〝 エゴン・シーレ 死と乙女 ”

 2017-02-11
表題の映画を観てきました。

映画館へ行ったのは『続・深夜食堂』以来だと思います。


それぐらい映画館に行かない私が観に行った理由は、エゴン・シーレという画家が私の一番のフェイバリットだからです。


シーレは1918年に28歳で亡くなったオーストリアの画家です。

グスタフ・クリムトなどのウィーン分離派の影響を受けつつも独自の強烈な画風で、今も映画などで語られる孤高の存在です。


私は多部ちゃんの二十歳のバースデー写真集手渡し会のときにシーレの画集をプレゼントしました。

多部ちゃんが観てくれたかどうかわかりませんが、当時の多部ちゃんにとっては強烈なインパクトがあっただろうと想像します。


でも印象派のような繊細で美しい絵だけじゃなくて、こういう魂の叫びがあらわれているような絵も見てほしかったからです。

多部ちゃんなら避けることなく、受け止めてくれているんじゃないかと勝手に思っています。


シーレについて映画化されたのは2回目で、最初は1980年のジェーン・バーキンがモデルのヴァリ役で主演の作品でした。

当時結婚して間もない時期に嫁さんと一緒に観に行きました。


その作品は、シーレの生い立ちをなぞりつつ、作品が書かれた背景や、未成年への淫行容疑で逮捕され投獄されたこと、兵役に行かされたことなど激しい生き方をしたシーレを描いています。

シーレの最期は当時ヨーロッパで大流行したスペイン風邪を妊娠中の妻・エディトが罹ってしまい、薬が手に入らないまま死んだ3日後に看病していたシーレも同じ病で亡くなるというものでした。


今回の映画はそんなシーレの女性関係を軸にして描いています。

ティーンズの頃から妹の裸体を描いていたこと、その後のモデルの変遷など史実に忠実に描いているそうです。


映画として、特に優れているとは思いませんが、稀有な画家として、現在も世界的に評価の高いシーレの生きた様を伺い知るという点で興味深い作品だと思います。


1月に東京で始まって、ミニシアターということはありますが、女性客を中心に満席が続いたぐらい評判になりました。

名古屋は先週から始まって、やはり女性客が8割ぐらいで、一定のファンがいるのが伺えます。



この作品のタイトルであり、彼の代表作とも言える「死と乙女」を含めた作品の一部と、彼の生涯について詳しく書いてあります。


エゴン・シーレ「20世紀を代表するヌード画家」






スポンサーサイト
タグ :

〝 今年もよろしくです! "

 2017-01-01
明けましておめでとうございます!

今年は2月に69歳になります。


そして47年勤めてきた会社を3月にやめます。

あと1年と思っていたのですが、まあここまで働ければ十分かなとも思っています。


でも、まだバイトで行く可能性もありますので、気持ちの変化はあまりありません。


これからはブログが本業になるかもしれないですがw、現在、「カンパイ!!」と「野中ちゃん」と「ドラマ」の3本を書いています。

多部ちゃんは9年目、ドラマは6年目、野中ちゃんはもうすぐ2年になります。


最近は「ドラマ」と「野中ちゃん」のほうが「カンパイ!!」より訪問いただく方が断然多いです。

まあ先回の記事のようにこのブログは更新が少ないのでしょうがないですね。


時間が出来たら、いま休止している2つのブログも再開したいと思っています。

私にとって文章を書くことはやめられないので、書けることは幸せですね。


多部ちゃんは、今年は苦労をしたいということなんで、苦労の成果を楽しませてもらおうと思っています。

野中ちゃんは後輩が入ってきたので、大きくジャンプアップする可能性があり、非常に楽しみです。


69歳にして、そんな二人のヲタを続けられることは幸せだなあと思っています。


そんなオヤジですが、今年もよろしくお願いします!




タグ :

〝 若冲と紅葉 ”

 2016-11-25


先日、秋の京都に行ってきました。

目的は京都市美術館で開催されている〝生誕300年 「若冲の京都 KYOTOの若冲」”を観るためです。


いつものように嫁さんのリクエストです。

私は紅葉で混んでる京都へ車で行くなんて、と考える人間ですから自らはあり得ませんw


伊藤若冲の絵はテレビの特集番組はほとんど観ていて、一部の作品は観てみたいなって思っています。

嫁さんのほうは以前から相当入れ込んでいます。


ただ今回の展示会は好みの作品はなかったですし、水墨画がメインなので地味でした。

それでも今のブームを反映して、すごい客でまともに観るのも大変でしたw


ということもあって思ったより早く観終わったので、せっかくだから紅葉でも観ようかということで、結構な距離を歩いて南禅寺の奥の永観堂に行きました。

京都で紅葉を観るのははじめてですが、これまたすさまじい人でしたw


紅葉で有名なお寺ですから、見事な庭でしたが、紅葉はタイミングと当日のお天気次第と思ってますから、暖かくていい天気に恵まれたのはラッキーでした。


そのあとは南禅寺横の有名な豆腐料理を食べてきました。

これは少々高いですが、大変美味しかったです。


というような行程でしたが、片道約2時間の高速運転は疲れました。

最近は遠出をすると年齢を痛感しますw



さて、多部ちゃんのほうは絶賛撮影中で、次々とドラマの予定が入っていてありがたいです。


『続・深夜食堂』でもレギュラーを喜んでいたようにやる気満々で、オファーも続々ですから、アラサーなんか関係なくノリノリですねw







タグ :

〝 久しぶりの更新&多部ちゃん ”

 2015-11-01
11月になっちゃいました。

先月はなんと3回しか更新をしませんでした。


これはとつぜん思い立ってブログを始めた7年前の9月と同じ回数です。

とは言っても、開始したのが月末近くでしたから、比較するものではないですねw


最近は何か書かなくてはと思うのですが、何も思いつきません。

私は文章が書きたいので、スケジュールなどは他の方が書いてますし、そうなるとこれだけ多部ちゃんが成熟すると特に何って思いつかないのですね。


毎日覗いていただく方には申し訳ないと思っています。

とは言っても、以前のように焦ったりはしなくなっちゃいました。


もう天下の多部ちゃんですからね。

何かがあった時に書けばいいやって開き直っています。

スミマセンw


で、今月は久しぶりに多部ちゃんに会うことができますね。

とは言っても20日(金)なんで、まだ少し先ですけど。


日本テレビSPドラマの『視覚探偵日暮旅人』です。

また番宣にもたくさん出てくれると思います。


『どS』から『ピース』と来て、今度の多部ちゃんはどんななのか楽しみです。

でも、今のところ気持ちは早くBDで志乃を観たいというのが勝っていますw


それぐらいにインパクトがあったし、やり遂げた感のある作品ですね。

なので、『ツインズ』もありますが、これから先の仕事への渇望があまり湧いてこないというのが現状です。



多部ちゃんについてはこれくらいで、この間の多部ロスの日々は、もっぱら野中美希ちゃんにのめり込んでいましたw

モーニング娘。’15の昨年入った12期メンバーのひとりですね。


今月は多部ちゃんにも会えるのですが、チェルこと野中ちゃんにも会えます。

それは、名古屋で11月14日に娘。の秋ツアーが開催されるからです。


先日、娘。のエースピッチャーで4番バッターとも言われる広島出身の鞘師里保ちゃん(17歳)の大晦日での卒業が発表されて、ファンなどに大きな動揺が起きています。

そんな中でのライブなので、鞘師ちゃんの最後の姿と、将来のエースと期待されている野中ちゃんを観るのが楽しみです。


野中ちゃんは8月に出たシングルの1曲で、1年未満にもかかわらずダブルセンターに抜擢され、さらにNHKのJ-Meloのオープニング曲の〝One and Only”という娘。初の全編英語詞の楽曲のメインヴォーカルも務めています。

まさに娘。の将来を担うメンバーに着実に育ってきています。


まだ12期4人がスタートして横並びの1月に彼女の魅力に気づいたのは、嵐出演のたわいないドラマと思って観始めた「やまたろ」で多部ちゃんを見つけたときと同様のうれしさですw


その野中ちゃんの映像を紹介しておきますので、お時間の許す方はぜひご覧ください。

英語やピアノ、歌もダンスもアクロバットもイラストもという才能だけではなく、初期の多部ちゃんと同様その可愛いすぎない可愛さにハマっていますw


NHK J-Melo (ネイティブな英語が聴けます)





〝One and Only” (鞘師ちゃんとダブルセンターです)




タグ :

“ ちょっと一服 ”

 2015-03-10


書こうか書くまいか逡巡していましたが、気晴らしにちょっと書いてみようかなと思いました。

ですから、読み流してくださいw


二週間ほど前から右目奥の激しい頭痛に悩まされて、歯科⇒眼科⇒歯科⇒耳鼻科⇒眼科⇒内分泌科と病院通いをしています。

造影剤を入れた頭部のMRIをした結果、ステロイド系の薬を処方してもらって、頭痛はウソのように消えました。


でも、一度腫れた目の神経が元に戻るのに時間がかかって、いまだにモノが二重に見えます。

ですから、メガネだけでは新聞も読めませんし、もちろんPCでの仕事もできません。


会社には行っていますが、できる仕事は限られます。

このまま回復しないとクビになりますねw


病名が特定できないのが困るのですが、Deep Purplinさんが調べてくれた、トロサ・ハント症候群という病気によく似てはいます。

Deepさんには感謝です。


まあ、そのうち直るとは思いますが、今まで以上に更新が滞ると思います。

今は多部ちゃんも仕込み中ですから、1ヶ月後の黒井マヤ降臨を楽しみに待ちたいと思います。


ひょっとしたらお忙しいDeepさんが、ヒマを見つけて記事を書いてくれるかもしれません。

よろしくお願いしますw




タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫