでしょうから、もし移籍した場合、今年と同じように活躍できるかどうか興味深いです。


まあ、サッカーでも野球でも上を目指すのは当然のことですから、二人ともがんばって欲しいですね。

サッカーと野球ではチームプレーと個人の能力という点で、ずいぶん異なりますが、この先の二人の挑戦が楽しみですw




タグ :

“ たまにはベースボール ”

 2013-04-28
最近、スポーツはサッカー1本で、他のものはほとんど観ません。

野球もテニスもスケートも・・・


そんな中で、唯一欠かさずスカパーやBSで観てるのが、岩隈の投げる試合です。

明日も早朝にBSでやります。

いま気になるチームはマリナーズです。


私は、名古屋の人間ですが、なぜか中学の頃から毎年最下位の近鉄バファローズが好きでした。

藤井寺里紗ちゃんを観に大坂まで行ったこともありますw


ですが、近鉄がああいうことになり、多部ちゃん似の岩隈は仙台に行きましたので、杜の都に想いをはせていました。

ところが、仙台に私のダッキライな監督が行ったので、チームではなく、岩隈だけを応援することにしました。


チームは、梨田監督がいた日ハムを気にする程度でした。

ということで、大坂から仙台に行った私の想いは、今はシアトルに行っていますw


日本では、応援するチームはなくなりました。

それが今年、ちょっと変わりそうです。


そのチームはオリックス・バファローズです。

なぜかというと、監督が変わったからです。


近鉄に入って、後に広島などでプレーして、最近では福岡でコーチをしていたイケメンで有名な人です。

森脇浩司と言います。


監督に抜擢されるだけあって、野球に対する姿勢、指導方法などは優れたものがあるようです。

チームは苦戦していますが、まだまだこれからです。


多部ちゃんに似てると言われる小谷くんがいる日ハムも気になりますが、今年は岩隈と森脇監督を応援したいと思っていますw




タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫