“ 番宣続報!! ”

 2013-09-29
明日の『深イイ話』の後は、『バンドワゴン』当日まで多部ちゃんにお目にかかれないかと思っていたら、また番宣情報が入ってきました。

10月6日(日)19時から10時54分までのロングランです。


番組タイトルは長いですw

『DASHでイッテQ行列のできるしゃべくり 日テレ系人気番組No.1決定戦』というそうです。


春と秋の番組改編期にやってるようですね。


出演するのは、亀梨くん、多部ちゃん、竹内結子さん、阿部サダオさん、志村けんさんほかのようです。


何をするのかわかりませんが、無邪気にハシャぐ多部ちゃんが見られるといいなと思っていますw



また今日はつぶやきで、六本木で石ちゃんと多部ちゃんを見たという人が何人もいました。

どうやら、今度の『メレンゲ』の石ちゃんのコーナーで、多部ちゃんと光石さんと一緒にオリジナルのカレイドスコープ作りに挑戦したようです。


本編の収録は以前に終わっているようですが、ロケの部分は今日撮ったということですね。

多部ちゃんのかわいいカレイドスコープが楽しみですw




タグ :

“ コーギーよりカワイイ多部ちゃん ”

 2013-09-28
今夜の『志村どうぶつ園』は、多部ちゃんがタップリ見られました。

ワープ画面でも、多彩な表情をたくさん見せてくれましたね。


今日の多部ちゃんはどんなカッコウをしてくるのかなと思ったら、意表をつくカジュアルないでたちでしたが、配色が鮮やかで、よく似合ってました。

髪を無造作な感じで束ねていたのもグッドですね。


多部ちゃんの可愛らしさを一層引き立たせていた感じです。


いつもにも増してカワイイ多部ちゃんでしたが、ますます表情がやわらかくて、魅力が増している気がします。

仕事もプライベートも絶好調というのがうかがえますね。


そんな現時点でのベストとも言える可愛らしさとパフォーマンスが見られるすずみちゃんの予告をチラッとやりましたが楽しみです。

もっとたくさん見たいのですが、なんせ大家族なんでしょうがないですねw


次の番宣は、明後日、月曜日の『深イイ話』ですが、それが終わると1週間以上空きますから、もう少し見せて欲しいですね。


あい変らず期待どおりのカワイさで、自然体の多部ちゃんが見られて幸せでした。



タグ :

“ 出番だよ、多部ちゃん!! "

 2013-09-27
もうすぐ神無月です。

神無月と言えば、多部ちゃんですね。


昨年は、あの衝撃的な『大奥』。

今年は、対象的と思われる『東京バンドワゴン』です。


徳川将軍かと思えば、べらんめい調でしゃべる女子大生。

小学校の教師かと思えば、冷徹な女医。


多部ちゃんは神無月にかぎらず、年中大忙しですw

ですが、やっぱり神無月の多部ちゃんは特別です。


神無月こそ、多部ちゃんの必要性、ありがたさを感じる時期です。

これからも神無月に節目になる作品を撮ったり、放送して欲しいと思っています。


奈良の鹿も多部ちゃんの活躍をいつも見守っていることでしょうね。


撮影には最適のいい季節ですし、今年の神無月の多部ちゃんの大活躍に期待しましょう!!



さあ明日は、前哨戦とも言える『志村どうぶつ園』があります。

久しぶりに、多部ちゃんの素の表情をタップリ拝みましょうw



タグ :

“ 昭和テイストだけど ”

 2013-09-26
先日の予告で、『バンドワゴン』の雰囲気がわかりました。

下町大家族物語というサブタイトルにあるように、相当ベタな昭和テイストのようです。


予告映像だけ観てると、連ドラであそこまでセピア調にする必要があるのかなぁって思いました。

私は、三丁目とか、ああいういかにもっていうのはキライなんですね。


いま、原作も読んでいますが、ゆったりとした、ベタな人情モノっていうのは、あまり好みのタイプじゃないです。

ロックンローラーの玉置さんがぶっ飛んでるとかいうのは好きなんですが、ストーリーのゆるい展開といかにも涙腺をくすぐるぞという語り口があんまりなんですね。


でも、私は多部ちゃんのドラマを観る尺度は、いつも彼女の演技ですから、作品のテイストが好みじゃなくても問題はないです。

すずみちゃんは、普通の女の子で、つばさのようなタイプの子かなって思いますから、期待は大きいです。


昭和テイストですが、いい意味で私の懸念を裏切ってくれるとうれしいなって思いますw




タグ :

“ 壁ドン って ”

 2013-09-25
昨日は、つぶやきで、壁ドンって言葉が飛び交っていました。

何のことかなと思ったら、週刊誌に亀梨くんが両手を伸ばして多部ちゃんを壁にドンして、迫ってるようなシーンが載ってるらしいです。


それを壁ドンというのは、いまの若い人の言葉なのかなって思ったら、どうも恋愛モノのコミックで使われるようですね。

いまは表現の仕方が動きをそのまま言葉にしたりすることが多いので、これもそのひとつなんでしょうね。


ただ言葉としては、以前は、隣がうるさいので壁をたたいて知らせるとか、たたいて壁を壊すとか、って感じで使うこともあったようですが、普通は使わないですねw


いずれにしても、初回は1時間30分の拡大じゃないかというウワサで、初回があまり長いのは好きじゃないのですが、なんせ大家族でごちゃごちゃしてるので、登場人物の紹介も兼ねて、ある程度話を進めないとわかりにくいということなんでしょうね。

まあそれはしょうがないとして、いきなり初回にそういうシーンがあるのかが気になります。


ふたりの恋の物語がメインだということで、初回からそうだと、あとはどうなっていくのだろうって思います。


まあ、原作とは違うようですから、大森さんの脚本に身を任せて楽しむのがよさそうですw



タグ :

“ 高まってきました ”

 2013-09-24
また、番宣番組があるようですね。

ちょっと前からつぶやかれていましたが、もう心の中が多部ちゃんに満たされつつありますので、書いてませんでしたw


『深イイ話』という番組だそうです。

私は、多部ちゃんが出るとき以外、一切バラエティは見ないので、変わったタイトルですが、どんな内容か知りません。


まあ、多部ちゃんが見られればどんな番組でもいいんですがw


それと、つぶやきの情報が正しければ、志田未来ちゃんも出るようですね。

昔は大好きでした。


いまは、大きくなっちゃったので、ふつうですw

なかなか多部ちゃんのようにずっとステディって子はいないです。


でも、多部ちゃんと未来ちゃんが一緒にいるところや話をすることがあったら、ちょっとうれしいですね。

若手演技派女優の二人が並んでいるところは、ちょっと心がときめきますw


9月30日(月)午後9時から11時、日テレ系だそうですから、お見逃しなくです。




タグ :

“ 今日のTVの多部ちゃん ”

 2013-09-23
昨日の制作発表会見の模様が、4つのワイドショーで流れたようです。

おはよん、ZIP!、スッキリ!!、Pon!です。


私は朝、「ZIP!」を観て仕事に出かけたのですが、予想通り多部ちゃんの出番が少なくてガッカリしていました。

でも、帰って「スッキリ!!」を観たら、多部ちゃんと亀梨くんと玉置さんの3人のトークが結構長くてうれしかったです。


さらに、今日は名古屋では「Pon!」はやってないのですが、ネットで観たら、これがまた最高でしたw

多部ちゃん的には、これが一番オイシかったかな。

いつものストレートな多部トークが聞けましたしねw


ドラマは本格的な昭和テイストにこだわっているようで、その中に、昭和の雰囲気が似合い過ぎる多部ちゃんがいますから、ハマり過ぎやないかって思いましたw

多部ちゃんとの身長差がちょうどいい亀梨くんをはじめとして、他のキャストも楽しみですが、やっぱり玉置さんが注目ですね。


とかく色メガネで見られがちな玉置さんですが、強烈な存在感ですから、『つばさ』におけるラジオの男みたいにすずみの心にも寄り添うような存在だといいなって思います。

多部ちゃんは、ローリーさんでもイッセー尾形さんでもハートを掴んだように、我南人を演じる玉置さんのハートも掴むに違いないと思っていますw


そんな「ラブだねぇ!」が溢れる多部ちゃんと玉置さんの絡みを早く観たいですね。


「おはよん」

「ZIP!」

「スッキリ!!」

「Pon!」




タグ :

“ 制作発表会見 ”

 2013-09-22
今日午前中に、『東京バンドワゴン』の制作発表会見が行われたようです。

ヤフーニュースの見出しは、玉置さんですねw


劇中で、亀梨くんと「堀田家 BAND」をやるそうで面白そうです。

ドラマのなかで、玉置さんの歌が聴けるのはうれしいですねw


そこまでやるんだから、結構ふり幅が大きくなりそうで、ますます期待が高まります。


こういう会見では、主役と玉置さんが話題を取るので、多部ちゃんは目立たないかもしれないですね。

でも、肝心なのはドラマの中での存在感ですから、大丈夫です。


多部ちゃんは普段は控えめですが、演技になるとスゴイ!!ということは、よくご存知ですねw


その辺を確かめるために、明日の日テレ系のワイドーショーをチェックしましょう。



なお、昨日のアラフェスに北川さんは行ってないようです。

記事を訂正させていただきました。




タグ :

“ 今夜の多部ちゃん ”

 2013-09-22
多部ちゃんは、今夜、「嵐フェス'13」を観に行ったようです。

国立競技場で毎年行われる一大イベントですね。


目撃情報がイッパイつぶやかれていて、多部ちゃん、上野さん、鈴木さん、岸本さん、その他多くの有名人の名前があがっています。

嵐から招待されたということでしょうね。


最近共演している方が多いです。

多部ちゃんはもちろん、上野さんは来月『バンドワゴン』と同じ日に封切られる映画『陽だまりの彼女』です。


嵐の国立のコンサートは毎回、新しい試みがあって評判ですから、楽しんだのじゃないかなと思います。

撮影の合間にこういう息抜きがあるのは、またいい仕事につながっていくでしょうね。


目情では、多部ちゃんはアラフェスのウチワを持って、不思議なメガネをつけてクッソかわいかったようで、見た人はラッキーですねw


終わった後は、真っ直ぐ帰ったのでしょうか。

それともたぶんはじめましての上野さんと飲みに行ったりしたのでしょうか。


気になりますw



タグ :

“ 名古屋3大テノール ”

 2013-09-20
少し前になりますが、主題のコンサートに行ってきました。

私はオペラはわからないのですが、知ってる人が歌うということで行きました。


知ってる人というのは、私が長年お世話になってる歯医者さんの息子さんです。

歯医者さんは女性です。


その息子さんは、東京芸大の3次生ですが、高校の時から多部ちゃんのファンでもありますw

私が歯医者でも、多部ちゃんのことを何かとしゃべるので、実はうちの息子もということで知りました。


昨年は、『サロメ』の千秋楽のときに、会場で会いました。


その彼が、名古屋にいるプロの先輩二人とともに主題のコンサートをやったわけです。

コンサートはその3人+女性のゲストが、ピアノの伴奏で、有名な歌曲を交替で歌います。


ですが、私はオペラに興味がないので、楽曲よりも歌唱だけに注目するのですが、まだ学生の彼の歌が格段に上手に聞こえるのですね。

イタリアにも行ってレッスンを受けてるようですが、なんと言うか、地声も魅力的ですし、歌唱法が違うって感じがしました。


シロウトが言うことですからアテになりませんし、役まわりによって、いろんな声や歌い方の人が必要でしょうから、それぞれの良さがあるのだろうとは思います。

でも、思ったのは、オペラは1曲ずつ独唱で聴くより、歌劇として観てみたいなってことですね。


と、生意気なことを言っていますが、その知り合いの彼は卒業した後、ヨーロッパで修業して、有名になったら、多部ちゃんと対談をするのが夢だそうです。


そんな彼を応援したいと思っていますw





タグ :

“ 宅間さんとデコッパチ! ”

 2013-09-19
昨夜は、多部ちゃんがらみの貴重なつぶやきが二つほどありました。

ひとつは、あの宅間さんの関係です。


宅間さんが新しくやる舞台で、多部ちゃんが出演するということです。

ただし、映像で・・・w


その撮影を昨日1日かけて行ったようです。

今度の舞台は『晩餐』といい、梅雀さんも出ますので、多部ちゃんが出ることによって『つばさ』愛を強く感じさせます。


宅間さんは、前々から多部ちゃんに出てもらいたいけど、メジャーになりすぎて、忙しいし、難しいって言っていたので、こういう形ででも出演して欲しかったのでしょうね。

多部ちゃんもこういう形で協力するのは、さすがだと思います。


愛らしい多部ちゃんを観てくださいということですから、楽しみですねw


もうひとつが、デコちゃんの多部ちゃんです

ここまでオデコを出すのは、『サロメ』の稽古のとき以外知りませんが、今回は私服でオメカシした状態ですからちょっと驚きましたw


見事なオデコです。

これなら、ももクロの夏菜子ちゃんにも勝つでしょうw


この写真は、あべ会のメンバー、あべこうじさんのライブに集まったときのようですが、このことがウェブニュースにもなっています。

『バンドワゴン』の撮影の合間にも、こうやって楽しんでる多部ちゃんを見てると、いい状態なんだろうなと、期待は高まる一方ですw




タグ :

“ 堀田家の人々 2 ”

 2013-09-18
先回は青こと亀梨さんまで紹介しましたが、次は青の腹違いの兄、紺についてです。

この役を金子ノブアキさんがやります。


金子さんはもう何度もいろんなドラマで見ていますが、有名なミュージシャンの息子だけあって、独特のシブい存在感があります。

今度の役が引きこもりということなんで、どんな感じになるのかわかりませんが、明るそうな登場人物が多いなかで、いいアクセントになるのではと期待しています。


その紺の嫁さんの亜美役が平愛梨さんです。

古本屋と一緒にやってるカフェを堀田家の長女藍子さんと切り盛りしているそうです。

愛梨さんは、小さくて、独特のエキゾチックな雰囲気があって、なんか惹かれます。

あまりドラマでは見たことがないのですが、チャキチャキとした役柄のようで楽しみです。


その子供の名前は研人くんと言います。

演じるのは君野くん、この子が幽霊の加賀さんの存在がわかるようです。

君野くんは同じようなことが仲間さんのドラマでもありましたねw


次が、さきほど書いた青の腹違い姉貴、藍子です。

ミムラさんが演じます。

未婚の母で、おとなしい性格のようです。

ミムラさんのイメージ、そのままですかね。


その子供が花陽ちゃんです。

尾澤ルナちゃんが演じます。

なんとかというアイドルグループの最年少の子だそうです。

どんなカワイイ子が楽しみですw


以上が、堀田家の人々です。

このメンバーと多部ちゃんのすずみがどんなふうに絡むのか、非常に楽しみですねw


小説は誰が主人公ってことはなく、下町の大家族の物語のようですが、ドラマはそれでは弱いですから、主役とヒロインの恋の物語が縦軸ということで、亀梨くんと多部ちゃんに乞うご期待です。




タグ :

“ 夢で会いましょう ”

 2013-09-17

昨日は、今日家の近所の神社で『バンドワゴン』のロケがあるというつぶやきがありました。

ロケというのは、必ず地元には事前に知らされるもののようですね。


台風が去って、爽やかな気候の撮影日和ですから、順調に撮影が進むでしょうね。

たぶん、青とすずみのシーンだろうと思いますから、エキに参加してる人や近所の人で盛り上がったのではないでしょうか。


さらに今日午後のつぶやきでは、なんと多部ちゃんの母校、東女での撮影を多くの学生が目撃しています。

イキなはからいですね。


この3月に卒業した母校凱旋を果たしたわけですね。

亀梨くんとの今日のロケシーンが楽しみですw


すずみのビジュアルは、例の集合写真で見ただけですが、多部ちゃんの役は、話の中で見た目が変化していことが多いですから、序盤はどんな雰囲気なのか気になります。

ナチュラルでピュアな雰囲気のすずみがいきなり、べらんめい調でしゃべったりするのでしょうか。


私は名古屋に住んでいて、エキストラというものに縁はないのですが、こんな天気のいい日に遠くからでも多部ちゃんを観て、同じ空気を吸えるっていうのはいいですね。


いい年こいたオッサンの夢をかなえる体力・気力はもうありませんが、せめて多部ちゃんが夢の中に現れてくれないかなと思うこの頃ですw



さて、昨日書いた「メレンゲの気持ち」出演ですが、この記事で間違いないことがわかりました。

亀梨くん、愛梨ちゃんと一緒のメレンゲは楽しそうで待ち遠しいですねw




タグ :

“ 未華子と夏菜子 ”

 2013-09-16
また番宣情報です。

未確認情報ですが、うれしいので、フライイングして書いちゃいます。

もし、違ってたら、ゴメンナサイですw


多部ちゃんが「メレンゲの気持ち」に出演するという情報です。

私は時々観ますが、日テレ土曜お昼の久本さんの番組ですね。


出演日は、10月12日です。

『バンドワゴン』初回放送日のお昼ですね。


ですから可能性は高いのじゃないかと思っています。

この番組は、ゲストのプライベートなどもあかしたりしますから、多部ちゃん的には苦手だろうと思いますが、何が出てくるのかお楽しみですねw


私の楽しみはもうひとつ、未華子ちゃんとレギュラーで出ている百田夏菜子ちゃんのおそらく初のご対面です。

多部ちゃんには出来れば、ワンコの衣装で、夏菜子ちゃんとロリータを競って欲しいですが、まあそれは無理ですねw


多部ちゃんはももクロのことをどの程度知ってるかわかりませんが、夏菜子ちゃんは『デカワンコ』放送当時は高一だと思いますから、花森一子は憧れじゃないかと勝手に思っています。

アイドル界において特異な存在感でここまでのし上がってきたももクロのリーダー・夏菜子ちゃんと、女優として孤高の立ち位置を築きつつある多部ちゃんの出会いは、個人的に本当に楽しみです。


番組内では、そんなやり取りはないと思いますが、私はその二人に注目して観たいと思っていますw




タグ :

“ コハクは元気!! ”

 2013-09-15
多部ちゃんがコハクと別れて、もうだいぶ経ちますね。

コハクは元気にしているでしょうか。


そんな企画があるといいなと思っていたら、ありますねぇw


9月28日の「志村どうぶつ園」2時間スペシャルにゲストで出演するようです。

さすが、日テレですね。


考えられる宣伝活動はおこたりなくやってくれるわけです。

うれしい限りですw


多部ちゃんとコハクの再会は、涙なしには見られないかもしれないです。

あのナチュラルで、カワイイ多部ちゃんがまた見られるかと思うと楽しみでしょうがないですw


当然そこで『バンドワゴン』の撮影内容も含め、バッチリと宣伝をしてくれるでしょうね。

ドラマスタートまでの中間地点での番宣ということで、いよいよだなぁという気分ですw



タグ :

“ 予告3 ”

 2013-09-14
期待していた『バンドワゴン』の予告は、動画ではなく静止画でした。

大勢で賑やかに笑ってる図は、このドラマのテイストをあらわしているのでしょうね。


多部ちゃんは、『つばさ』のときの時のようにナチュラルな感じで、カッコウも飾らない普通のテイストでした。

まあ、多部ちゃんらしいと言えば、そのとおりなんですが、やっぱりいろんな多部ちゃんを見てみたいですね。


24歳と半分の多部ちゃんが、下町の女子大生をやるっていうのも興味があります。

つばさの時は二十歳でしたが、あの頃よりずっと垢抜けてるし、その芸歴たるや、誰か異存はあるかえ、ですからねw


写真では、やっぱり玉置さんと加賀さんの存在がいい感じです。

あと、ミムラさん、多部ちゃん、平さんの大きさの違いが面白いですね。


ということで、どんどん期待が先走りしますが、また来週の予告を楽しみに待ちたいと思いますw




タグ :

“ 堀田家の人々 1 ”

 2013-09-13
『バンドワゴン』に新たなキャストが追加されています。

井ノ原快彦さんと、ジョナサン・シェアさんの二人です。


なんでガイジンと思う方は、原作を読んでみてください。

最初の発表ではいなかったので、ドラマでははしょるのかなって思ってましたが、ちゃんと入れてきました。


いろんな人が下町の堀田家に集まってくるという設定だから、いろどりでガイジンもってことですね。


そこで、キャストをあらためて確認してみたいと思います。

まずは、堀田家の人々のその1です。


まず縦軸のテッペンにいるのが、亡くなった祖母の加賀さんですね。

小説では、ユウレイの加賀さんの語りが物語を引っ張っていきます。

はたしてドラマではどうでしょう。


加賀さんの夫が、平泉さんですね。

古書店の店主です。

もうなんとなく雰囲気がわかってしまいますw


その息子が玉置さんです。

いい年のオヤジだけど、伝説のロッカーだそうです。

これは最高にハマッていると思います。

玉置さんはいろいろとありましたから、好き嫌いがハッキリ分かれる人ですが、だからこそいいと思います。

視聴率のカギは案外この方が持ってるかもしれませんw


その玉置さんの息子が亀梨くんですね。

ただし、ロッカーの父のせいで、お兄さんとは腹違いだそうで、そのあたりが亀梨くん演じる青の育ちや内面に影響を与えているんでしょうね。


と、今日はこのへんで・・・

中途半端ですが、記事かせぎということでお許しくださいw



そういえば、ハッピーターンのCM、キャッチしました。

「ZIP!」の中に入っていました。

毎日リピートしています。

みなさんは、いかがですかw




タグ :

“ 場所は変われど ”

 2013-09-12
数日前に職場を替わり、新しい仕事を教わっていて、このところ少々疲れています。

やっぱり、65歳にして、はじめてやる仕事を覚えるのは、頭脳にかなり負担がかかりますw


多部ちゃんは、新たな作品のたびにはじめての共演者やスタッフと接して、自分のやるべきことをキチッとやっていくのですからスゴイと思います。

まあ、若さとやる気は私の10倍増しでしょうけどねw


いままでの仕事は、金庫室で現金の管理などをしていたので多少足腰が疲れたのですが、作業のないときは新聞を読んだり、ブログの原稿を書いたり、マイペースなのに対して、今度の仕事はあまりそういう時間は取れなさそうです。

まあ、それはしょうがないと思っています。


でも、仕事を要領よく済ませられれば、あとは何をやっていてもいいので、早く覚えようと必死ですw


仕事の内容は、インターネット通販の承りです。

私もアマゾンや楽天で購入しますから、身近な印象ですが、ネットで受けた注文から出荷伝票を作成する仕事です。


ウチのネット販売は独自のもあるのですが、ほとんどがアマゾンや楽天などを通じての注文で、そのデータ取り込みと伝票作成の手間が結構煩雑です。

そう難しいことはないだろうとタカをくくっていましたが、なれるまではちょっとシンドそうです。


ウチの通販で何が売れるんだろうと思っていましたが、名古屋名物の食品がメインですね。

全国から注文がくるのには驚きましたw


先日は、パロっていう癒し系のロボットの注文が入りました。

値段を見てビックリですw


いまはまだいいのですが、クリスマスや歳暮・中元、福袋、バレンタインなどの時期は大変そうで、ブログを書く時間があるのか心配ですね。

まあ本来、仕事中に書くのはNGだからしょうがないです。


多部ちゃんからの刺激があれば、いつでもどこでも書けますから、問題ないですけどねw




タグ :

“ あと1ヶ月 ”

 2013-09-11
もうご存知の方も多いと思いますが、『東京バンドワゴン』の放送開始日が、オフィシャルサイトで明らかにされました。

10月12日(土)ですね。


私は、制作発表が遅かったし、クランクインも明確に情報が流れてこないし、もっと先かと思ってたので、ラッキー!! 多部すずみちゃんに早く会えると、とてもうれしい気分です。


40代のおかんさんに教えてもらいましたが、昨年の『大奥』と同じ日のスタートだということで、それがどうしたのって言われるかもしれないですが、多部ちゃんの2年連続の秋ドラのスタートが同じ日というのはなんとなくいい気分ですw


いずれにしても、10月に入ったら続々とはじまる連ドラのラッシュの頃になると思いますから、スタートダッシュをかけて欲しいですね。


そのためには、多部ちゃんを早く登場させて、ふり幅の大きい演技で、観る人のハートをわしづかみにして欲しいなと願っていますw




タグ :

“ 秋のライブ ”

 2013-09-10
ようやく、朝夕少し涼しくなっきて、やっと大好きな秋が来るなという喜びを感じています。

昼間はまだ暑いので体調管理に油断は禁物ですが、少しずつエネルギーが蓄積されていくのを感じるのは、うれしいです。

トシもあって、7月から8月後半までは、何に対しても意欲がわきませんでした。


端的なのが、週2回の休みの日は車に乗ってショッピングセンターに行くのですが、暑いときは一切カーステレオをつけません。

いつも好きなCDが6枚チェンジャーに入れてあるのですが、まったく聴く気にならないですね。


昔はガンガン大きな音で聴いていたのですが、ホントにトシをとったと思います。

テレビでは、ロックフェスとか、音楽番組を観るのですが、もうCDもあまり買わないし、聴きたいと思わないのですね。


10月ぐらいになって、体調が良くなってきたら、また音楽に対する意欲が戻ると思います。


ということで、この秋のライブは何に行こうかなということですが、いまのとこころチケットを取ったのは斉藤和義です。

別に多部ちゃん絡みというわけではなくて、嫁さんが以前から一度行きたいと言っていたからです。


先日、東京で彼のライブがあったときは、多部ちゃんがお花を贈っていたと映像つきでつぶやかれていましたね。

彼女は、まだ日本には帰っていなかったと思います。


他には、松嶋奈々子さん、箭内さんなどからのお花もあったようです。


私は、もうあまりライブに行きたいミュージシャンはいないので、最近はもっぱら嫁さんの希望に従っています。

特に日本人アーティストはそうですね。


いままで、嫁さんのリクエストで行ったのは、サザン、山下達郎、佐野元春、スピッツ、くるりなどですが、みんな1回行っただけです。

日本人で何度も行ってるのは、民生とユニコーンぐらいですw


あと、この秋の予定は、ポール・マッカートニーですね。

大坂公演に行こうと思っていますが、いまだに会場が発表されてません。

大丈夫でしょうかw


一時盛り上がっていた、ももクロなどのライブへの熱ももうさめた感じです。

少女時代でガンバリすぎて、本当にシンドかったですからねw


音楽を楽しみながら、自分のペースでエンジョイできるライブがイイですw



タグ :

“ その時、72歳 ”

 2013-09-09
2回目の東京オリンピックが決定しました。


その時、私は72歳です。

多部ちゃんはというと、31歳です。


オリンピックについては、私はニュートラルですから、特に書くことはありません。

7年後という、私にとっては遠い未来のような時についてちょっと書きたくなりました。


まず第一に私はこの世にいるのかなってことです。

でもこれは考えてもしょうがないですね。


今は健康で、仕事もしていますが、いつ急変するかもしれません。

いつでもOKの覚悟を持って過ごしている毎日です。


私のことはどうでもいいんです。

何の変わりばえもしない生活ですから。


でも、多部ちゃんにとってはこれからの7年間というのは、大きな曲がり角が来るに違いない大切な時期ですね。

いわゆるアラサーになると、仕事の質量ともに大きな変化が訪れます。


そう考えると、これからの二十代半ばの数年は、非常に重要なターニングポイントになる可能性があります。

映像においてはもちろんですが、舞台においてもそうでしょうね。


多部ちゃんはその実力で、コンスタントに連ドラに出続けていますが、それがパタッと止まる時が必ず来ると思います。

その時に、どう動くのか、どんな仕事をやるのか、非常に重要ですね。


NHKやWOWOWのドラマに出るのか、2時間ドラマをやるのか、舞台に力を入れるのか、いろんな選択肢が出てくると思います。


そして、それが7年後に大きな影響を与えていくでしょうね。

もし、私がその時生きていたら、オリンピックよりも、多部ちゃんの仕事に注目したいと思います。


私にとっては、永遠の天使ですから、それが最優先なのですw




タグ :

“ 来週の番宣は ”

 2013-09-08

私は、『斉藤さん2』を観てますから、先週最後に『バンドワゴン』のPRが入ってたのを観ました。

亀梨くんと玉置さんの掛け合いで、亀梨くんが玉置さんに「撮影、ちゃんと来てくださいね」というような内容でした。


急ぎで作ったので、コントみたいでしたが、こんなものかなって印象でした。

そしたら二回目の昨夜は、ご存知の方も多いと思いますが、いきなりベムの亀梨くんが映って、次にワンコの多部ちゃんが映りました。


ゴスロリファッションの多部ちゃんはインパクトがありましたねw

他のキャストも紹介されてましたが、やっぱり多部ちゃんのインパクトはすごかったです。


それを見て、多部ちゃんが次のドラマに出ることをはじめて知った人も多く、つぶやきがイッパイありました。

なかには、ベムの亀梨くんとワンコの多部ちゃんという濃いキャラの二人がそのまま出て、どんなドラマになるのっていうのもありましたw


ベムをワンコが追跡する、って、そんなドラマがあったらと思って、笑っちゃいました。

ベムはどんなニオイがするのかなとかねw


ということは置いといて、来週はその③をやると思うので楽しみです。


もうクランクインしているようですから、亀梨くんの青と多部ちゃんのすずみの姿と言葉で、ドラマの紹介をして欲しいなって思っていますw




タグ :

“ 名より実 ”

 2013-09-07
多部ちゃんの仕事は、クロウト受けする作品が多いですが、一般的人気は上がってるとは言っても、そんなに上位に来ることはないです。

こんな投票をやっていますが、十分に納得できる順位だと、私は思っています。


私はそういうポジショニングのアーティストのほうが好きですから、言うことないのですが、世間ではとかく目立つ人、名前が通る人がチヤホヤされますね。


今、話題の朝ドラの主役の子でもそうです。

朝ドラ主演というのは、なにかと目立ちますが、そこでどれだけの学習をしたかというのがその後の仕事で活きてくると思います。


今の子は、朝ドラにおいては言わば勝ち組です。

他にも、朝ドラ勝ち組と言える女優はたくさんいますね。


その女優たちがその後どうだったかと見ると、名前負けしてしまった人、実をしっかりつかんだ人など、さまざまです。

まあ、実をつかんだ人と言うのは、民放の連ドラや大河で主演を張るぐらいの人ということですね。


多部ちゃんの『つばさ』は、残念ながら視聴率的には負け組です。

前後の他の作品が再放送されても、『つばさ』はされません。


それがNHKの中での位置づけだと思います。

私自身はそうは思ってませんが、ここではそのことについては語りません。


でも朝ドラをやった後の多部ちゃんはどうでしょう。

完全なる勝ち組ですね。


そして、それはいまだに右肩上がりで続いています。

しかも、闘いのフィールドは映像だけではなく、舞台など大きく広がっています。


なぜそうなったかと言えば、多部ちゃんがああいう難しい作品においても、名は置いといて、前向きに実をとる姿勢で努力したからですね。

朝ドラに出る時点で、数々の映画の主演や民放連ドラ数本のヒロインという実績があったにもかかわらず、オーディションを受けて、さらに意識と演技をブラッシュアップしたわけです。


その結果、その後は実績のある若手女優が続々と朝ドラのヒロインをやるようになりましたね。

言わば、新人女優の登竜門から若手女優の再活性の場になったかのようです。


そんなキッカケを作ったとも言える多部ちゃんの実がどこまで大きくなるのか見ものですw




タグ :

“ ハッピーターンCM 第2弾 ”

 2013-09-06
ハッピーターンのCM 第2弾が今日からはじまったようです。

つぶやきでは、大好評といった感じです。


私はまだ見てません。


そこで亀田製菓のホームページに公開されたのをアップします。


15秒バージョン 

30秒バージョン 

メイキングもあります 



第1弾はアップの多部ちゃんがカワイかったですが、このCMは多部ちゃんの歌が聞けるし、動きがあってイイです。

もう定番になった指を舐めてからのウィンクがカワイイですね。


20代半ばにして、こんなカワイイ姿をCMで見せる多部ちゃんは天使のようですw


昨日スーパーへ行ったら、伊藤園の新製品のコーナーで、「おーいお茶」のCMを大きな液晶で流していました。

突然の多部ちゃんとの遭遇に感激して、立ち止まって5・6回見ましたが、このハッピーターンのCMも店頭で流して欲しいですねw


いよいよ、2013年秋の多部ちゃんの攻勢がスタートといった感じです。

あとは、ロペピクのCMもやって欲しいですね。


そして、メインイベントは、たぶん1ヶ月半後ぐらいからはじまる『東京バンドワゴン』のすずみちゃんですね。


まだロケ情報などは入ってこないですが、もうすぐクランクインではないかと期待していますw




タグ :

“ モー娘 躍進!! ”

 2013-09-05
モーニング娘。の勢いが本物になってきました。

先日発売されたシングル「わがまま 気のまま 愛のジョーク」が、3枚連続のオリコンNo.1になりましたね。


私は、以前アイドルの記事を書いたときに、コメントでモー娘の反撃がはじまってますと、「HELP ME!!」を紹介されて、これはスゴイとたまげて以来モー娘に注目していました。

もちろん、その一因としては、センターをとってる多部ちゃんに印象が似てると言われる鞘師里保ちゃんに魅せられたというのもありますw


“りほりほ”はまだ15歳ですが、見た目は整った顔でキリッとしていて、ダンスも歌もバツグンです。

パフュームと同じ、広島のアクターズ出身ですが、ずっとAクラスだったそうです。


同じ年代でもうひとりAクラスだったのが、BABY METALのスーメタルです。

どちらもお気に入りの子ですねw


昔はどちらかって言うと、アイドルを嫌ってましたから、モー娘の全盛期のころはよくわかりません。

流行ってた曲をよく聴かされたなぁという印象ぐらいです。


ですが、同じ事務所の松浦さんや藤本さんには多少関心はありました。

たくさんの人数で仕掛けるのが、苦手なんでしょうねw


で、今のモー娘は10人、リーダーが24歳の道重さんで、後の9人は14~18歳と様変わりしてます。

さゆみちゃんが多部ちゃんと同じトシというのも驚きですが、まあカワイイから良しとしましょうw


もしも、多部ちゃんが森迫さんや三吉さんと同じグループにいたらって考えると想像できませんw


今のモー娘がいいのは、やっぱりダンスと歌に力を入れていることですね。

アイドル戦国時代ですから、他と同じことをやっていては目立たないです。


どちらかと言うと洋風の楽曲に合わせたフォーメーションダンスは見事です。

よく、あそこまでの動きができるし、揃えられるという驚きさえあります。


それは、最初にももクロの激しくアクロバティックなダンスを見たときの感動に匹敵するものですね。


歌は全員がうまいというわけではないですが、数人の際立ってうまい子をメインにフューチャーしてますから、なかなか聴きごたえがあります。


このまま突っ走って、アイドル界の3本柱としての存在感を誇示して欲しいと願っています。



タグ :

“ 秋の競演 ”

 2013-09-04
秋のドラマの布陣がほぼ出揃いました。

まだ一部のヒロインがわかりませんが、主演とヒロインが夏に比べて若手女優が揃っている感じです。


もちろん、われらがアイドル、多部ちゃんが出ることが一番ですけどねw


多部ちゃんと同年代では、ゆいぼうと堀北さんとあわせて3人が揃いました。

堀北さんは、『梅ちゃん』以来の連ドラということですね。


それと多部ちゃんより若い年代からも、武井さん、剛力さん、川口さんの3人が出演します。

以上の6人の競演が興味深いです。


多部ちゃんは『ラスホ』以来、半年ぶりの連ドラで、多分あまりキャラは立ってない女子大生というのが新鮮です。

ゆいぼうは、『リーハイ2』ですから、絶好調の堺さんとの早口バトルが楽しみですw


堀北さんは、久しぶりの連ドラで主演ですから、満を持してというところですが、面白い作品かどうか注目です。


若手の3人では、彗星のごとく出てきて、やや一服感のある武井さん、剛力さんの二人が久しぶりの連ドラでどうなのかというのが話題になるでしょうね。


特に剛力さんは、最初のドラマで観たときは、この子は訴えるものがあり、来るんじゃないかと書いたら、アッと言う間に連続出演、CMもすごくてここまで来ましたが、大手事務所は売れるときにとことん売るということで、今は反動が来ていますね。

多部ちゃんはヒラタさんで良かったと思いますw


あと川口さんは初主演ということですが、米倉さんとバッティングということで、苦しいたたかいでしょうね。

でも、若いうちはチャレンジですから、めげずにガンバって欲しいと思います。


ということで、多部ちゃんも参戦しての、秋のドラマ合戦が非常に楽しみですw




タグ :

“ スモール・バット・グッドワン 5 ”

 2013-09-03
今回は、NHKで放送された、その5分前『明日への船出』です。

2006年12月に放送されました。


私はリアルタイムでは観てません。

『夜のピクニック』が前年の9月に封切られて、『魁!セレソンDX』が10月~12月まで放送されてた時期ですね。


その後、あの佳作『すみれの花咲くころ』が翌年1月にBS-NHKで放送されます。

民放の連ドラに出る半年前ですから、いわば多部ちゃんのメジャーシーン登場前の逸品が相次ぐ時期の小品ということで貴重だと思います。


多部ちゃん演じる美沙が、船に乗って出発しようとする間際に小林聡美さん演じる母親が止めにくるという話です。

イルカと一緒に暮らしたいという美沙の決意がゆるぎないと分かると、自分は象と暮らすという小林さんがユニークですw

多部ちゃんのキリッとした表情と話し方が魅力的です。


わずか5分という短いドラマですが、多部ちゃんと小林さんという存在感のある二人のおかげで、説得力のある映像になっています。


でも、美沙の多部ちゃんを見てると、その直前の甲田貴子はピッタリだけど、半年後にあの池上隆子として大変身するとは、想像がつかないですね。


多部ちゃんの潜在能力を見抜いた『やまたろ』のプロデューサーはさすがだと思いますw




タグ :

“ 堀田家の家族 ”

 2013-09-02
『東京バンドワゴン』は、昭和テイストの大家族物語が原作のイメージのようです。

私は、まず亀梨くん主演というのが頭にあったので、それを聞いて、ちょっとフイをつかれた感じです。


やっぱり亀梨くんと言えば、なんと言っても『ベム』が浮かびますし、その他では『ごくせん』かな、どうしてもイメージはトンガった感じですね。

番宣で見た彼のヘアスタイルを、あらためて考えてみれば、ごく普通の好青年という感じだったのですが、彼にとってもちょっとイメチェンを図ろうかなってことなんでしょうか。


つぶやきでは、主演に相応しい人に、多部ちゃんも共演したことがある人気者の名前をあげる人もいました。

でも、私はそれではハマリ過ぎだから、意外性のある亀梨くんが面白いと思います。


ある意味、そういう変化をサポートする安心印として多部ちゃんが選ばれたという側面もあるのかなって思います。

もちろん、本好きで、庶民的で、ハデさはなく、元不良の亀梨くんとは一見不釣合いなど、見た目もピッタリなのは言うまでもないですね。


そんな多部ちゃんが、堀田家という大家族に巻き込まれるのが、面白そうです。

『寺内貫太郎一家』にインスパイアーされたというだけで、私はワクワクしてきます。


ワイワイガヤガヤと賑やかな人間ドラマに期待したいです。

キャラの濃い、玉置さん、加賀さん、平さん、片桐さんなどと多部ちゃんとの絡みも非常に楽しみですw




タグ :

“ 評価基準って ”

 2013-09-01
多部ちゃんをググると、多部ちゃんブスって出てくると、しょっちゅうつぶやかれます。

それをあり得ないという人もいますが、中にはそうなのかと思う人もいると思います。


そういうつぶやきを読んでいつも思うのが、女優にとっては、カワイイというのは最優先の評価基準なのかということです。

まあ人それぞれと言ってしまえばそれまでですが、これだけつぶやかれるとどうかと思います。


今の時代、いろんなランキングがありますが、そういうものはだいたい見た目の評価ですね。

でも男優については、誰がイケメンかなどというようなアンケートはあまり見かけません。


女優が、アイドルやモデルやタレントと同列に上っ面だけで比較されるのは、日本では演じるというスキルに対する評価が軽すぎるのではないかと思います。

多部ちゃんは、今回槙野すずみ役をやることが発表されて、イメージは多少違っても、演技が上手だから安心、というような声がたくさんあがっています。


でも、それはいままでいろんな作品で、観る人を感動させるような演技をしてきたからですね。

だから観た人は、ある程度わかりますが、そうじゃない人は見た目だけで判断するわけです。


なんか当たり前のことを書いていて、何が言いたいのかわからなくなってきましたが、ようするに演技というスキルについての評価が、1年に1回、映画もドラマもひっくるめてされることがあってもいいんじゃないかということです。

アカデミー賞のように作品中心ではなく、あくまでも役者主体がいいですね。


舞台は、多部ちゃんも杉村春子賞を獲ったように、純粋に演技そのものが評価される場がありますが、映像関係は映画とドラマを併せたものはないと思います。

日本は、映画とドラマの垣根が低く、どちらかに特化した役者は少ないですから、一緒くたで評価するのがいいと思います。


そうしたら、多部ちゃんのドラマでの演技の評価も、もっと周知されるんじゃないかと勝手に思っていますw



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫