〝 祝 開店!! ”

 2015-01-31
本日、全国一斉に『深夜食堂』が開店しました。

観た人の評判は、まあまあのようです。


中でも多部ちゃんの「とろろめし」のエピソードはいいようですね。

早く観に行きたいのですが、上映館が少ない上に、時間が変則的で、初日の観賞はあきらめました。


今日は初日舞台挨拶が行われて、みんなで豆まきをしたようです。

口コミで観る人が増えていくといいですね。


私は明後日観に行く予定です。

ご覧になった方は、よろしければ感想を教えてくださいw


追加 : アメーバニュース

     モデルプレス(写真が充実)

     マイナビニュース


タグ :

〝 愛される多部ちゃん! ”

 2015-01-28

昨夜は、『キレイ』のカンパニーの半分以上が集合して、多部未華子生誕祭をやったそうです。

打ち上げは大楽の数日前にやっていましたが、10日ぶりに集まってまたお祭りをしたということですねw


多部ちゃんの誕生日が数日前だったとは言っても、愛される多部ちゃんだからこそ、みんな忙しいのにお祝いに駆け付けたんじゃないでしょうか。

ほんとに多部ちゃんと接した人を魅了する力、存在感には感心します。


多部ちゃん自身は自己主張もしないし、ふだんは控えめだと思うのですが、あれだけの才能があるのをひけらかさない、関係者の誰とも本音で気軽に話をするというような滲み出る自然体オーラのようなものに、みんなが魅了されるのかなって思います。

それこそが、10年程前から一緒に仕事をする監督やスタッフに高く評価をされる人間力なんでしょうね。


昨日は、誕生日が近い藤岡さん、ヨタロウさん、皆川さん、悠伸さんのバースデーも一緒にお祝いをしたそうで、さぞかし盛り上がったのじゃないかと思います。


これで、『キレイ』ともオサラバして、あとは週末の『深夜食堂』と2月半ばの『永遠の0』の番宣の仕事があるのでしょうね。

それが終わったら、まとまったお休みが取れるといいですね。


身も心もリフレッシュして、春から新たな仕事に取り組む多部ちゃんが観たいと思っています。




タグ :

“ 多部ちゃんらしさ ”

 2015-01-26

「GOETHE」を立ち読みしましたw

『深夜食堂』がらみのインタビューですが、番宣という感じはしません。


文章は多くはないですが、たぶん長いインタビューからインタビュアがピックアップしたかった部分を取り上げたのかなって思えます。

「演技をしていて楽しいと思ったことはない」とか、「辞めたければ辞めればいい」というような多部節が久しぶりに炸裂していますので、意外性をアピールしたかったのかなと思いますw


昔から多部ちゃんを知ってる人は、変わらぬ多部ちゃんを見て、相変わらず自分に素直だなって微笑むと思いますが、ここまでメジャーになると驚く人も多いでしょうね。

演じることは基本、仕事という考え方ですから、上記のような発言は当然とも言えます。


そんな夢のないというファンや同業者もいるかと思いますが、心にもないリップサービスではなく、いつでもさりげなくスゴイ仕事をしてみせるのが多部ちゃん流ですね。

そういう多部ちゃんの本質を理解することによって、多部ちゃんを探求することが一層楽しくなることは間違いないと思います。


このところの大活躍で、ちょっと浮かれていましたが、多部ちゃんのスタンスをあらためて認識して、ひとつ一つの仕事を心して観ていかなきゃいけないなって再確認しました。





タグ :

“ ハッピー ブリリアント バースデー!! ”

 2015-01-25

多部ちゃん、26歳の誕生日、おめでとう!!

いよいよ五捨六入して30の域に入りますねw


振り返ってみれば、25歳の昨年は、いままでの仕事の集大成のような年だったのかなって思います。

ドラマも映画も舞台もすべてに充実した仕事っぷりでしたね。


映像面での成果の多くは、これから明らかになりますが、多部ちゃんの演技に関しては太鼓判まちがいなしです。

舞台については、『キレイ』でまさかの歌にもチャレンジして、いままでの5作品に一区切りつけた感があります。


多部ちゃんは、十代もハタチ代前半もずっと輝き続けていますね。

その輝きは翳ることなく、さらにメラメラと燃え上がろうとしています。


ターニングポイントの25歳をベストプレーで駆け抜け、今年は来る30代にむけての新たなステップを踏み出してくれることでしょう。

そして、私はそんな多部ちゃんがいるおかげで、今年も楽しく生きていけそうです。


ということで、最高にブリリアントな多部ちゃんにカンパイ!!



タグ :

“ 眩しいブラウス! ”

 2015-01-23
冬眠中ですが、久しぶりの喧騒で目が覚めましたw


今日は『永遠の0』の試写会があったようです。


放送まで約2週間ちょっとで、いよいよメディア露出や番宣がはじまりますね。

『深夜食堂』と重なって、混乱しそうですw


この作品は映画が封切られたころはそうでもなかったのですが、最近は原作者がいろいろとあって、好ましい状況ではないので、悪い影響がないといいなって思っています。

でも多部ちゃんが出なければ、あまり観たくない作品であることは間違いないですね。


そういう人も大勢いると思いますが、多部ちゃんが大変だったという入魂の演技で観る人の心に訴えるものがたくさんあるといいと思います。


今日の模様がニュースになっていますので、モデルプレスシネマトゥデイをリンクしておきます。







タグ :

“ 冬休み ”

 2015-01-20
『キレイ』が終わって、久しぶりに多部ちゃんも一服でしょうか。

去年からずっと忙しかったから、ここいらでゆっくりプライベートも楽しめるといいなって思います。


1月に映像の仕事をやらないとしたら、2008年の『鹿男』以降初めてになりますね。

いつも誕生日を現場で迎えられて幸せって言ってましたが、それが今年は途切れるのかなって思います。


でも昨年1年もたくさん仕事をしたし、特に暮れから新年の先週にかけて充実した仕事をやり遂げたわけですから、満足感は例年にも増して大きいだろうと思います。

ですから今年の誕生日は窪田くんと二人だけでお祝いするといいと思います。


自分たちへのご褒美で、どこか海外へ行くのもいいですね。

次の仕事に向けて英気を養って欲しいと思います。


二人ともいい仕事をしてるし、これからも右肩上がりで伸びていくことは間違いないですから、とても期待をしています。

結婚は二人ともまだ事務所から止められているでしょうが、もう気持ちは同志でしょうね。


ということで、多部ちゃんが一息つくと思いますので、私も一服という気分です。


寒い季節ですし、しばらく冬眠しようかなって思っていますw




タグ :

“ ケガレ、再び!! ”

 2015-01-19
昨日の余韻とともに、終わってしまった虚脱感も感じる今日ですが、すばらしい情報が入ってきました。

rakuyouさんに教えていただきました。


wowowでの『キレイ』の放送日がもうわかったのです。

3~4月かなと思っていたのが、なんと2月28日です。


1ヶ月ちょっと待つだけで、またケガレに会えます。

それも何回も、永久に繰り返し観ることができます。


なんとすばらしいことでしょう。

『ふくすけ』のフタバ嬢もよかったですが、その比じゃないですね。


あのピュアな歌声を大きな音で何回も聴くことができると考えるだけでもゾクゾクします。


それまでの約1ヶ月の間には、1月31日封切りの『深夜食堂』があり、2月11・13・14日には『永遠の0』があってと、2月はまさに多部ちゃん月間ですねw

秋には主演映画『ピース オブ ケイク』もありますし、昨年の多部ちゃんのがんばりのおかげで、こんなに幸せが訪れることに感謝です。


来週1月25日には多部ちゃんは26歳になりますし、今年も春から大盛り上がりですw




タグ :

" おつかれさま、ケガレ! ”

 2015-01-19
今夜の多部ちゃんもパーフェクトでした。

実に見事なケガレでした。


今日は2階席で観ましたが、思っていたよりも近く、全体を俯瞰することもできてよかったです。

オーケストラ・ピットでの演奏と役者との息のピッタリ具合もよかったですね。


今日も大阪ネタや時事ネタなど満載で、大楽ならではのリラックス感もあって楽しかったです。

良々さんも使命を終えてホッとしていましたw


多部ちゃんは、はじめてミュージカルをやり遂げて感無量でしょうね。

透明感のある声でストレートに伝わる歌声は、多くの人を魅了したと思います。


今日はさすがにカテコで涙ぐんでいました。

終わってしまう寂しさと達成感、安堵感などいろんな想いが去来したのでしょうね。


カテコでは、全員で大合唱もありました。

最後は、松尾さんがもう何もありませんと言って終わりましたw


多部ちゃんのおかげで今回もステキな夢を見させてもらいました。

舞台という特別な場所での多部ちゃんは、やっぱり“ベスト・オブ・多部ちゃん”だということを再確認しました。


多部ちゃん、本当におつかれさまでした。

そして、ありがとうございました。


今日お会いした、かわたさん、gonbeさん、40代のおかんさん、60代のおかんさん、またお会いできてうれしかったですw




タグ :

〝 『ケガレ計画』 ”

 2015-01-17

いよいよ明日は、かわたさん、gonbeさんの東海・北陸のタベリスト3人で『キレイ』大楽を観に行きます。

ケガレに会うのはお二人は初、私は3回目ですが、やはり大楽への期待は大きいですねw


長い期間盛り上がった『キレイ』もついに明日で終わってしまいます。

また多部ちゃんは新しい絆と仕事に対する確信を手に入れたことでしょう。


タベリストでの観劇は、3年前の『サロメ計画』からはじまり、昨年の『八尋計画』に続き3度目です。

『ふくすけ』の大阪はチケットが取れず断念し、いままでは関東でDeepさんも含めて4人でしたが、今回は初の大阪で3人です。


他のお二人のセミフランチャイズのような大阪ですから楽しみです。

いずれにしても多部ちゃんのおかげで出会った仲間と、3回も一緒に多部ちゃんを観られるのはうれしいことですね。


私は『ふくすけ』はひとりで大楽に行き、カテコの後のダンス大会に興奮しましたが、今回はどうでしょう。

多部ちゃんも年を重ねていますので、もうああいうことはないかもしれないですね。


でも、1か月半のロングランを無事終えた達成感、満足感がカテコで炸裂することは間違いないでしょう。

明日はハジケる多部ちゃんの姿を楽しみたいと思っています。


なお私たち3人は2階2列目の30番台後半の席ですから、ちょっと声をかけてみようという方がみえましたら大歓迎ですw



タグ :

〝 大人にはならないけど ”

 2015-01-15

『キレイ』大阪公演は残りもわずかとなり、演じるほうも観るほうもすごい盛り上がっているようです。

『ふくすけ』のフタバ嬢も良かったですが、やはり主演を張ってる今回は、多部ちゃんの評判がすごくいいですね。


そんな中、多部ちゃんはいっそ大人計画に入っちゃえばいいのにというつぶやきもあります。

『ふくすけ』では、オファーを出した松尾さんもまさかのホテトル嬢役を引き受けて、毎日古田さんとチューをしていましたし、今回も唾をかけられたり、客に抱きついたり、イモリダンスを踊ったり、多部ちゃんのイメージからすると、そこまでするっていうガンバリをサラッとやっちゃいますからね。


初舞台の『農業少女』での高い評価を得るキッカケを松尾さんが作ってくれたとは言え、その恩だけではない、松尾さんとの相性の良さがありますね。

だからこれからも多部ちゃんは大人計画の芝居にはきっと出るだろうと思います。


とは言っても、劇団員になる必要はないです。

客演だからこその緊張感、存在感があってこそですからね。


多部ちゃんは見事に脇よりも主演のほうが相応しい女優になりました。

松尾さんは多部ちゃんにぞっこんですし、その信頼は団員に勝るとも劣らないほどでしょうね。


だから、いい演目があればまた多部ちゃんを指名することでしょう。

あるいは、多部ちゃんをあて書きで新作を書いてくれるのもいいですね。


そんなモチベーションを起こさせる多部ちゃんの存在は大人計画にとっても大切になっていくに違いないと思います。




タグ :

〝 ノーミスなのかな ”

 2015-01-13

舞台は生ものですから、役者がミスることは避けられません。

いままで観た多部ちゃんの舞台でも、結構噛んだり、タイミングを外したり、妙な間が空いたり、いろんなミスを観てきました。


でもその多くは多部ちゃん以外の役者によるものでしたw


私が観たときの多部ちゃんの関しては、1回だけ噛んでしまって言い直したことがありました。

ちょうど収録のあった日なんで、カテコのときに実に悔しそうにしていたのが印象に残っています。


収録日と言えば、昼夜2回ともミスっていた吹越さんなんかに比べれば、多部ちゃんは稀なことです。

奥田さんも何回もセリフ回しが怪しかったのが印象に残っていますが、ベテランの貫禄で有無を言わせずという感じでした。


そういう点は、今回の松尾さんも同様ですね。

むしろ間違えるのが愛嬌で、笑いを誘うという域に達しています。


でも多部ちゃんは若いですし、マジメですからそうはいかないですね。

いつも真剣勝負、全身全霊を込めて演じてるのが伝わってきます。


今回は、私が観た2回はパーフェクトでしたし、つぶやきでもそういう声は聞こえてきません。

歌で声が裏返ったりとか言うのは、ミスじゃないですしね。


はたして、初日からパーフェクトを続けているのでしょうか。

だとしたら、残りわずかですが、緊張しますね。


客にわかるミスじゃくて、多部ちゃん自身があそこはこうすればよかったということはイッパイあるでしょうね。

それを繰り返し、どんどんいい芝居に昇華していくのだと思います。


そんな真剣勝負を1か月半の間、毎日やってる多部ちゃんの次に演じる作品が楽しみですw




タグ :

〝 感動の押し売りはしないけど ”

 2015-01-11
昨年12月5日からはじまった多部ちゃん祭も、あと1週間で終わろうとしています。

毎度のことですが、多部ちゃんが舞台をしている間は、なんかウキウキワクワクしてしまいます。


毎日、感動のつぶやきが溢れ、多部ちゃんに落ちてしまう人が増えていくのがうれしいです。

テレビや映画とは違って、そんなに多くの人が観るわけじゃないですが、生で観てファンになった人は相当コアなファンになっていく可能性がありますからね。


小さな体なのに、舞台で演じ、歌い、踊る多部ちゃんから発せられるオーラは強烈です。

映像で観る多部ちゃんとのギャップに驚く人が多いのも大きなアドバンテージです。


多部ちゃんはいつものように真剣に真面目に自分の仕事を成し遂げようと頑張っているだけで、感動を与えようとか、評判を呼ぼうとか余計なことは考えていないと思いますが、そういう謙虚な姿勢も観る人に感動を与えるのですね。

決してプッシュはしない、むしろ引き気味、それが彼女らしさ。


演技を観てください

声を聴いてください

歌を聴いてください

踊りを観てください


そこに舞台女優・多部未華子のすべてがあるからです。



タグ :

“ 下積まない多部ちゃん ”

 2015-01-07
最近、週刊現代で演技が上手な女優という記事が出たかと思ったら、今度はgooで、女性が選んだ!演技が上手い「39歳以下の女優」ランキングというのが発表されました。

好意とか容姿の評価じゃないので、やっぱり注目してしまうのですが、まあこんなものかなって感じです。


現代は、年齢制限はないのですが、1位が満島さんでした。

gooは、綾瀬さんです。


その他の上位には、尾野さんや真木さんなど若いときは苦労をして20代後半にブレークした人が入っています。

満島さんもそうですね。


多部ちゃんの同学年では、現代で吉高さんが多部ちゃんより上にいますw

gooには、吉高さんと戸田さんが入ってますが、多部ちゃんより下です。


それ以外の同学年の女優はどちらにも入っていません。

現代の上位はちょっと違うかなって思いますが、まあ多部ちゃんの演技に対する見方はある程度定着してきてるのかなって思います。


多部ちゃんはデビュー時から評価が高く下積みがないですから、満島さんや尾野さんや真木さんなどのように過激さで話題を呼ぶような作品とは縁がないです。

ワンコや家光やしのぶセンセぐらいがトガッてるほうですが、舞台でのインパクトに比べれば知れてますね。


またランキングを見ると、若いときに注目された人でもその後煮詰まっている女優もいます。

右肩上がりで、伸びていくことがいかに難しいかということですね。


最近多部ちゃんは、普通にカワイイ女の子の役のイメージが定着してるので、演技面での特徴が出にくくなってるキライがあると思います。


映像はメジャーなところを狙って、舞台で本性を出すというのも悪くはないですが、せっかくの実力ですから、『ピース オブ ケイク』もありますし、今年はテレビでも弾ける多部ちゃんの演技を観てみたいなと思っています。


タグ :

“ ジェラードよ永遠に! ”

 2015-01-06
リヴァプールの至宝、イングランドのヒーロー、スティーヴン・ジェラードが今シーズン限りでリヴァプールを退団することが発表されました。

寂しいですが、その決断に拍手をしたいと思います。


今シーズンはスタメンを外れることも多く、こういう日も近いのかなって思っていました。

ここ数年のプレーを見てても、年齢の影響を感じざるを得ない場面も多かったのでしょうがないかなって思います。


政治家、経営者と同様、スポーツ選手も引き際が大切です。

自分をどれだけ冷静に、客観的に見れるか、あるいは人の意見を聞く事ができるか、大きな実績をあげた人ほど見誤ることが多いですからね。


今シーズン、リヴァプールは大幅にメンバーを替えて、序盤から苦しい闘いを強いられています。

そんな中で、ジェラード自身も自分がレギュラーで引っ張っていくことに限界を感じていたのだろうと思います。


そして、出した結論がアメリカのMLB行きです。

その理由が、リヴァプールと対戦する可能性のあるクラブには行かないということだそうです。


ジダンがレアル・マドリードに来ないかと誘ったようですが、断ったそうです。

ジェラードらしい決断で、すばらしいと思います。


これからますます盛り上がるであろうアメリカのサッカーに力を注ぐことは意義のあることだと思います。


あと半年弱でいままで当然のようにチームの中心にいたジェラードがいなくなりますが、私のリヴァプール愛は多部ちゃん愛と同様変わりません。


多部ちゃんもそうですが、絶えずトップに絡むクラブではなく、その次のポジションでいい時もあれば、難しい時もあるというクラブが好きなんで、これからもイングランドはリヴァプール、スペインはバレンシア、イタリアはナポリを応援して、人生を楽しみたいと思っていますw




タグ :

〝 ドラマ 深夜食堂 ”

 2015-01-03
いよいよ久しぶりの映画『深夜食堂』が、今月31日に封切られます。


私はいままでこのドラマを観たことはありませんでした。

というのも深夜ドラマではよくあることですが、東海地方では放送されてなかったからです。


それが、映画をやるからなのか、暮から地元局CBCでシリーズ1~3まで一挙に放送されています。

ちょうど昨夜で、シリーズ2まで終りました。


どんな雰囲気のドラマか想像はついていましたが、まあそのとおりでした。

淡々としていて、暖かみがあって、嫌いじゃないですが、すごく惹かれるということもないです。


30分の小話の積み重ねですから人情味のあるエピソードが中心ですし、ゲストも多いです。

ですから、良いのもあるし、どってことないのもあるって感じです。


こういうこじんまりとした作品が映画になると一体どんな感じになるのか、ドラマと同様オムニバスなのか、そうではないのかよくわかりません。

作品と役どころからいって、多部ちゃんの演技も抑えた感じだろうと思いますので、彼女の特徴がどこまで出るのかなって思います。


『キレイ』でもそうなんですが、私なんかは多部ちゃんへのハードルがどうしても高くなっちゃうので、どこまで魅せてくれるのかなぁって感じですね。


ということなんで、映画館で観る多部ちゃんは本当に久しぶりなんですが、あまり大きな期待はしないで観ようかなって思ってますw


タグ :

〝 ハッピー・羊イヤー!! ”

 2015-01-01
あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。


今年の多部活動は、さっそく今月、『キレイ』の大阪公演を観に行きます

その後は、1月31日に映画『深夜食堂』が封切りになり、2月には11・13・14日に『永遠のゼロ』が放送されます。


年の初めから、多部ちゃんがたっぷりなんで、精神的に潤っていて幸せですw

この勢いで、26歳の成熟期を突っ走っていってほしいなって思います。


あと、期待してるのは春の連ドラです。

連ドラがまるっと1年以上なかったのは『やまたろ』以来初めてだと思いますので、気候のいい春にはぜひやって欲しいですね。


それ以降は、ゼイタクは言いませんw

プライベートも楽しみつつ、やりたい仕事を選んでやっていただければ満足です。


舞台は・・・、出費が嵩むので、来年でもいいですw

でもそれも出会いが大切ですから、多部ちゃんの望むがままでいいですけどね。


とどまることなく前進する多部ちゃんに老体鞭打ってついていきますから、二十歳代の真っ只中を思う存分駆け抜けていってほしいと願っています。



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫