〝 多部ちゃん唱法 ”

 2016-02-24


『あやしい彼女』は大好評のうちにスタートを切ったようです。

一般の方のつぶやきでは、マイナスの評価をしていた方はいなかった感じです。


予想どおり若い方から年配の方まで幅広く楽しんでいるのがいいですね。

笑いあり涙ありというところがハッキリしてるのはストロングポイントでしょう。


そして、やはり多部ちゃんの歌が話題になっています。

宣伝でもあの多部ちゃんが歌ってるというのをウリにしています。


演技上手で評価が高い多部ちゃんが歌っているところはいままで見せたことがないですから、結構煽っていますね。

本人はそれを嫌がっているように、舞台『キレイ』では歌ってましたが、まあ想定の範囲内でした。


でもつたない感じが多部ちゃんらしくていいという声も多くて、予想以上に評判は良かったですね。

ただ、歌手顔負けのような上手い女優に比べると残念ながらという思いもしました。


まあ、多部ちゃんにそれを望んでいるのではないですけどね。

今回の作品では、韓国の女優も、中国の女優もかなり上手いので、どうしても比較されるのがツライところだと思います。


でも昨日番宣であらたに明らかになった「見上げてごらん・・・」の歌唱にはグッときました。

3か月間レッスンをした成果があらわれていましたね。


いままで小出しにされてきた歌唱シーンがその都度良くなっていますので、本編の中ではもっと盛り上がる曲があるに違いないと思っています。


多部ちゃんならではのストレートな歌唱ですが、それだからこそ貴重という声が拡がることを期待しています。



スポンサーサイト
タグ :

“ 絶賛レンタル中!! ”

 2016-02-11
『ピース オブ ケイク』をレンタルで観た人のつぶやきが絶えません。

ツイッターやface bookで菅田くんや綾野さんとのキスシーンが拡散していて、観る人がどんどん増えているようです。


あまり期待しないで観た人が、これは劇場のスクリーンで観たかったとか、多部ちゃんが可愛すぎるとか、好意的なつぶやきで溢れています。

劇場へ足を運ばせるのは大変だけど、レンタルになって広まっていくのは、作品や演技にインパクトがあれば、すごい勢いなのを実感してます。


『君に届け』は劇場で観た人も多いし、レンタル後はジワジワいった感じでしたが、今回は予想外にエロいシーンがあり、しかもそれを演じたのが多部ちゃんというギャップも大きな要因でしょうね。

家族で観たら気まずかったとか、これは15禁でしょとかいう声も飛び交っています。


今日、約半年ぶりに一気に観ましたが、田口監督の持ってる過激な側面と田口さんを信頼する多部ちゃんとの絶妙なコラボだったのだなぁとあらためて思いました。

『君届』とはまったく異なる大人の女性を演じて、観る人を感動させる多部ちゃんの進化はとどまることがないですね。


余談ですが、レンタルがスタートした翌日に都心部のTSUTAYAへ寄って、『ピース』のレンタル状況を見てみました。

その時は、本数はたくさんありましたが、背表紙を前に縦置きの状態で、レンタル中は半分ぐらいでした。


やはり大ヒット作品じゃないので、そんな扱いなのかなと思いましたが、SNSでの途絶えない評判から変化があるかもと一昨日、またTSUTAYAへ寄ってみました。

そしたらなんと状況は一変していました。


『ピース』が一番いいロケーションに移動し、ジャケットはすべて前向きで、8割はレンタル中でした。

一旦火がつくとこうなるのだなというのを実感しました。


サイコーの気分で家に帰ったのは言うまでもありませんw




タグ :

“ POC 特典映像 ”

 2016-02-03

昨日、ついに多部ちゃん史上最高の姿が観られる『ピース オブ ケイク』が届きました。

これからいつでも志乃ちゃんのあんなところやこんなところが観られるかと思うとワクワクですw


いままでの多部ちゃんを知ってる人から見れば、想定を大きく超えるがんばりですが、それをサラッとやってるように見えるところが多部ちゃんならではですね。


その辺の多部ちゃんの気張らない自然体が特典映像でもうかがえると思います。


この特典映像に入ってるメイキングはよく出来てます。

田口監督が絡んでいるかどうかは知りませんが、流れがスムースで、丁寧に作られていて、愛情を感じます。


圧巻は、本編ではあまり採用されていないと思える浴衣で組んず解れつするシーンですね。

その迫力たるやさすが多部ちゃん、さすが綾野くんです。


田口監督がサイコー!と叫んだこのシーンを入れてくれたことに感謝です。


メイキング以外では舞台挨拶が4本入っています。

多部ちゃんはいつもの多部ちゃんですが、共演者や監督との和気あいあいのトークは観ていて楽しいです。


さらにすばらしいボーナスは、大友さんのバンドや峯田くん、加藤さんのライブ映像です。


まだ本編は見直してないですが、『あやかの』までの楽しみが出来ましたw



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫