〝 先に生まれただけの僕 第2話 ”

 2017-10-21
第2話も初回に見せた切り口を崩さず突っ走っていて良かったです。

学園ドラマによくある生徒の問題に教師が手をこまねくばかりとか、スーパーティーチャーが現れるとかっていうアプローチを極力避けていますね。


まあどこまで徹底できるかわかりませんが、この発想の転換は気持ちがいいです。

序盤でこの勢いですから、相当に気合が入ってるんじゃないかと想像します。


校長の桜井くんが数学を教えるって普通はあり得ないですねw

まさに自力解決ということで、民間でしかあり得ない発想で痛快です!


多部ちゃんの出番は少ないですが、緊張感ある話のなかでオアシスのように美しいものを見てホッと出来る感じです。

清涼感のある多部ちゃんの佇まいがすばらしいですね。


主演の桜井くんとストーリーのギャップや暗い雰囲気で視聴率は厳しいでしょうが、画期的な学園モノになることを期待しています。、



タグ :

〝 先に生まれただけの僕 第1話 ”

 2017-10-15


始まりました。

『日暮旅人』以来の民放連ドラです。


福田靖さんの脚本なんで興味があったのですが、結構硬派なんで意外でした。

とても日テレ土曜のドラマとは思えないですw


テーマは面白いけど、容易な解決策はないし、歯ごたえがありそうです。

これに優しそうな桜井くんがどう対応していくのか、興味深々です。


キャスティングが充実していて、次屋プロデューサーのやる気が漲っています。

初回を観る限り、いろんなテーマに取り組んでいきそうで、楽しみです。


多部ちゃんをキャスティングしたのは次屋さんだと思いますが、出番は少なくても悪くない役どころだと思います。

今年はしゃかりきに働いてる多部ちゃんですが、10年ぶりに桜井くんと共演して楽しく仕事が出来たのでしょうね。


多部ちゃんの出番はそう多くなくても歯ごたえのある作品になりそうですから、楽しみです。


タグ :

“ あさが来た ”

 2015-05-14


このタイトルを見て、なんだかわかりますか。

わかった方は、朝ドラファンか波瑠ちゃんのファンでしょうね。


これは秋からはじまる次の朝ドラのタイトルですね。

ちょっと前に、主役の波瑠ちゃんの姉で宮崎あおいちゃんが出演することが話題になっていました。


正直、あおいちゃん、また朝ドラかって思いました。

多部ちゃんは、どういう役であれ、もう朝ドラは出なくていいですw


基本、朝ドラは観ない私が、なぜ朝ドラの話題をということですが・・・、演出です。

あの、多部ちゃんを奈落に落とした、じゃあなくて、舞台への興味やいろんな可能性を広げてくれた『つばさ』の西谷真一さんが演出をするからです。


いままで苦労しても、それを見せない多部ちゃんにとって、反面教師じゃあなくて、いろんな苦労を味わせてくれたという点で、貴重な演出家である西谷さんがまた朝ドラを演出するというのがうれしいです。

たぶん局内では、また何をやらかすかわからないと反対の声もあったと思いますが、多部ちゃんとの共演歴がある波瑠ちゃんに加えて同じ事務所の先輩を演出するというのが、因縁ですねw


波瑠ちゃんは、このところメキメキと頭角をあらわしてきて、好感を持たれる女優になってきました。

多部ちゃんと共演したデビュー作の『対岸の彼女』の妹役では、チョイ役でヤンキーでしたが、今の彼女とは別人のようです。


ということで、今度の朝ドラはちょっと興味が出てきました。


西谷演出がオーソドックスにいくのか、捻りが入るのか、久しぶりに朝ドラを少し観てみようかなって思っていますw




タグ :

〝 春のドラマが終わって ”

 2014-06-27
毎度のことですが、新しいドラマがはじまる前は、ちょっとワクワクして、これから3か月間、夢を見させてくれる作品がないかなと期待します。

でも、たいてい終盤には、やっと終わって、録り溜めしてある映画を観る時間が出来るなって思うことが多いです。


毎シーズン、何十本と制作されるドラマの大半がそんなふうなんですが、それでも心を掻き乱すような作品に遭遇しないかなと一通りチェックをすることになるのですね。


そんな中で、ほぼ全部のドラマが終了した春のドラマについては、やっぱり総じて期待外れでした。

まあ、好みの問題ですから、人それぞれだと思いますが、力が入っていた作品がイマイチでしたね。


それは、『ルーズヴェルト・ゲーム』であり、『MOZU』であり、『極悪がんぼ』といったところです。

いずれも、意気込みと仕掛けには力が入っているのですが、約10話を引っ張るだけの物語の力がないというのが決定的だと思います。


あと、スタートは悪くなかったのですが、回を重ねるうちに、当初の狙いが変質していったように思えた『アリスの恋』や『ビター・ブラッド』、『弱くても勝てます』などは、どんどん劣化していった感があります。

最初はインパクトがあったけど、最後まで進化することなく終わってしまった『TEAM』は、やや惜しかったかなと思います。


悪いのばかりのようですが、まずまず楽しめたのもあります。

ひとつは、『死神くん』です。


大野くんのとぼけた雰囲気を活かした死にまつわるコミカルなファンタジーは好みでした。

桐谷さんの特徴を活かした死神くんとの絡みもよかったと思います。


話題の池井戸原作ドラマ対決では『花咲舞』が良かったです。

杏ちゃんにはピッタリのキャラで、題材も無理くりなものは少なく、気持ちよく楽しめました。


そして、全然期待してなくて、ハマったのが『BORDER』でした。

死んだ被害者と話すことが出来る刑事という設定に、最初はあり得ないと思いましたが、話の組み立ても演出も巧みで、その世界観がとても心地よかったです。


小栗さんの醸し出す雰囲気といい、非常にストイックなんでハデさはないのですが、ジワジワと沁みてきました。

『対岸の彼女』の多部ちゃんの妹役でデビューした波瑠さんも存在感を発揮していてよかったです。

この春、ナンバー1の作品だったと思います。


あと、まだ終わってないですが、オダギリさんの『大川端探偵社』は深夜ドラマらしくゆるさとお色気満載ながら、話も面白く楽しめる作品です。


こうやって書いてると、多部ちゃんの次の映像作品は何なのか、早く知りたくてしょうがないですw



タグ :

“ 春ドラ、その後 ”

 2014-05-21

春の連ドラも中盤に差し掛かってきました。

まだ、10本近く観ていますが、惰性で観ているのもあり、全体としては盛り上がりに欠けます。


視聴率的に見ても、突出したのはなく、どっこいどっこいの作品が並んでいる感じです。

逆に、相当制作側が力を入れていたのに、低調なのが目立ちますね。


それの筆頭は、『ルーズヴェルト・ゲーム』です。

企業再生と野球部の再生を連動させようとしてるのが、安直で、中途半端で、盛り上がりに欠けます。


次に、『MOZU』です。

TBSとWOWOWの共同制作で、大げさで、話が進まず、活劇にやたら力が入っているWOWOW調とでもいう作りが民放ドラマとしては空回りしている感じです。

引き続き夏に後編をやるようですが、大ハズレといった状況です。


次は、『弱くても勝てます』です。

実話ベースの進学校の野球部の話だそうですが、これもテンポが悪いです。

ニノの主演も『わたしを離さないで』脚本の倉本さんの脚本も苦労している感じです。


そして、『極悪がんぼ』ですね。

煮詰まってる月9の趣を変えて、オノマチさん主演で、そうそうたる役者を揃えての極道モノですが、なかなかノッてこないです。

視聴率的に苦戦するのは、当然だと思います。


というような作品が制作側の大きな期待を裏切ってる作品ですが、逆にそこそこ悪くないのは、『死神くん』、『BORDER』『花咲舞が黙ってない』ですね。

以前春ドラがはじまった頃に書いたときに、まずまずと書いていた作品が、みんな健闘をしています。


そんな突出してすぐれているわけではないですが、細部までしっかり作りこんでるのが、視聴者に伝わっているのだろうと思います。


夏のドラマの情報も着々と伝わってきますが、いまのところ多部ちゃんの名前はあがっていないですね。


次の多部ちゃんの仕事はなんでしょう。


タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫