FC2ブログ

〝 グッバイ デイル!! ”

 2018-12-06

1か月間東京と大阪に現れ、観た人を歓喜の渦に巻き込んだデイルが去っていきました。

私もデイルの最後の姿を確かめたくて、大阪のラストステージを観に行ってきました。


最終日ということもあり、10日ほど前よりさらに輝きが増していたように思います。

特に歌がさらに進化していました。


もちろん表情も芝居もエロさもダンスも素晴らしかったです。

そして最後は本当に晴れやかな表情の多部ちゃんが見られました。


アンコールでは残念ながら多部ちゃんの声を聴くことはなかったですが、やりきった表情はさすがでした。

多部ちゃんを応援してきたことを本当に誇らしく思いました。


あと2カ月弱で30歳になる多部ちゃんにとって、女優になってここまでの活動は十分に満足できるものではなかったかと思います。

もちろん紆余曲折はあったと思いますが、想いが強かったミュージカルをやりきったのはビッグサプライズとも言えますね。


今年は舞台が3本、映画の撮影が3本、公開が1本とテレビでの露出は少なかったですが、フル稼働の年でした。

最高の二十代締めくくりの1年だったと思います。


ほんとに多部ちゃんのやる気には敬服しますが、30歳になってからの最初の仕事が何なのか気になりますw



昨日は岡山のmarrellaさんと初めてお会いしました。

女優のこと、映画のこと、音楽のことなど楽しくお話ができてうれしかったです。




タグ :

〝 『TOP HAT』は大いなる飛躍!! ”

 2018-11-25
昨日、『TOP HAT』を観てきました。

多部ちゃんはいままでも分岐点と言える作品がありましたが、今回ほどインパクトのある作品は多くはないですね。


ドラマでは、『対岸の彼女』、『やまたろ』、『つばさ』、『デカワンコ』、『大奥』、『ツバキ文具店』など

映画では、『ルート225』、『君に届け』、『深夜食堂』、『ピースオブケイク』、『あやしい彼女』など


そして舞台では、『農業少女』、『サロメ』、『わたしを離さないで』、『キレイ』、『出口なし』などを挙げたいですが、その中で『TOP HAT』はいままでの仕事とは次元の違う飛躍のように感じます。

私が多部ちゃんにハマってから11年、新たな作品に出るたびに刺激をもらってきましたが、今回の本格的なダンスや歌は想像を超えていました。


今日ニュースになってる容姿についても加齢に反比例してブラッシュアップしていることは我々ファンから見れば周知の事実ですね。

それが仕事やCMに反映するとともに女性のファンが増えてきていることにも結びついていると思います。


そんな多部ちゃんがオーディションでロンドンまで行ってこの仕事を勝ち取ったのは、自分を変えたかったからでしょうね。

最初にこの世界に興味を持った『アニー』の仕事ができなかったことは、彼女の頭の片隅について回っていたに違いないと思います。


『TOP HAT』の多部ちゃんは立ってるだけでキラキラと輝きを放ち、ダンスや歌で驚きを与え、透き通ったヴォイスで魅了し、もはや敵なしの状態ですね。

私が唯一心配していた歌も以前舞台で歌ったときに比べかなりレベルアップしていました。


舞台でも映像と同様にいろんな作品に出てきましたが、また新たな武器を手に入れましたね。

なのでこれからミュージカルにも挑戦して欲しいと願っています。


今回は坂本くんの支えが大きかったと思いますが、今後は多部ちゃん主演の作品も観てみたいと思いました。


30歳を目前にしてのビッグチャレンジに成功した多部ちゃんはさらに大きなつばさを手に入れ、どこまで飛んで行くのでしょう!!



舞台終了後、都美術館の「ムンク展」、国立新美術館の「ボナール展」を観た後、けやき坂と丸の内のイルミネーションを観て帰ってきました。

結構な移動距離で、元気な嫁さんについていくのがやっとでしたが、多部ちゃんのおかげで楽しい時間を過ごすことができましたw



タグ :

〝 祝 舞台10作目!! ”

 2018-09-17


昨日、『出口なし』を観てきました。

『サロメ』以来、6年ぶりの新国立劇場でした。
ほぼ3人の濃密な芝居ですので、小劇場で集中して観ることができました。


話は面白おかしく、でもいろいろと考えさせられる好みの作品でした。

大先輩のふたりと真っ向から組んでの多部ちゃんの無尽蔵な才能に浸ることができました。


さて、今回の『出口なし』は多部ちゃんにとっては10作目の舞台となります。

朗読劇や映像出演のは除いて8年半での達成になります。


『つばさ』をやってるときに舞台に興味を持って、終わってから半年後の『農業少女』がすべての始まりですね。

若くして映画、ドラマで活躍しても同時期に舞台まで進出するのは当時としてはレアだったと思います。


でも舞台デビューで、杉村春子賞を受賞するとあとはご存知のとおり、三つのジャンルをバランスよくこなしてきています。

今は以前と違って、おそらく本人のなかでは三つの優先順位が逆転してるのじゃないかと想像します。


いずれにしてもこの後も映画が4本控えていますし、舞台は初挑戦のミュージカルがありますし、ブログを始めて10年経って70歳になっても絶えず刺激がもらえるのは多部ちゃんファン冥利でありがたいと思っています。


そこで10本の舞台作品を好きな順に並べてみようと思いました。

作品の質うんぬんではなく直観的な好みですので、悪しからずです。


1.農業少女 (2010年3月、東京芸術劇場)

2.わたしを離さないで (2014年4月-6月、彩の国さいたま芸術劇場 他)

3.オーランドー (2017年9月-10月、KAAT神奈川芸術劇場/新国立劇場/松本/兵庫)

4.サロメ (2012年5月-6月、新国立劇場)

5.キレイ~神様と待ち合わせした女~ (2014年12月-2015年1月、シアターコクーン/シアターBRAVA!)

6.出口なし (2018年8月-9月、新国立劇場 小劇場/サンケイホールブリーゼ)

7.尺には尺を (2016年5月-6月、彩の国さいたま芸術劇場大ホール)

8.ふくすけ (2012年8月-9月、シアターコクーン 他)

9.ニンゲン御破算 (2018年6月-7月、シアターコクーン/森ノ宮ピロティホール)

10.ツインズ (2015年12月-2016年1月、パルコ劇場/森ノ宮ピロティホール 他)


以上ですが、一部しか観てなくても、 私はこれが好きだというのがありましたら、コメントでいただけるとうれしいですw


それと残念なのは2と3が映像化されてないことですね。
今回の『出口なし』はどうでしょうか。




タグ :

〝 ニンゲン御破算 観劇!! ”

 2018-06-11



昨日、『ニンゲン御破算』を観てきました。

コクーンの先行は当たらず、ネットで手に入れ、3回分しっかりと観てきましたw


多部ちゃんは多くの猛者のなかで、いつものように孤高の輝きを放っていました。

どんな髪型をしていようと、どんな衣装を着ていようと、凛とした多部ちゃんから発せられるセリフは心地良いですね。


前回の『オーランドー』が素晴らしかったので、量質ともあまり期待してませんでしたが、やはり多部ちゃんは多部ちゃんでした。

スタートから幕間、締めのセリフまで大切な役割をしっかりとこなしていました。


今回は時代劇ですから露出は少なかったのですが、おいしい場面もいくつかありました。

ひとつは素晴らしいステップのダンス、もうひとつは一瞬のサービスショットです。


前のほうで観る方でしたら幸せな気分で会場を後にできるかもしれないと思いますw


今年は舞台が三つもあるので、1回ずつしか行かない予定ですが、その初回としては十分に満足しました。

劇そのものに関しては、小ネタ満載、仕掛けもバッチリで、いつもの大人計画でした。


昨日はDeepさんと一緒でしたが、偶然ももちゃさんを見つけ、観劇後は雨の渋谷で、パルコ劇場の朗読劇から続く3人の出会いと、おそらく一生女優を続けるであろう多部ちゃんへの想いを語り合いましたw




タグ :

〝 TOP HAT ”

 2018-05-01
もうたまりません!!w

なんと今年3本目の舞台の発表がありました。


出費が大変で、観に行くべきか、スルーするか、悩ましいところです。

遠征するのは多部ちゃんだけじゃないので・・・w


でも多部ちゃんの需要とやる気には脱帽です!

今度はミュージカルですよ!!


まさかあの多部ちゃんが本格的なミュージカルに挑戦するなんて、甘く見てましたw

決して得意じゃない歌はもちろんのこと、タップダンスにもチャレンジだなんて、もうオールマイティを目指してるようですね。


心配・・・ じゃあなくて、大歓迎です!w

それだけ期待されてるということだし、新たな可能性にチャレンジということですからね。


中学生のときに『アニー』で目指したミュージカルの道への約15年後のリベンジですね。

さすが〝タベちゃん”としか言えません!!


まさに怖いものなしです。

多部ちゃんに女優業の多くのことを教え込んだに違いない大竹さんとのストレートプレイの後のミュージカルですから、感慨深いものがあります。


演出のマシュー・ホワイトさんも言ってますが、多部ちゃんならきっとセンセーションを起こすに違いないと思います!!




タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫