〝 紫色の雨が降る! ”

 2016-04-22
私のリスペクトする、大好きなミュージシャン、プリンスが亡くなりました。

享年わずか57歳でした。


最近は私と同じぐらいかそれ以上の年齢のミュージシャンが亡くなるのは日常茶飯事になってきましたが、プリンスはまだ60歳にもなっていないですから驚きました。

アルバムもコンスタントに発表していて、昨年も新しいアルバムを買い、楽しんでました。


現在もライブ中だったということですから、ミュージシャン冥利と言えばそうなんですが、喪失感は大きいですね。


私はどうしても書きたいという衝動が起きなければ追悼記事は書かないのですが、最近ではデイヴィッド・ボウイに続く大きな悲しみです。

ブラック系では、知った時にはすでにいなかったサム・クック、聴き始めて数年で亡くなってしまったオーティス・レディング、絶好調の時に亡くなったマーヴィン・ゲイの3人がスペシャルな過去のミュージシャンでしたが、私よりも11歳も若いプリンスがそこに加わるとは思ってもいませんでした。


他にも逝去したビッグなブラックミュージシャンはいますが、私の心に触れた貴重なアーティストでした。


ライブは1回しか行けませんでしたが、今でもその時の興奮が蘇る最高のパフォーマンスで、刺激とカリスマ性に満ちていました。

守りに入らず絶えず新たな音楽への挑戦を続ける姿勢が世界にアピールしたのではないかと思います。


その容姿やカッコウ、セクシーなアプローチで、異端の存在とも見られがちでしたが、アルバムを出すたびに評価を高めていったのは、その高い音楽性ゆえだと思います。

ヒット曲としては、なんと言っても「パープル・レイン」が有名ですが、他にもいい曲がたくさんあります。


いまアメリカのプリンスに関係する施設などは紫一色に染まっているそうです。

日本ではそこまでではないですが、私もパープルカラーを身に付けたいと思います。


十数枚のアルバムを持っていますが、シングルを聴くというよりアルバム単位で聴くミュージシャンですから、好きなアルバム名と代表曲「パープル・レイン」を添付して、哀悼の意を表したいと思います。



≪ファイバリット・プリンス・アルバム≫

Sign "☮" The Times(1987年)

Around the World in a Day(1985年)

Lovesexy(1988年)

Musicology(2004年)

Purple Rain (1984年)

 
※ Purple Rain



スポンサーサイト
タグ :

〝 多部ちゃん VS クロエちゃん!? ”

 2016-04-17
〝 世界中が『あやしい彼女』に夢中!各国比較特別映像 ” という動画がYou Tubeにアップされています。

韓国、中国、ベトナム、そして日本のヒロインやインパクトのあるシーンの違いなどを比較していて面白いです。


ナビゲーターを多部ちゃんと要さんがつとめています。


公開して2週間、相変わらず高い評価で、動員もさほど落ちてないようなので、さらにプッシュする意図で作られた動画かなって思います。

いまはYTを利用して、宣伝するのも効果が上がりますからグッドアイディアですね。


各国の『あやカノ』それそれの良さがありますから、比べてみてくださいという姿勢もいいと思います。


そんな中、次にリメイクするいくつかの国の名前があがっていますが、いよいよアメリカも動き出すようです。

そうなるとまさに世界的な競演となるわけで、多部ちゃんのヴァージョンをアメリカの人が観ることもあるかもしれませんね。


ほんとに楽しみですw


動画の中でも話してましたが、アメリカだと誰がヒロインをやるのか興味があります。

アメリカの昭和テイストの女優って、それは難しいですがw、一番やって欲しいのは、ハリソン君も書いてたあのクロエちゃんですね。


彼女がやれば、かなりの話題作になるだろうと思います。

日本は多部ちゃん、アメリカはクロエちゃんなんてなったら、最高じゃないですか!


そうなることを期待して待ちたいと思いますw




タグ :

〝 観れば観るほど ”

 2016-04-05

味わい深い映画です。

決してコメディエンヌの多部ちゃんを観るためだけの作品ではないです。


もちろん多部ちゃんが最高の演技を更新してることは言うまでもないですけどね。


ということで、昨日劇場へ行って『あやカノ』2回目の観賞をしてきました。


苦戦気味の動員のほうは評判や口コミなどで、これから上がっていくと思います。

韓国原作だし、ターゲットがわかりにくい作品ですから、スタートは厳しいと思っています。


2回目でますます確信したのは、日本風にアレンジした部分が作品としてのクオリティを高めているということです。

韓国のは、お国柄もあると思いますが、小気味いい展開の連続で、やや下品で過激なお笑いも含めてコメディとしてエッジが立っています。


その部分を比較して、物足りないという人があるのは理解できます。

でも、あえて息子を娘に変えるなどして、変化をつけた部分が作品に深みを与えていますね。


だから何度も観たくなるし、何度観ても感動するのだと思います。


もちろん多部ちゃんの意外性のある歌が、インパクトが強く、ハートに訴える力が大きいというのも重要です。

CDで聴くよりも、映像を観ながら聴くほうが何十倍も心に響いてきますからね。


そのため、サントラを買いたい人が殺到して、アマゾンでは品切れで、1~2ヶ月待ちのようです。

音楽映画ではないサントラのCD自体はそう売れるものではないですから、制作側も読み違えたのでしょう。


そのようにいろんな側面のストロングポイントを持っていますから、これからの広がりに期待をしています。


まさに老若男女が同じ気持ちになって感動できるという、今の時代にピッタリであるとともに稀有な作品だと思います。



タグ :

〝 多部ちゃん三昧!! ”

 2016-04-02
この数日は、まさに多部ちゃん三昧でした!

これでもかといろんな多部ちゃんを見られて、ちょっと疲れましたw


簡単な番宣はおいといて、やはりなんと言ってもお茶の間の方のイメージを変えたのが『松尾スズキアワー』でした。

ああいうシットコムは嫌いではないですが、どうしてもワンパターン化しがちで、難しいスタイルだと思います。


そこを松尾さんが果敢に挑戦したわけですが、1話の時間を短くし、芝居と歌唱を交互に入れたことによって、テンポよく楽しめるものになっていたと思います。

芝居のほうはほんの序章ですし、ギャグも画面越しに観てるとスベルのもありましたが、生演奏をバックに軽快に歌う姿は実に楽しかったです。


その歌の部分をリードしていたのが多部ちゃんで、イキイキと楽しそうにしていて、従来の多部ちゃんのジメージとは別人のようでした。

歌もいいですが、特にダンスのステップを踏んでる多部ちゃんが魅力的ですね。


多部ちゃん自身が楽しすぎて、舞台だったら明日もやれるのになぁと大竹さんにつぶやいていたというのが、よくわかります。

話の設定から言って、スケジュールがとれるとき、不定期にやりそうな感じなので、楽しみです。


そしてもうひとつが、『A Studio』です。

これは予想していたとおり、多部ちゃんのヴェールが全部ではないですが、かなり剥がされました。


長年のファンが多部ちゃんについて、その言動から想像してきた多部ちゃんの本質があからさまになったと思います。

もう年齢から言っても、実績から言っても、ぶっちゃけちゃって何の問題もないですから、いいタイミングということですねw


何事にもサバサバして、白黒がハッキリしていて、仕事とプライベートのプライオリティは明快で、いわゆる男前な側面が世間に明らかになったわけです。

そして世間の多く人は、そんな多部ちゃんを意外とは思うけど、好感を持って受け入れてるようなのがうれしいです。


鶴瓶さんの突っ込みにも動じることなく、ひょうひょうとかわす多部ちゃんは、もう誰が来ても怖いものなしです。

名古屋ではいつ観られるのかわかりませんが、さんまさんの突っ込みにも同様なんでしょうね。


そんな多部ちゃんを観ていて、遠い将来まで女優として輝き続ける姿が想像できました。


ですから、なんだかこうしてブログで応援するのもおこがましいのかななんて、多部ちゃんを知ってから約9年、ブログをはじめてから約8年という年月を振り返ってしまいましたw



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫