“ フォーリンラブ続出か ”

 2012-05-05
昨夜の『農業少女』放送後に、印象的なつぶやきがいくつかありました。


「多部未華子のすばらしさを堪能しました!」

「はじめて、女優多部未華子を見た気がしました。舞台恐るべし!!」

「眠気すっとんだ!! すごい。リアルに感動した。多部未華子すごい!! すごい惹かれた。なにコレ恋ですか。わたし、恋に落ちました。」


というように、昨夜から今日にかけては、多部百子ちゃんに恋をしてしまう人が続出しているんじゃないかと思いますw


私も、数え切れないほど観てるのに、冒頭の多部ちゃんと松尾さんのインタビューからテンション上がりまくりで、またイッキに観てしまいましたw

何度観ても、興奮せずにはいられません。


私自身やDeepさんやさっぽ君さんが映っているということも含めて・・・w


確かに舞台恐るべしなんですが、やっぱり多部ちゃんのあの演技だから、恐るべしなんだと思います。

比べるのは申し訳ないのですが、先日、戸田さんの『寿歌』をWOWOWでやったので観ました。


この作品は、北村想さんの作品で、名古屋の劇団ですから、初演の頃に観に行った記憶があります。

私は特に芝居好きではないんで、当時、評判の良さに誘われて、観に行ったのだろうと思います。


戸田さんと堤さん、橋本さんという有名な3人で、みんなそれなりに良かったのですが、作品の違いはあるとは言え、戸田さんには、多部ちゃんのような強烈なオーラは感じませんでした。

この先、戸田さんが舞台への取り組みをどうされるかはわかりませんが、いまの月9を観ていていると、一皮剥けたかなという印象はありますね。


昨年、初舞台をやった長澤さんも、今回のドラマで余裕というか、そういうものを感じます。

ただ、二人とも再度舞台をやるかどうかは、とにかく大変ですから、迷うところでしょうね。


でも多部ちゃんは、もうやりたくないと思いながら、『農業少女』が終わって、すぐに『サロメ』のオファーを受けているわけですから、シンドイけど、映像の仕事とは違う、やり遂げた感、ライブ独特の心地よさを強く感じていたのだろうと推測します。


昨夜のWOWOWの放送は、リアルに観た人、録画した人、このために加入した人、友人に焼いてもらうよう頼んだ人など、2年前とは比較にならない多くの人が、多部ちゃんの舞台に魅せられることと思います。


そして多部百子を見て、多部ちゃんにフォーリンラブする人が、また大勢増えるのが目に見えるようですw



さて、今回の再放送で、はじめて『農業少女』を観た多部ワズライの方も多いと思いますが、簡単な感想をいただけるとうれしいななんて思いますw



PS:私は地下鉄に乗るときは、座らないでドアのところに立つのですが、今朝ドアが閉まったら、また目の前に多部ちゃんがいてビックリするとともに、心の中でヒャッホーっと叫んでしまいました(笑
以前のC1000に続いてのコッコアポの車内広告ですね。最近テンションがハイなんで、最高でした。
しばらく、多部ちゃんと一緒に通勤できそうですw




タグ :

“ 今夜、百子ふたたび ”

 2012-05-04

いまの多部ちゃんの快進撃のターニングポイントとなった『農業少女』の百子が、今日の深夜、WOWOWの再放送で帰ってきます。

2年前の3月の池袋、東京芸術劇場に何度も足を運んだ思い出が蘇ってきます。


百子は、その年の夏ドラ『GM』の桃子につながっていきますし、さらに翌年の『デカワンコ』の一子を生み出すことになったことは、多くの多部ちゃんファンが知っていますね。


そして、開演が迫ってきた舞台『サロメ』のオファーも、『農業少女』が終わって、すぐにあったことが先日明らかになりました。


その演技で、翌年1月に読売演劇大賞の新人賞に当たる杉村春子賞を獲ったのはもちろんですが、上演されているときから大きな反響で、多くの業界人や同業の人が観に行って、即いろんなオファーがあったということですね。

それぐらいに、大きなインパクトがあったわけです。


ですから、2回目の『サロメ』も、8月にやる3回目の『ふくすけ』も、事務所主導なんかでイケメンと一緒にやるような芝居ではないですからね。

多部ちゃんが選ぶ仕事は、純粋に自分の力で切り開いていく、シンドイけどやりがいがある仕事ばかりということに敬服します。


そんな多部ちゃんの分岐点となった『農業少女』をまだ観てない方は、どんな手段を講じてでも、一度ご覧になることをオススメします。



追記:いまの多部ちゃんを存分に味わえる「はなまるカフェ」を見てない方に朗報ですw

リンクしてあるNABEさんが期間限定で、全編を3分割でアップされてます。

見逃した方はぜひ!!




タグ :

“ 読売新聞の記事 ”

 2011-02-04
今日、会社帰りに読売新聞を買おうとしなかった自分はアホだなぁ・・・、と思いましたw

先ほど、貴重なコメントいただきまして、ありがとうございました。


いま、あわててコンビニへ行って、読売を買ってきました。

感動的な記事ですね。


ここで紹介をしたいと思います。



杉村春子賞

多部 未華子 (「農業少女」の演技)


審査評  渡辺 保 (演劇評論家)


「2010年3月、東京・池袋の東京芸術劇場小ホールで野田秀樹の旧作『農業少女』を見た。

舞台全体の出来は必ずしもグレードの高いものではなかったが、その舞台で一際輝いている女優がいた。それが多部未華子だった。
ヒロインだから目立つのは当たり前であるが、彼女の目立ち方はただ役が大きいからだけではなかった。

むろん私はテレビでの映像で彼女を知っていたが、これがあの多部未華子かという思いがしたのは、彼女が実に新鮮だったからである。
映像とくらべてもその新鮮さは無垢の自然の風景のようであった。しなやかで透明、清澄かつ純真であった。
どんな既成のものにも汚されていない感性がそこにあった。

大抵の新人はなんらかの方法論でぎこちなく武装しているものである。無意識のうちに何かを支えにしている。そういう新人を散々見てきた。

しかし彼女にはそういう武装も支えも全くなかった。よほど芯が強いのだろう。
しかも芯の強さを感じさせないナイーブさがあった。

そこには彼女の芝居を引っ張っていく力があり、可能性がある。

これからが楽しみな才能である。」


コメントをいただいた方が言っていましたが、涙が出るようなすばらしい評価ですね。

これは、多部ちゃんを百倍勇気づけるものだと思います。


ブラボー!! ブラボー!! です。


「透明感が際立った『農業少女』の多部未華子」とコメントされた、かわいい百子の写真も載っています。



タグ :

“ やったね! 多部ちゃん!! ”

 2011-02-04
やりました!! 快挙ですね!!!

朝、日経を読んでいて、読売演劇賞発表の記事、そこに多部ちゃんの名前がありました。


多部ちゃん あんたはホントに本当のホンモノだ(笑

多部ちゃんが第18回読売演劇大賞の新人賞にあたる杉村春子賞を受賞しました。

もう私たちにとっても夢みたいな話ですね


まだ、脳裏に焼きついている1年前のあの池袋での百子の鮮烈な姿が蘇ってきます。

本当に刺激的な舞台でした。


女優賞の5人に選ばれただけでもお見事と思っていたので、まさか賞までとることは考えてもいなくて、サイコーですね。

やっぱり、賞とか数字とかっていうのは明確なグレートジョブの証ですからね。


しかも、時期は図らずも『デカワンコ』でノリノリの今ですから、あのフリフリ衣装で、変顔連発のミカワンコが、舞台でも賞と獲ったということで、話題沸騰でしょう。

まさに実力者、爪を隠してバカになるの図ですw


若い女優で、自然体でこんなふり幅の大きい役を、仕事はなんでも一緒と、いとわずに演じきれる人はそうはいませんね。


杉村春子賞を過去に獲った人は、男性のほうが優勢です。

中村さん、草薙さん、藤原さんなど、そうそうたる顔ぶれです。


一方で、女性は笹本さんぐらいが、映像でも少し出たことがあるぐらいで、あとの方は舞台の方ですかね。

いずれにしても、赤丸急上昇で、いまドラマや映画で引っ張りだこの若手女優が獲ったというのが、快挙ですね。


若きホープに期待を込めて贈りたいという意図や日テレが後援という側面もあるかもしれませんが、なんと言っても、杉村春子さんの名前を冠した賞ですから、やはり素質の良さ、演技のすばらしさがあってこそだと思います。


順調に、「我、わが道を行く」、オンリーワンへの道を突き進んでいますね(笑


今日は、タイムリーに新しいC1000のCM発表の日で、記者から感想を求められたようですが、本当に感激で、うれしそうで、これから一層ワンコの演技に拍車がかかりそうで、ますます楽しみです。


多部ちゃん 本当に、本当におめでとうございます。



タグ :

“ 百子を待ちながら ”

 2010-05-14
3月31日の午後、もうこれで多部ちゃんの百子ともお別れだと寂しさがつのったあの日から1ヵ月半、ついにあの百子に再び会う日がやってきまた。


すでに番宣で、百子のアップやダンスのシーンを何回も観て、気分は盛り上がっているのですが、やはり全編きちっと観たら、さらに感動することだと思います。ワクワクです(笑

一緒に観る嫁さんがどういう反応を示すのかも楽しみです。


「チロリア~ン」と耳について離れない印象的な九州のラジオCMが流れる中、場内がざわついているその時、スッーと横の扉が開いて、多部ちゃんがニッコリと「お願いします」とビラを配りにくる、その瞬間、もう『農業少女』の世界に引き込まれてしまいます。

今日の午後11時40分に再びその世界に引き込まれたい、あのゾクゾクする感動を味わいたいと願っています。


感動は個人差があると思いますが、すでに予告の多部ちゃんのアップの映像を観ただけでも、大丈夫、ダイジョーブと確信を深めている自分がいます。


しかも、それがハイビジョンで、永久保存できる・・・、なんていい時代に多部ちゃんを好きになったんだろうって思います。


しかも、『農業少女』が終わったあとも、矢継ぎ早に、『君に届け』が発表され、ブログ仲間もロケに参加をし、オルビスのシリーズCMがあり、さらに7月のドラマ出演決定と、これでもかこれでもかという攻勢ですから、奔放なロリータの百子を想っていたと思ったら、次はおくてで純情な爽子のことを考え、さらに今度は、東山さんを叱咤する研修医・桃子に思いを馳せ、それに加えて、「帰らないもん!」の未華子ちゃんにも魅了されて、頭の中が万華鏡状態で天国をさまよっているというのが正直なところです。


そんなんだから、今日のお昼は、ふだんは頼まないラーメンにミニチャーハンを頼んでしまい、思わず「半チャーハンはいかんなぁ なう」とつぶやいてしまいました(笑


こんなに頭の中が多部ちゃんでイッパイになることは、本当に幸せなことで、今夜から、当分は研修医の桃子じゃあなくて、み~~だらな百子にドップリとひたりたいなって思っています。


タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫