“ 天使の分け前 ”

 2015-11-26
多部ちゃんについて書くことが思いつかないので、久しぶりに最近観賞した映画について書きたいと思います。

映画は劇場に行くのではなく、ほとんどWOWOWで録画したのを観ています。


毎期連ドラを10本ぐらい観るので、映画を観る時間は限られ、HDの中にはたえず5~60本はたまっています。

観るのは洋画が多いので、連ドラに比べれば、当然作品として手ごたえがあるものが多いですね。


でもそうだからと言って、連ドラを観たくないとは思いません。

連ドラのぬるさや抜けたところも、今の日本をあらわしていると思いますし、たまにはいい作品もありますからねw


で、今日ピックアップする作品は


天使の分け前』、2012年のイギリス・フランス・ベルギー・イタリア合作映画です

監督は、ケン・ローチです。


この作品は、カンヌ映画祭で審査員賞を獲っています。

日本では2013年4月に公開されてます。


内容はコメディーテイストですが、いろいろと考えさせられるグッドムービーです。


舞台はスコットランドの大都市、グラスゴー。

スコッチ・ウィスキーの本場らしく、ウィスキーが物語の軸になっています。


観察保護下にある若者たちが主役で、昼間から水のようにウィスキーを飲むのには驚かされます。

若者同士の抗争や社会からはじき出される様子は見ていて辛いです。


そういう状況から抜け出したいと、喧嘩っぱやい若者が、一攫千金を夢見て、ウィスキー製造工場を舞台に大掛かりな芝居を仕掛けるのが面白いです。


最初のうちは一体何を描こうとしてるのはわからなくてイラついたのですが、だんだんと狙いが見えてくるにつけてユニークな話にワクワクしてきます。


最後はちょっと皮肉も込めた痛快な仕上がりで、とても印象に残りました。






タグ :

〝 『視覚探偵 日暮旅人』 ”

 2015-11-20

やっぱり本編のプロローグって感じの内容でしたw

まあストーリーは置いておいて、それなりに楽しめました。


とにかく多部ちゃんがかわいくて、かわいくて、それが最高でした。

もういろいろと言われていた昔の多部ちゃんはいなくなっちゃいましたねw


二十歳代後半になっても、いろんな側面でさらに進化する多部ちゃんは本当にスゴイと思います。

まったく見飽きるということがないです。


さて、ドラマのほうは、視覚しか働かないって、どうやって表現するのって思っていましたが、さすがの堤監督です。

物語の展開のなかでわかりやすく描いてました。


その部分のハードルをクリアしたら、後は入り込めました。

ワンコのニオイと同じですねw


多部ちゃんのナレーションが入るのも、実に心地よいですね。

豪華なキャスト全員がキャラ立ちしてて、気持ち良かったです。


これだけのキャストを揃えて、旅人と陽子の過去の繋がりもほのめかして、次がないはずないですね。


舞台の仕事が終わったあとの多部ちゃんの仕事が見えてきたようで、うれしい限りですw




タグ :

〝 『ツインズ』 大阪! ”

 2015-11-18
まだ先と思っていましたが、私が『ツインズ』を観に行くまでにあと2週間ちょっとになりました。

ただ明後日『日暮旅人』があるし、いつもの舞台遠征のようには気分が盛り上がってきませんw


『あやしい彼女』の撮影の後、シドニーへ行ったり多忙な多部ちゃんは、稽古は順調に進んでいるのでしょうか。

もう舞台慣れしているし、勝手知ったる古田さんだし、きっとのびのびとやっているのでしょうね。


私は秋のライブはモーニング娘。’15と多部ちゃんの二本だけで、娘。のほうは先日終わったところで、まだ余韻に浸っています。

春に続いてツアー2回目の新入生・野中ちゃんは歌割りも増えて、歌もダンスもアクロバットも笑顔も絶好調でますます惚れ込んでしまいましたw


全編英語詞の歌ではセンターでの堂々たるパフォーマンスで、エースの鞘師さんが卒業した後の’16での活躍に期待がかかります。

今年は久しぶりの紅白もいけるのではと噂されていますが、どうなることでしょう。


さて、タイトルの『ツインズ』大阪公演ですが、関西北陸のお仲間と一緒に観るべく日程調整をして応募をしました。

結果希望の日にチケットをゲットできました。


席は東京ほど良くないですが、タベリスト3人で観て、ダベることに意義がありますのでとれて良かったですw

もうその時は2016年ですね。


私もいよいよ70歳が近づいてきますw


でも多部ちゃんや野中ちゃんをぼっかけていれば、老けないと勝手に思っていますw



タグ :

〝 「視覚探偵旅人スペシャル」 ”

 2015-11-15
いよいよ、今週になった金曜ロードショー ! 特別ドラマ企画 『視覚探偵 日暮旅人』のスペシャル番組が放送されたようです。

関東地区のみで、名古屋では放送されてません。

オンデマンドで配信されていますので、リンクしておきます。


ついに私の嫁さんと同じ名前、陽子の役をやってくれる多部ちゃんが、美しいすぎてたまりませんw

志乃でふっきったのか、タイトなジーンズもはいてくれて、ありがとうございますw


堤監督が多部ちゃんのことを褒めまくりですw

他のキャストもいいですし、金曜日が楽しみです。


連ドラにもなるのではと噂をされていますが、願ったりですね。

まあ、わかりませんがw










タグ :

〝 気になる女優 ”

 2015-11-07
私は毎期、民放連ドラを一通りチェックして、「ドラマはまわる!」というブログに簡単な感想を書いていますが、秋ドラは今のところ10本観ています。

一度観てドロップしたのが3本あり、この後もやめようかなと思っている候補もいくつかあります。


NHKやWOWOWはあまり観ないで、民放を観るのは、新しい俳優をチェックする意味合いも大きいです。

多部ちゃんも「やまたろ」で見つけましたしね。


そんな中、昨夜今期のドラマで一番気に入ってる『コウノドリ』を観ていたら、来週のゲストに今一番気になってる子が出演することがわかりました。

いままでこの子のことについて書いたことはなかったのですが、ちょっと触れてみたくなりました。


その女優の名前は、山口まゆと言います。

若干14歳、まだ女優になって日が浅いですが、いくつかの有力なドラマに出演して、注目度は高いです。


私が最初に観たのは、この春のドラマ、キムタク主演の『アイムホーム』でした。

離婚したキムタクの娘で、母親に引き取られていて、キムタクにきつく当たるクールで賢そうな役でした。


次に観たのは、夏の『ナポレオンの村』です。

唐沢さんに反抗的な態度を取る、都会から田舎に引っ越してきたことが気にいらない少女でした。


どちらの役も最初は無愛想で、反抗的ですから、私の好みのタイプです。

キレイとか、カワイイとかは見る方の主観がありますが、私にとってはストライクですねw


女優ですから容姿も大切ですが、やはり肝心なのはスキルで、これだけ連続して大きなドラマドラマに出演していることでわかるように、ナチュラルでなかなかいい演技をすると思います。

先回の記事の野中ちゃんでも見た目の評価は分かれる子だと思いますが、歌やダンスのスキル、そしてトーク力で惹かれましたからね。


15歳前後でデビューして、一旦話題になり目立つ子はたくさんいますが、その後18~20歳ぐらいまで順調に仕事が入り、映像の仕事で主演クラスまでのぼっていく子は非常に少ないですね。

多部ちゃんが共演した何人かの子もそうですし、刈谷さんも志田さんも土屋さんも上白石姉妹も、いま『エンジェルハート』に出ている三吉さんでもデビューの頃のピュアな雰囲気は薄れてしまいました。


多部ちゃんが『セラミュ』、『ヒノキオ』から着実に実績を積み上げ、『やまたろ』でメジャーシーンに登場した後も、つぶれることなくオールラウンダーの女優として確固たる地位を築き上げたのは、本当にレアなケースだと思います。

私は基本ロリコンですから、若い子の台頭に興味はありますが、本当に応援してもいいと思うのは15歳前後からですね。


それより下の子にはそんなに興味はありません。

15歳から18歳ぐらい、少女から大人の女性になっていくセンシティブなプロセスが楽しいのですねw


ということで、なかなか多部ちゃん以外にこれという女優はあらわれないのですが、山口まゆちゃんがデッカクなっていくことに期待をして見守っていこうかなと思っていますw


来週の11月13日の『コウノドリ』では、いい演技をしてる綾野剛さんの下で働く、多部ちゃんの後輩・松岡茉優ちゃんと山口まゆちゃんのダブルまゆ対決が楽しみですw





タグ :

〝 久しぶりの更新&多部ちゃん ”

 2015-11-01
11月になっちゃいました。

先月はなんと3回しか更新をしませんでした。


これはとつぜん思い立ってブログを始めた7年前の9月と同じ回数です。

とは言っても、開始したのが月末近くでしたから、比較するものではないですねw


最近は何か書かなくてはと思うのですが、何も思いつきません。

私は文章が書きたいので、スケジュールなどは他の方が書いてますし、そうなるとこれだけ多部ちゃんが成熟すると特に何って思いつかないのですね。


毎日覗いていただく方には申し訳ないと思っています。

とは言っても、以前のように焦ったりはしなくなっちゃいました。


もう天下の多部ちゃんですからね。

何かがあった時に書けばいいやって開き直っています。

スミマセンw


で、今月は久しぶりに多部ちゃんに会うことができますね。

とは言っても20日(金)なんで、まだ少し先ですけど。


日本テレビSPドラマの『視覚探偵日暮旅人』です。

また番宣にもたくさん出てくれると思います。


『どS』から『ピース』と来て、今度の多部ちゃんはどんななのか楽しみです。

でも、今のところ気持ちは早くBDで志乃を観たいというのが勝っていますw


それぐらいにインパクトがあったし、やり遂げた感のある作品ですね。

なので、『ツインズ』もありますが、これから先の仕事への渇望があまり湧いてこないというのが現状です。



多部ちゃんについてはこれくらいで、この間の多部ロスの日々は、もっぱら野中美希ちゃんにのめり込んでいましたw

モーニング娘。’15の昨年入った12期メンバーのひとりですね。


今月は多部ちゃんにも会えるのですが、チェルこと野中ちゃんにも会えます。

それは、名古屋で11月14日に娘。の秋ツアーが開催されるからです。


先日、娘。のエースピッチャーで4番バッターとも言われる広島出身の鞘師里保ちゃん(17歳)の大晦日での卒業が発表されて、ファンなどに大きな動揺が起きています。

そんな中でのライブなので、鞘師ちゃんの最後の姿と、将来のエースと期待されている野中ちゃんを観るのが楽しみです。


野中ちゃんは8月に出たシングルの1曲で、1年未満にもかかわらずダブルセンターに抜擢され、さらにNHKのJ-Meloのオープニング曲の〝One and Only”という娘。初の全編英語詞の楽曲のメインヴォーカルも務めています。

まさに娘。の将来を担うメンバーに着実に育ってきています。


まだ12期4人がスタートして横並びの1月に彼女の魅力に気づいたのは、嵐出演のたわいないドラマと思って観始めた「やまたろ」で多部ちゃんを見つけたときと同様のうれしさですw


その野中ちゃんの映像を紹介しておきますので、お時間の許す方はぜひご覧ください。

英語やピアノ、歌もダンスもアクロバットもイラストもという才能だけではなく、初期の多部ちゃんと同様その可愛いすぎない可愛さにハマっていますw


NHK J-Melo (ネイティブな英語が聴けます)





〝One and Only” (鞘師ちゃんとダブルセンターです)




タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫