〝 ターニング・ポイントかな ”

 2015-06-29

『ドS刑事』は多部ちゃんのプロモーション・ドラマとして考えれば大成功だったと思います。

制作側にそういう意図があったかどうかはわかりませんが、あのキャラが立ってるマヤが活きなければ成功は約束されないわけですから、同じことですね。


ただ、あまりにも脚本が脆弱だったので、多部ちゃんの強さ、存在感が際立ったということは言えますね。

その辺は、ドラマとしてのクオリティが低くても、多部マヤがなんとかしてくれる的な願望もあったのかなと思います。


まさに困ったときの多部ちゃん頼みというやつですね。

ですから、『ドS』では、多部ちゃんの株が異常な高騰を示しました。


これまでも作品ごとにすばらしい演技をしてきたのに、ここまで多部ちゃん個人をピックアップして記事にしてくれたことは少なかったですね。

そういう側面で、この作品はひとつのターニング・ポイントになったのかなって思います。


その辺は後になってハッキリしてくるだろうと思いますが、何が幸いするのか、やってみなければわからないものですねw


そういう意味で、次の『ピース オブ ケイク』ももしかしたら映画の転換点になるのかなって思っています。


『深夜食堂』がシリアスな多部ちゃんの久しぶりの再来だとしたら、梅宮志乃はいままでの多部ちゃんにはなかった、大人の女性の新たな側面を見せてくれるかもしれないと期待をしています。




タグ :

“ 8.8 % ”

 2015-06-22

『ドS刑事』最終回の視聴率は、8.8%でした。

累計は、9.33%になりました。


多部ちゃんの力を見せ付けた数字だと思います。

7話で7.2%に落ちて、普通ならズルズル行くとこですが、そこから反発したのはさすがだと思います。


多部マヤの魅力だけで観せたドラマが、平均9%台をキープしたのですからリッパです。

刑事ドラマを楽しもうと思っていた人には、残念な内容だったかもしれませんが、そのマイナス要因をも飲み込んでしまった数字ですね。


多部ちゃんにとっては、いろんな意味でいい経験だったと思います。


多部ちゃんは、二度と鞭を振るうことはないと言ってましたが、伴さんあたりの脚本で再び、なんていうのも悪くないですけどねw





タグ :

“ ドS刑事 最終話 ”

 2015-06-20

最後に花火が上がりましたね。

同じ警察同士であそこまでするっていう展開でしたが、まあそこは深く突っ込みませんw


今日もマヤの心情をあらわす様々な表情がたくさんあって、贅沢な作りでした。

一旦封じた腹チラを気前良く大サービスしたのも効果バツグンでしたね。


たかが腹を見せるだけで、よほど崇高なものを見られたように感じるのは、露出することが少ない多部ちゃんだからこそですね。

多部ちゃんのおヘソ見せは、視聴者に対する実に有効な武器でしたw


今後誰かがマネをしたとしても、多部ちゃんには敵わないし、二番煎じと言われるでしょうw

マヤのキャラ立ちのために、いろんな仕掛けを設けてくれましたが、腹チラが一番インパクトがありました。


今回は、全員の存在感もあったし、なんかまたここから始まって欲しいような気がしました。

そういう思いもあったかもしれないですが、まあ無理でしょうねw


いずれにしても、多部ちゃんがその特性を存分に見せ付けたすばらしいドラマでした。

次に連ドラに出るときは、まったく違うキャラクターになって、また驚かせてくれるに違いないと思っていますw


それはいつになるでしょうか・・・







タグ :

“ 8.4 % ”

 2015-06-15


第10話の視聴率は、8.4%でした。

安定していますねw


ひたすら多部ちゃんを愛でるドラマとしては、悪くないと思います。

まあ、これで着地点はほぼ見えてきましたが、平均で9%はキープしそうです。


二ケタを獲ってる4強の次ということですから、OKですねw

足を引っ張る脚本や演出を、多部マヤの力で支えるという稀有な展開のドラマとしてはよくやったと思います。


今回のマヤのインパクトは、今後の多部ちゃんの仕事に有形無形の影響を与えるでしょうね。

それはいい形であらわれるに違いないと思っています。



タグ :

“ ドS刑事 第10話 ”

 2015-06-13


今日の一番の収穫は、AUBEの新しいCMが観られたことですw

マヤとのギャップに萌えました。


そのマヤのほうは、最終回へ続くということでちょっと肩透かしでした。

でも、この内容で11回もやってくれるのですから、ワガママは言えません。


来週は本庁とのせめぎあいみたいですから、ド派手にやってくれるのを期待しています。


今日の多部ちゃんは、なんと言っても着物姿ですね。

あのヘアスタイルと着物はどうなのって思っていましたが、違和感はまったくなかったです。


そして、麗しの二の腕を存分に見せてくれましたw

いつ見ても、多部ちゃんの二の腕はお見事です。


あまりお目にかかれないタンクトップも良く似合ってました。

まさに多部ちゃんを見るためのドラマとしては申し分ないと思います。


期待通りでもあり、期待外れでもあり、悲喜こもごもですが、多部マヤの力で見事にねじ伏せてきました。


ラスト1回、有終の美を飾って欲しいと願っています。




タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫