“ アナザースカイ/青空レストラン ”

 2016-03-28
どちらも多部ちゃんらしさ全開で、いい番組でした。

特によかったのは、「アナザースカイ」ですね。


多部ちゃんがデビューのころから一貫して言っていた「普通であることは譲れない」を若手実力派女優の第一人者になった27歳の今でも揺らいでないことがうれしいです。

「われ我が道を行く」を若いころから好きな言葉と言っていた姿勢をブレないで実践してここまで来たのは、さすが多部ちゃんです。


役者は実力が評価されて仕事が付いてくる世界で、最初はコネや事務所の力や見栄えや話題性などで仕事が入っても、継続していい仕事を取るのは容易ではないです。

多部ちゃんは事務所も大手ではなく、オーディションで勝ち取った仕事を踏み台に次から次へと良質な仕事を見事にこなしてきました。


良質の作品、監督の下で着実に力を蓄え、評価を高め、知名度を上げてきたのは彼女自身の仕事に向かう姿勢そのものの成果であって、それ以外の要因は多くはないと思います。

媚びない、群れない、頼らないといったオンリーワンの姿勢が活きるのは役者だからでしょうね。


ミュージシャンやアイドルだと仕事で、ファンサービスも必要になりますが、役者は多くはないですしね。

もちろん役者でも人気稼業という言葉にもあるように、そういう側面に配慮する人もいると思います。


でも、それがいい仕事に繋がるかというと疑問です。

役者の仕事の本質は芝居がうまいか、魅力的かということですからね。


だから役者特に女優には昔から孤高の存在の人が存在しました。

日本は芸能人とファンとの距離が近いと言うか、アイドルが大衆化して、互いに依存してる部分が強いですが、昔のスター、原さんや高峰さんなどの時代には考えられないことですね。


私は女優は高嶺の花でいいと思っています。

あくまでも女優としての仕事で観る人を感動させることが出来るか否かが全てだと思います。


そういった点で、多部ちゃんは意図してプライベートな部分をさらすことは好んでいなかったと思いますが、『あやカノ』にある意味勝負をかける今、もう自分の全てをさらけ出してもいいかなということなんでしょうね。

だから『ピース』での熱演も含めて、多部ちゃんのイメージがマルッと変わってしまった人が大勢いるようですが、概ね好感を持って受け止められているから、まさに多部ちゃんの時代が来るのじゃないかなって思います。


まだこの後、多部未華子という女性をさらにえぐり出すと思われる「A-Studio」と「さんまのまんま」がひかえています。


多部ちゃんの人間として、女優としての器の大きさをたっぷり味わえるんじゃないかと期待をしていますw






タグ :

〝 怒涛の多部ちゃんウィーク!! ”

 2016-03-25

いよいよ来週金曜日、エイプリル・フールに『あやしい彼女』が封切されます。

それに合わせて、多部ちゃんが出演する番組が続々と控えています。


これほど、各局の番組が続くことは、かつてないことですね。

しかも中身が濃い番組が揃っています。


その中でも極めつけは、NHK総合の『恋は、あなたのおそば』じゃないでしょうか。

これは『あやカノ』の番宣でも何でもないのですが、放送日のタイミングが良すぎますw


きっと松尾さんがこの日がベストとか、言ったんじゃないかと推測してしまいますw

放送日は、3月30日(水)10:55と3月31日(木)10:55 の2回ですから、まさに前夜祭です。


約1時間のぶっつけ本番の新感覚バラエティーだそうで、2日間の稽古だけで客を入れての本番でしたから、チャレンジングですね。

もしかしたら、「あやしい彼女がいる!」なんてセリフを松尾さんが入れてくれないかななんて妄想していますw


もう弱点じゃなくなった。と思われる多部ちゃんの歌も聴けるようです。

最高に楽しみです!!


次は『さんまのまんま』です。

元妻の大竹さんとも仲の良い多部ちゃんを前にして、どんな話が飛び出すのか、楽しみですw


ただし、3月28日(月)に放送するのは関西テレビだけのようで、他の地域は1週間から2ヶ月近くずれるところがあるようです。

放送日に気を付けましょう。


それから『Aスタジオ』4月1日(金)です。

饒舌すぎる鶴瓶さんも、多部ちゃんのことは褒めるばかりだと思いますが、この日から新アシスタントになる共演経験もある森川葵さんも楽しみです。


さらに本日、3月25日(金)の『アナザースカイ』日テレ系 23:00 は、多部ちゃんがL.Aの友人のところへ行った話だそうです。


まだまだあります。


3月26日(土)「満天☆青空レストラン」 日テレ 18:30 ~

カンパチの取材に鹿児島県垂水に行ったそうです

 
3月28日(月)「有吉ゼミ」 日テレ 19:00 ~

古民家カフェで手打ちそばに挑戦だそうです。


その他、『あやカノ』公開を祝福するかのように、ソフトバンクとやよい軒のCMが流れまくってて、観る人をざわつかせています。

ソフトバンクは30秒の完全版も流れ、失恋した勢いで、豪快にやよい軒でカルビを頬張ってるんじゃないかとつぶやく人もいますw


今回も多部ちゃんのがんばりはすごいですね。


封切日の4月1日は平日なんで、朝から日テレで電波ジャックを期待しています!!





タグ :

“ 映像がありました! ”

 2016-03-21
さとしさんから教えてもらいました。

ありがとうございます。


まさか名古屋の試写会の映像があるとは思わず、ノーチェックでしたw


もう今はテレビじゃなくてYou Tubeの時代なんですね。

C2という映画に特化した配信会社のようです。


あまり検索とかしない私にはついていけませんw


内容は抜粋されてますが、いつもの自然体の多部ちゃんが観られてイイです。



さて、最近、番宣情報に関してはサボりっぱなしなんで、ここで簡単に触れておきます。


・今週21日から25日まで毎朝 「ZIP!」で短いコーナーをやっています


・3月25日 「アナザースカイ」 23時~ 日テレ系


・「さんまのまんま」が関西テレビでは3月26日だそうですが、その他の地域は1週遅れとか、曜日違いになるかもしれないようです


・3月28日 「有吉ゼミ」 19時~ 日テレ系


・4月1日 「Aスタジオ」 TBS系


東京ローカルは書いてませんw




タグ :

〝 サントラ発売!! ”

 2016-03-20


一昨日映画を観て、あの歌声を車の中で聴きたいなって思っていたら、サントラが発売されて、多部ちゃんの歌も入っているそうです!

3月30日と封切の前々日の発売ということで、やりますねぇw


サントラですから、長いのや短いのや全27曲ということですが、多部ちゃんの歌はカヴァー曲が3曲+別ヴァージョン1曲かなって思います。

豊洲ピットで歌った映画の主題歌は、別のミュージシャンが歌っていますから、たぶん入ってないでしょうね。


でも、あの歌声がCDで繰り返し聴けるのは、サイコ―ですw

多部ちゃんのCDと言えば、ドリカムの「Good Bye My School Days」と、清竜人くんのアルバム「MUSIC」に入っている名曲「雨」ぐらいですが、車で聴くには短かったので、『あやしい彼女』のサントラはうれしい限りです。


春のドライブシーズンに向けて、また楽しみが増えましたw


さあ、みなさん予約しましょうww





タグ :

〝 会ってきました! オオドリー!! ”

 2016-03-19
昨夜、名古屋市民会館で行われた『あやしい彼女』の試写会に行ってきました。

この試写会は中京テレビ主催で、『君に届け』の時と同じ会場です。


『君とど』も当らなかったのですが、今回も応募には外れてました。

ところが昨日朝、いつものようにツイッターを覗いたら、ハガキ1枚余っているので、どなたか行かれる方いませんかいうつぶやきがあり、2名入れるということだったので連絡して、嫁さんと観てきたというわけです。


ラッキーでしたw

そしてラッキーなことがもうひとつありました。


この試写会は当初告知にはなかったのですが、多部ちゃんが名古屋まで来てくれたのです。

数日前からハガキが届いた人が、多部ちゃんが来るということに狂喜していたので、知りました。

早い人はいい席をとるために、朝の9時半から並んでいたそうですw
 

このところメキメキと美しくなってる多部ちゃんを、遠くからでしたがしっかり見届けることができ、至福の時間でしたw

トークは相変わらずですが、司会者がうまく冗談をまじえて多部ちゃんの素の部分を引き出していて、なかなか面白かったです。


で、肝心の映画のほうですが、Deepさんが書いてるとおり素晴らしいです!!

ありきたりな表現で申し訳ないですが、素晴らしいとしか言いようがありません。


どうしてもオリジナル版と比較してしまうのですが、細部にこだわって、日本的情感をうまく入れ込んでいたのには感心しました。

設定があり得ない話なんで、それをベースにどこまで観る人の心を揺さぶるかという点において、日本版の脚本・演出ともに優れています。


もちろんそれが活きるか否かは役者、特に多部ちゃんの演技にかかっているわけですが、そこは多部ちゃんのことですから言うことないですね。

高飛車なセリフ回しは、ちょっと家光を彷彿させますが、すべてにおいてリアルなのはさすがです。


そして、話題が集中するであろう歌のほうですが、映画の中の歌唱シーンとしては申し分ないです。

多部ちゃんらしい個性があるのがいいと思います。


どの歌もいいですが、私はアップテンポのが気に入りましたw


ということで、待望の初オオドリーに見事にノックアウトされました!

これでまた多部ちゃんの代表作が増えましたね。


昨日の会場はコンサートホールなので、映画を観るには画質は悪いし、音量もイマイチなんで、劇場へ行ってくださいということだと思います。


封切られたら、いい劇場へ行って、高画質、大音量で存分に楽しみたいと思っていますw




タグ :

燦然と輝く歌姫多部ちゃん―『あやしい彼女』試写会

 2016-03-14
Deep Purplinです。3月11日の試写会に行ってきました。

笑いあり涙あり、そして何よりも「天性の歌声」の多部ちゃんのマジでハンパない歌が満載の爽快なエンタテイメント作品でした。

基本的に韓国版を踏襲しているので、韓国版を観たことがあれば話の展開は特に驚くことやハラハラすることもないですが、20歳の多部ちゃんが73歳の地を丸出しで喋るギャップが、この映画の可笑しみの重要な要素なので、十二分に楽しめます。普通の設定の作品では、こういう話し方はしないわけですから、とても新鮮でした。

何を話すのかがわかっている落語を繰り返し聴いても笑えるのは言い回しや声の調子によるところが大きいわけで、多部ちゃんのコメディ演技もそうしたセンスが飛び抜けていますから、何度観ても楽しめる作品になっていると思います。

ただ多部ちゃんの演技は全編、中身が73歳なので、ケレン味の演技ばかりと感じる方もいらっしゃるかもしれませんし、まんま踏襲したリメイクという作品性に引っかかる方もいらっしゃるかもしれません。

多部ちゃん教信者の私としては、教祖様がどの作品でも「楽しんでいただけたら」と言うのですから、楽しめる部分で目いっぱい楽しむというのがスタンスです。そうであるからこそ多部ちゃんの出番が多いほど必然的に満足度は高いわけで、基本的に多部ちゃん中心のこの映画は大大大満足でした。

懸念されていた歌の方は、まさに「天性の歌声」でした。私は多部ちゃんの役者としての声に完璧にノックアウトされていますから、もともと多部ちゃんの歌声も心地良く聴いていましたが、これまでの作品では、自信をもって歌い切っていないところがあり、曲に歌わされているように感じていました。

今回は、役のうえで「歌は聴く人の気持ちを震わせなければならないんだ」といった具合の台詞があるぐらいですから、本人の「さまよいながら歌っていましたけど...本編では堂々と歌っております」の言葉どおり、曲を完全に自分のものにして心震わせる歌を聴く者に届けています。

特に自分にとっては、歌がうまいとわかっている人ではなく、あの多部ちゃんがこれだけしっかりと歌えているということで余計に感動を呼んだように思います。

劇中で映画のテーマ曲も歌うのですが、「あれっ、この歌、多部ちゃんじゃなかったはずだけど...気づかずにいた?」と焦ってしまうほどの出来でした。

試写会の会場だった一ツ橋ホールはあまりスクリーンが大きくなく、前の席の人の頭も邪魔だったので、大きなスクリーンで観るのが今から楽しみです。






以下、ネタバレ的要素がありますので、ご注意ください。






中ほどの歌謡ショーの生放送のシーンの『悲しくてやりきれない』は本当に圧巻で、歌に合わせてセピア色で流れる回想シーンと多部ちゃんの心をつかむ歌がシンクロし、歌が進むにつれ、多部ちゃんの目に浮かんだ涙が、頬を伝わりだし、ついにはとめどなく涙を流し続けながら哀感たっぷりに歌いあげるという演出で、こちらもハンカチを取り出し涙ボロボロでした。ここで作品が終わってもおかしくないぐらいにもっていかれました。(隣のおじさんもボロボロ泣いてました。)

これだけの山場をつくってしまって、あとの流れも韓国版でだいたいわかっているので、尻すぼみに感じてしまうんじゃないかとちょっと危惧したのですが、後半もしっかり楽しめました。

このあたりは韓国版より登場人物を少なくしてシンプルにしたこと、特に韓国版では息子だったのを小林さんの娘に変えたことが効いていると思いました。

特に韓国版よりも多部ちゃんの歌うシーンの盛り上がりとサプライズで、エンドロールを終えたときのカタルシスと爽快感は完全に多部版に軍配が上がります。

それと多部ちゃんが出てくるまでは、よくありそうな展開の上に、ワクワクするような明るい話でないとはいえテンポが悪く、凡庸以下な感じを漂わせるのですが、恐らくこれは意図的なもので、多部ちゃんにスイッチしてからはテンポアップし、いっぺんに雰囲気が明るくなって世界が変わったかのようになり、そこからはジェットコースターです。

最初の方で多部ちゃんが役とは関係のないナレーション(韓国版の冒頭のナレーションにあたるもの)をするのですが、これが驚くほど硬くて棒読み調で、あれれれれっと思ったのですが、あとから考えてみると、そういう意図的な演出でもない限り、あんな読み方はしないだろうと思いました。

こうなったらもう多部ちゃんの歌の入ったサントラを是非出してほしいですね。

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫