“ モーニング娘。’15 ライブ!! ”

 2015-04-30
ノエル・ギャラガーから始まって、ポール・マッカートニー、そして今日のモーニング娘。’15と3週続いたライブが今日終わりました。

最近はそんなに行きたいライブはないのに、4月に集中してしまいましたが、シメが娘。たちでよかったです。


今日もとても素晴らしいパフォーマンスを観せてもらいました。

彼女たちのパフォーマンスは、純粋に歌とダンスに特化していて、そのスキルがメッチャ高いのがいいです。


MCは必要最小限で、2時間の間にとにかく少しでも多くの曲をやる。

実にハードなステージですが、だからこそ観るものを惹きつけます。


もちろん、ほぼ10代の女の子たちですから、見た目も大事ですが、十分に魅力的です。


昨年春初めて観に行って、今回で3回目ですが、最初は1回だけ観ればいいなって気持ちで行ったのですが、もうダメですねw

追っかけにはならないですが、名古屋に来たときは、毎度になりそうです。


ただ私は楽曲ありきの人間なんで、いまのような娘。しかやらないようなエッジの立った個性的な曲をやらなくなったら心変わりをするかもしれません。

だからつんくさんに期待するところが大ですw


そういった中で、昨年と違うのが、明確な推しメンが出来たことです。

もともとセンターを取ってる鞘師里保ちゃんが好きでしたが、この子は一番人気で、パフォもダントツの子ですから、別格という感じなのですね。


そこへ昨年秋にオーディションで選ばれた二人のうちの一人、愛称チェルこと野中美希ちゃんにハマってしまったのです。

帰国子女で英語はペラペラ、ピアノの腕はあの新垣さんとテレビで対決、アメリカ仕込みのダンスと、ハイスペックなのに素朴さが残るドジッ子というギャップw


顔もカワイイのですが、静止画では時として・・・、という誰かさんみたいなところw

でも飛びっきりの笑顔を2時間のライブの間、どんなにシンドくても絶やさないという15歳JK。


長年娘。を引っ張ってきた道重さんの卒業に伴って、昨年秋に加入した12期の4人は素人2人、研修生2人という構成ですが、タイプや個性が違って将来が楽しみです。


新たに船出したばかりの新生モーニング娘。’15は刺激があって、ますます応援していきたい存在になってきました。



スポンサーサイト
タグ :

〝 11.0 % ”

 2015-04-28
昨日は、『料理番』の視聴率が早くに発表されたので、『ドS』第3話はまだかと何回も覗いていましたが、夜まで数字がアップされてませんでした。

最近は、総じて発表が遅いですね。


ドラマなどは以前に比べて相当数字が低いので、テレビ局の意向が働いているのかななんて疑ってしまいます。

なんか、時代に逆行してる感じですね。


で、朝見たら、二けたに戻して欲しいなって思ったとおりというか、それ以上の11%乗せで、やっぱりうれしいです。

でも、2話がさえなかったのに、3%も上げるという動きがどうしても理解できません。


本当に正しいのかなって疑ってしまいますw


それはともかく、多部ちゃんがひたすらカワイくて、演技もハマっているのを支持する人がたくさんいることが証明されたのかなって思います。

それだけでも十分に観る価値はあるという、女優多部未華子のストロング・ポイントが最大限発揮されているわけですね。


この先はしばらく、1話完結でサクサクいくと期待をしていますので、数字を上げる可能性は十分あると思います。


この際ですから、作品のクオリティに期待が出来なければ、多部ちゃんの魅力でそれをカバーするという荒業をやってのけることを期待していきたいと思っていますw




タグ :

〝 ドS刑事 第3話 ”

 2015-04-25


多部ちゃんを観てるだけで楽しめるドラマから、少しずつ脱却しつつあるかなw

楽観的だけど、そんなことを感じさせる3話でした。


2週続きにせざるを得ない、ややこしい話だったので、後半のテンポは良かったです。

謎解きに苦戦する中、抑えたマヤの表情が楽しめました。


取り巻きの刑事たちも、ようやく存在感を見せてきました。

特に吉田さんが、多部ちゃんと競うようなキャラになっていくのは好ましいと思います。


残念ながらマヤのS度は上がって来なかったですが、まだ諦めませんw


決め台詞やお約束の行動が心地よくなっていくのは、悪いことではないと思います。

マヤの表情も含めて、印象に残るシーンが観る人にとって、ジワジワと沁みていくのは間違いないでしょうね。


それにしても、マヤになりきった多部ちゃんのあらゆる表情がパーフェクトなこと、本当に素晴らしいですw




タグ :

〝 多部ちゃんの誤算って ”

 2015-04-24

週刊新潮に春のドラマの記事見出しが載っていて、「多部未華子の誤算」って書いてあったので、気になっていました。

いくつかの書店を覗いても売り切れなのか、置いてなかったのですが、今日ようやく立ち読みできました。


私はてっきり2話の視聴率が大幅にダウンしたので、脚本や演出のまずさについて書いてあるのかなと思っていたのですが、違っていました。

記事は初回の視聴率が出た段階のもので、むしろ多部ちゃんのコスト・パフォーマンスの高さを褒めていました。


何が書いてあるのか、ドキドキしながら読んだのに、なーんだって感じでしたw

読ませんがための週刊誌の見出しの付け方のいい加減さにはあきれます。


キムタクと堺さんの対決についてや、相葉くんの池井戸作品の健闘や女性主役の低調さに言及した後に、多部ちゃんのギャラがキムタクの三分の一程度なのに高い視聴率を取ったことについて、日テレのキャスティングの勝利という書き方がしてあります。

それは私も初回の視聴率を知った時は思いました。


しかし、残念ながら第2話の内容と、あれだけ視聴率を落とした現状を見ると、多部ちゃんあるいは事務所の誤算はあるのかなって思います。

週刊誌の記事も内容が大きく変わったに違いないでしょう。

同じ誤算でもねw


いずれにしても、初回あれだけ取ったのは、確かにキャスティングの勝利ではあったわけですから、まだギブアップはできません。


明日のセカンド・エピソード後編から、やっぱり正解だったと言える出来に近づけてくれることを期待したいと思いますw



 

タグ :

“ 大阪/京都 ”

 2015-04-22

昨日、京セラドームへポール・マッカートニーのライブを観に行ってきました。

昨年は、国立競技場で数時間待って帰ってきましたので、一昨年秋以来になります。


この数年、東京や大阪へライブを観に行くのはポールとストーンズだけです。

ですが、もうこの先、もし70代のこの人たちが来ても観に行くことはないだろうと思います。


というのは、パフォーマンスに変わり映えがなく、刺激がないからです。

多少セットリストに変化があっても、いずれも古い曲ですし、ヴォーカル力もやっぱり落ちてますからね。


私は、基本新しいアルバムを引っさげてライブをやるのを観るのが好きなんで、ベストヒットショーは、あまり好きじゃないのですね。

それがたとえ大好きなミュージシャン、たとえばコステロや民生でもね。


今回も、嫁さんのリクエストだったので行きましたが、自分が決めるのだったらパスしています。


一昨年はポールの翌日奈良へ行き、『鹿男』のロケ地巡りをし、黒塚古墳や朱雀門、飛火野などを周りました。

今回は久しぶりに京都へ行きました。


初日は心斎橋付近を歩き回った後に、ライブで座れる曲は座ったのですが、立ってる時間が長く疲れていたので、行き先は大原・三千院と南禅寺だけにしました。

三千院は若いころに何回か行ったので、懐かしくて行きたかった所です。


新緑と満開の芍薬がマッチして、いい風情でした。


南禅寺も昔はよく行ったお寺ですが、今回のお目当てはどちらかというと豆腐料理ですw

昔は桜や紅葉の季節にも行ったことがある哲学の道も少しだけ歩いてきました。


まだ目の影響で疲れやすいので、車か新幹線か迷っていましたが、新名神を使ったおかげで快適なドライブを楽しめましたw



タグ :

“ 8.0 % ”

 2015-04-20
第二話の視聴率が出ました。

なんと、8.0 %です。


2回目でここまで一気に落ちるっていうのもなかなかないですw

笑っちゃぁいけないのですが、第二話の出来を見てるとあながち視聴者も間違ってないのかなって感じです。


初回観た方は『ワンコ』への想い、期待があった方が相当数いたのでしょうね。

そういう方がガックリきたのは想像に難くないです。


こうなれば撮影にもプレッシャーがかかると思いますが、自ら招いた結果ですから、少しでも挽回できるように手を打って欲しいと思います。


でも逆に言えば、多部ちゃんが観られればいいやという方がどれぐらいいるのかをはかる作品になりそうで、それも興味深いかなって思ったりします。

不謹慎ですかねw






タグ :

“ ドS刑事 第2話 ”

 2015-04-18


今日も多部ちゃんを愛でるドラマでしたw

多部ちゃんの様々な表情、声、立ち姿、すべてにオーラを発していました。


でも、残念ながらストーリーのほうは、二回目にして2週続きになってしまったし、焦点が絞りにくかったです。

そのせいもあるのか、テンポがイマイチ良くないですね。


あと、吉田さんをはじめとして他のキャストのキャラが立ってこないです。

そこそこ映るし、芝居もしてるのですが、存在感が弱いのですね。


ひょっとしたら、マヤのキャラが強すぎるのかななんて思ってしまいますw

だからしょうがないのですかね。


ワンコと比べると、マヤはイジリにくいので、難しいのかなって感じです。

最高の多部ちゃんが観られる半面、ドラマとしては、さほど盛り上がらないというジレンマを感じます。


まだ二話ですから、今後に期待したいと思います。



タグ :

〝 番宣情報 6 ”

 2015-04-17

この一週間で、主要なドラマもほぼ出揃って、『ドS』も明日第2話になります。

視聴率的には、堺さんがそんなに伸びず、キムタクはまずまず、相葉くんはひょっとした多部ちゃんと競るかもという感じです。


いずれにしても、初回がどういう評判だったかがハッキリするのが明日ですね。

だいたいは初回より下がることが多いのですが、せっかくだからなんとか持ちこたえて欲しいと思っています。


そのためもあるのでしょうが、明日の志村動物園にゲストで出るようです。

コハク以来の出演で、またカワイイ多部ちゃんが見られそうです。


☆ 4月18日 19時~  日テレ 『 天才!志村どうぶつ園 』




タグ :

〝 Noel Gallagher LIVE! ”

 2015-04-14
昨夜は、ノエル・ギャラガ―のライブに行ってきました。

ZEPP名古屋で1階スタンディング、2階椅子席のもちろん2階ですw


コンサートに行くのは、モーニング娘。を除くと、昨年の3月東京ドームのストーンズ、4月名古屋のボブ・ディラン以来になります。

その間に、国立へポール・マッカートニーを観に行って、疲れて帰ってきたこともありましたがw


ノエルは、英国のミュージシャンで、オアシスというバンドをやっていました。

全盛期はビートルズと比較されるほどの人気でしたが、リード・ヴォーカルをやっている弟・リアムと仲が悪く、ついに解散してしまったという経緯があります。


オアシスの有名な曲のほとんどを書いていた兄のノエルが3年ほど前に新たなバンドを結成し、そのデビューアルバムを聴いてハマった私は相当に遅れてきたファンですw

2年前に来日したときは、直前まで知らなかった私は公演の10日ほど前にヤフオクで、多部ちゃんが『わたしを離さないで』をやった愛知県芸術大劇場の最上階、5階席のチケットをゲットし、久しぶりにライブで感動しました。


とにかくノエルの、甘くはないけど切なく優れたメロディが秀逸、ヴォーカルもいい、コンパクトなバンドサウンドも好きということで、最近では、アークティック・モンキーズ、ポール・ウェラーと並んでのお気に入りです。


昨夜のライブは、なんと約1時間45分、新しいアルバムを中心に、短めの曲を次から次へと、オアシスの名曲まで、ほとんどMCなく突っ走って終わりました。

これだけ短いライブは極めて珍しいですw


長いだけがいいわけじゃない、中身が問題だという感じですが、まったくその通りで、期待にたがわずでした。


ただ、あまりご機嫌が良くなかったように見えたのは、彼が大ファンで有名なサッカークラブ、マンチェスター・シティが前日のマンチェスター・ダービーで宿敵ユナイテッドに負けたのが影響してるのかなって思いましたw


それでも、オアシス時代の大ヒット曲で、〝Don't Look Back in Anger”(1995年)での会場全員での大合唱は相変わらず素晴らしい盛り上がりでした。

3月に出たセカンドアルバムも聴けば聴くほど味が出る見事な作品です。


最近は、EDM系が強くて、ギターロックバンドは不利ですが、孤高の存在とも言える活躍を見せるノエルは実に頼もしいです。

今年のFuji Rock Festivalの大トリが決まっています。


紹介する映像は、3年前のフジ・ロックでの盛り上がりの模様です。


〝Don't Look Back in Anger”







タグ :

“ 12.7% ”

 2015-04-13
初回の視聴率は、12.7%でした。

まずまずの発進ですね。


いまのところ今期のドラマの中では一番です。

でも、この後、相葉くん、堺さん、キムタクと控えていますから、もっと上に行くのはたくさんあるでしょう。


最悪ギリ二桁も予想していましたから、上々だと思います。

ただ、『ワンコ』の初回、13・0%には及びませんでした。


あとは、『ワンコ』の平均13.31%、最終回15.8%に迫るかどうかですね。


まあいずれにしても多部ちゃんやスタッフがこの後も気分ちよく撮影できるのは良かったですし、演出面でもよりリスクをとってくれるといいなって思いますw




タグ :

〝 似て非なるもの ”

 2015-04-12

『ドS刑事』を観返しました。

やはり『デカワンコ』のニオイがプンプンしますね。


ワンコ2をやりたくても、多部ちゃんが次から次へと仕事が来て多忙だし、同じキャストを集めるのは大変だし、ややグレードダウンしても、キャラが立ってる作品をということで、4年越しで実現した企画って感じです。


イントロのマヤのアニメ声からのたたみ掛け、マヤの立ち姿、表情の捉え方など、とにかく女優多部未華子の魅力のすべてを結集して作品を盛り上げようとしています。

ゴスロリのワンコを際立たせてストーリーを引っ張る手法も手堅く踏襲した感がありますね。


多部ちゃんはそれに応えて、もう貫禄の黒装束ドS刑事になりきっています。

必ず期待に応える女優、多部未華子の姿が実に頼もしいです。


原作のイラストのイメージとは違いますが、見事に多部マヤを成立させていますね。

「わたくし、失敗しないので!」のレベルですw


ただ、二匹目のドジョウを狙っても、なかなか難しいように、『ドS』も作品のクオリティとしては微妙な部分があります。

まず、マヤの個性に頼りすぎて、話に深みがない。


ドS部分がセリフによるイタブリに頼ってしまっている。

マヤが孤高の存在であるので、仲間との絡みの妙味が少ない。


ワンコとガラさんとの間にあったような人情味の要素が今後あるのか、ないのか。


そういった微妙なテイストの違いが2話以降どうなるのか、視聴率とは別の側面で、この作品の成否に結びついていくのかなって思います。


タグ :

“ ドS刑事 第1話 ”

 2015-04-11

ついに始まりました。

『ワンコ』から4年、期待通り多部ちゃんのエキスがたくさん詰まったスペシャルなドラマになっていました。


初回だからどうかなって思っていましたが、見事にマヤを作り上げていましたね。

「バッカじゃないの!」の決め台詞はもちろんのこと、随所に多部ちゃんならではのフックが仕掛けてあってうれしい限りです。


中島監督は多部ちゃんの魅せ方をわかっていますから、冒頭のみらいちゃんの囁き声に始まって、美しい横顔、長い首などなど、見所がイッパイで、多部ちゃんのPVにもなっていますね。

多部ちゃんの芝居からは、サロメ姫を彷彿させる抑揚がタップリ見られて、心地良かったです。


これからもいろんな引き出しの多部ちゃんが観られそうで、楽しみでしょうがないです。

予告のボーリングでガーターを出すシーンとか、たまにはドジなマヤも観られると言うことないですねw


ということで、多部ちゃんを愛でるドラマとしては過去最高の逸品になりそうでサイコーですw

肝心の物語も、軽い感じではありますが、初回としてはまずまずでした。


ドS具合は、あまりグロい部分は出さないとすれば、あれが精一杯かなって感じですね。

いずれにしても、どんな脚本が用意されてるにしても、多部ちゃんは見事に応えてくれることでしょう。


多部ちゃんの斬新で魅惑のキャラ誕生にカンパイですw




タグ :

〝 番宣情報 5 ”

 2015-04-10

ワクワクドキドキの前夜ですw

今日は朝から多部ちゃんがガンバってくれましたね。


みんな良かったですが、『ZIP』でのいつもの多部ちゃんぶりがいいです。

枡さんに答えようのない質問を振られて、消極的に「ハイ」って答える多部ちゃんが素のままで好きです。


無理に訳もわからないのにお愛想を振りまく必要はないです。

変わらぬ多部ちゃんを見ることができましたw


主演は久しぶりですが、もう堂々としたものです。

明日もドラマの直前まで番宣が入るということで、すごい力を入れてもらっています。


それだけ、『ワンコ』から4年を経て、多部ちゃんへの期待が大きいということですね。

本人もいろんな実績を積み重ねてきましたが、プレッシャーがないと言ったらウソになるでしょうね。


初回の数字が出るまでのドキドキは今までに比べてハンパないことでしょう。


さて、放送当日の明日4月11日は


☆ ズームインサタデー 5:30~8:00 


☆ 嵐にしやがれアワード:ドS刑事&嵐にしやがれ  13:30~15:00 
 

☆ 世界一受けたい授業  19:56~20:54 


となっています。


他に、「メレンゲ」に吉田羊さんがでます。


ただ、残念ながら名古屋では一番観たい「嵐」をやりません。

東京や広島はやるのにね。

中京テレビにカツ!!ですw



タグ :

“ 番宣情報 4 ”

 2015-04-09
明日は日テレジャックだそうですw

多部ちゃん、1日中出ずっぱりです。

これも主演のつとめ、しっかり宣伝してくださいw

地域によって、観られないのがあると思います。

名古屋では、 『 PON! 』と『 news every 』はやらないです。


☆ 『 ZIP 』  5:50 ~  8:00 

☆ 『 スッキリ!! 』  8:00 ~ 10:25
 
☆ 『 PON! 』  10:25 ~ 11:30 

☆ 『 ヒルナンデス! 』  11:55 ~ 13:55 

☆ 『 情報ライブミヤネ屋 』  13:55 ~ 15:50 

☆ 『 news every 』  16:50 ~ 19:00 


タグ :

〝 素晴らしき多部ちゃん! ” 

 2015-04-07

朝日新聞デジタルに、「私の一枚」という多部ちゃんの貴重なインタビューが載っています。

最初読んだときは、あまりプライベートについて語らない多部ちゃんがここまで話すって実にレアだなって思いました。


しかも親友の写真まで載せるって、よほど信頼し合ってるということですね。

女優というチヤホヤされる職業なのに、一般の人と親友になれるっていうのは、多部ちゃんならではって思います。


しかし、大学の授業で、いきなり隣に座ってきて「誰々君と同じ事務所の方ですよね」って有名な女優に声をかけるって普通はないですよね。

多部ちゃんに近づこうと思ってなのか、あるいは本当に多部ちゃんのことをあまり知らないのか、多部ちゃん本人は疑心暗鬼になるのが普通だと思います。


でもこの親友は、多部ちゃんが避けるそぶりを見せても、われ関せずで、マイペースで話しかけてきたんでしょうね。

そして、多部ちゃんが「イタいことを言ってくれる後輩」と言っているように、有名人多部未華子としてではなく、二年留年した多部ちゃんの一同級生として、普通はオブラートに包んで接する人が多いのに、フラットな一個人対一個人という接し方をしたのでしょう。


それが、多部ちゃんにとっては、目から鱗のように新鮮だったのではと想像します。

意に反してフライデーされるぐらい有名になってしまった自分には、もう友人は中学の頃の仲間か同じ芸能界の気が合う人しかできないだろうって思っていたのが、一般人でしかも2歳年下で「お姉さん、お姉さん」と慕ってくるわけですからね。


よほど、多部ちゃんにとってフレッシュで、刺激があって、信頼できる人なんだろうと思います。

それは窪田くんとの付き合いでも、互いに信頼し合い、刺激し合うという部分で、多部ちゃんの人柄だからこその出会いと結びつきなんじゃないかなって思います。


女優という特殊な職業は関係ない、多部ちゃんの人間味があらわれているいいエピソードだと思いました。


どんなに有名になろうと、まったくブレない、変わらない多部ちゃんをまた確認することができて、本当にうれしかったですw



タグ :

“ 8×4 アゲイン! ”

 2015-04-06

今日、つんくさんのニュースを観たくて、録画した「スッキリ!」を観ていたら、多部ちゃんの“8×4”のCMをやったので、ビックリしましたw

しかも二回も見ることができました。


でも、内容は昨年の30秒を15秒に短縮したバージョンです。

お嫌いの方もいるかもしれないですが、多部ちゃんが誰ともわからぬ男性に飛びつくヤツです。


私は好きですけどねw

また、あの爽やかでカワイイ多部ちゃんが夏まで観られるのはうれしい限りですw




タグ :

〝 番宣情報 3 ”

 2015-04-05


今夜の『DASH&イッテQ』の出番は終わったようですね。

またおいしく食べるカワイイ多部ちゃんが観られましたw


そして明日から「ZIP!」に5日間、毎朝多部ちゃんと大倉くんが番宣で出てくるようです。

観られる地域の方はお見逃しなく。


TOREのほうはだいぶ前に書いてあったので自信がありませんが、一応チェックですねw



☆ ZIP! 4月6日(月)~10日(金) 6:20 ~ 6:30 頃の中で放送予定


☆ TORE 芸能人春の新入学式SP 4月8日(水) 19:00~




タグ :

〝 キラー・コンテンツ! ”

 2015-04-03

高まるばかりの多部ちゃん人気で、どこまでいくのだろうとコワいぐらいですが、どれだけチヤホヤされようと我関せずな多部ちゃんがまたいいのですね。

そんな彼女らしさが、昨日の『ごち』でも存分にあらわれていて、輝いていました。


多部ちゃんのストロング・ポイントは、長年の実績を重ねることで、たくさん増えましたが、芝居がうまいことやバラエティなんかで見せるギャップや意外とクールなとこなど、あげればキリがありません。

でもその中で、最大のキラー・コンテンツとも言えるのが、”透明感のあるヴォイス”だと思います。


あの声の訴求力はすばらしいものがあります。

まず心地よい声が耳に入ってきて、アッ多部ちゃんだって認識したときに喜びを感じた人は、多部ちゃんに捕まったも同然ですねw


普段の声は、冷静な彼女らしく、低めのハスキーな声で、あのカワいい顔から発せられるとゾクゾクきます。

大好評のCM「三ツ矢サイダー」での南乃そらの声を聞くたびに快感を覚えるのは私だけではないと思います。


あの声があって、あの顔、あの立ち振る舞いですから、もう弱点がないですね。

魅了される人がどんどん増えるのは当然でしょう。


しかも、舞台『キレイ』では、あの声を活かした透明感のある歌声を聴かせたわけですから、最強です。

決して歌がうまいわけではないのですが、ストレートな歌い方で引き込まれてしまった人が大勢いました。


そんな魅惑のヴォイスの七変化で、どのようにして大倉くん演じる代官山をいたぶるのか、実に楽しみですw



タグ :

〝 青春小僧が泣いている ”

 2015-04-02
いきなりこのタイトルはなんなのって思われる方が多いと思いますがw、モーニング娘。’15の新曲のタイトルです。

この半年ほどで、ももクロとベビー・メタルを抜いて、私の中でダントツのNo.1になった娘。の4月15日発売の新譜です。





昨年末に道重さんが卒業して、新人4人を加えて新体制になった娘。の新曲ということで、どんな曲になるか注目をしていました。

そしたら、やっぱりつんくさんは、一貫性があるというか、ブレないというか、実にカッコいい曲を書いてくれました。


音源が出てきてからこの3週間ほど、私の頭の中では、この曲のサビが繰り返し鳴り響いています。

まったく飽きませんw


よくあるアイドルソングとは一線を画したリズム、メロディ、いわゆるEDM(エレクトリック・ダンス・ミュージック)路線をさらに押し進めています。

わかりやすいアイドルポップスを期待していた人には不評のようですが、いまの娘。の楽曲は唯一無二でなければ存在価値がないと思っている私は大歓迎ですw


とにかく、曲の構成が見事、いろは歌を取り入れたのもユニーク、サビのリフレインはスルメのように味わいがあり、頭にこびりつきます。

もちろん、売りのフォーメーション・ダンスもサイコ―ですw


娘。が出来て17年、ハロプロに現在5~6つのグループがありますから、つんくさんがその全部の楽曲を作っているわけではないにしても、自分がやっていたシャランQも含めて、数えきれない曲を作ってきて、なお枯渇しない才能と時代を引っ張る斬新な曲を作り続ける意欲がすばらしいと思います。

体調はよくないかもしれませんが、この先もいい仕事を続けていってほしいと願っています。


ということですが、1回だけではこの曲の魅力はつかみにくいかもしれません。

よろしければ2回聴いてきてくださいw


そうすれば、不思議な快感を味わえるのではないかと思います。




タグ :

〝 番宣情報 2 ”

 2015-04-01
日テレも多部ちゃんも相当気合が入っているようで、次から次へと番宣が入ってきます。

私は、本業の女優としての仕事がハイクオリティであることが最優先の望みですから、バラエティなんかで無理に愛想よくしたりするのは好きじゃないのですが、多部ちゃんはそういうことはしないので、それがまた好感が持てます。


そういうスタンスは今後も変わらないと思いますので、出演するバラエティはつべこべ言わずに楽しみたいと思いますw


そういう点で、明日の『ぐるナイ』は、いままでにない多部ちゃんの本性が見られるかもしれないので楽しみです。



☆ 4月2日 日テレ 19時56分~ ぐるナイ『春の京都ゴチ2時間SP』


☆ 4月5日 日テレ 19時~ 『DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくり 日テレ系人気番組NO.1決定戦! 』



タグ :

“ マヤ VS ワンコ! ” 

 2015-04-01
4月になりました。

いよいよ『ドS刑事』のスタートが近づいてきました。


そんな中、サプライズな情報があります。

もしかしたら、黒井マヤVS花森一子の捜査合戦が観られるかもしれないということです。


頭が切れて、鋭い推理で、アッという間に犯人を追い詰め、ドSな逮捕をするマヤが現場でワンコと遭遇するかもということです。

そこで、ワンコがニオイを嗅ごうとしている被害者に汚いモノをぶっ掛けるそうです。


それでキレたゴスロリのワンコと黒装束のマヤの取っ組み合いが始まるそうです。

フリフリの衣装を乱してマヤに噛みつくワンコとそれを防ごうと指揮棒で応戦するマヤの戦いはいかに・・・、


楽しみですね。

一人二役で絡み合う多部VS多部が観てみたいですw


という夢を見た4月1日でした。

お粗末・・・w


タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫