〝 輝く多部ブランド!! ”

 2016-06-25

約2ヶ月前に始まった『尺には尺を』も残り3日3回の公演で終了です。

私は今回は1回しか行きませんでしたが、多部ちゃんの演技は安定していて、かつ刺激的で、まるで天井知らずの可憐な蝶の舞いようでした。


今回の芝居でも多部ちゃんの演技が観た人すべてを魅了していますね。

楚々とした佇まいと堂々とした演技のギャップが多くの人を驚かせているのだと思います。


もはや、舞台における多部ブランドは確立されたと言ってもいいのかなと思います。

ベテランとも言える舞台女優は置いといて、いわゆる若手女優の中では間違いなくスペシャルな存在になりましたね。


蜷川さんを始め、有力な演出家からのオファーを受け、期待にたがわぬ実績を積み重ねてきたからゆえだと思います。

これからも優れた演出家による刺激的な作品への出演が続くであろうことは想像に難くないです。


そして、実力派舞台女優という看板を背負いつつ、ドラマや映画などの映像作品でも活躍するのは変わらないでしょうね。

一般的にはアラサーの女優は主演作も減りますし、かと言って、いままで主演をやってきた人が脇ばかりというのも避けたいでしょうから、仕事が少なくなっていくのはよくあることです。


そんな中、多部ちゃんは舞台と並行して、連ドラ『仰げば尊し』にクランクインしていて、変わらぬ多忙さです。

共演するのも寺尾さんという魅力的な役者ですし、ワクワクしているんじゃないでしょうか。


映画のほうでも大きな賞を2つも獲って、さらに『あやしい彼女』の演技も好評ですから、さらなる栄誉が期待されます。

全方位で、これだけ高いクオリティをキープし続けるのは、まさに多部ブランドが花開いたということかなと思います。


当の本人はそんなことは意に介さず興味を持った仕事に黙々と邁進するだけでしょうが、そんな姿がまた多くのファンを惹きつけるのでしょうね。


ここまでブランドが確立されてしまうと、なかなか書くことは思いつかないのですが、どんどんスペシャルな存在になっていく多部ちゃんを変わらず見守っていきたいと思いますw



スポンサーサイト
タグ :

〝 夏ドラが来たッ!! ”

 2016-06-03
昨年春の『ドS刑事』以来となる連ドラ出演の発表がありました。

『尺には尺を』のお花の中に、TBSとテレビ朝日があったので、どちらかで連ドラでもあるのかなと思ってましたが、まさか夏にあるとはビックリですw


舞台が6月末まで続くので、連ドラをやるとしてもてっきり秋だろうと決めつけていました。

またも多部ちゃんの仕事っぷりにカンパイです!!w


新ドラマ『仰げば尊し』の内容をみれば、多部ちゃんは寺尾さんとのシーンがメインなので、吹奏楽部とは別撮りが出来そうで、日程の調整はつきそうなんですね。

TBSは『大奥〜誕生[有功・家光篇]』以来ですが、日曜劇場とは期待が高まります。


多部ちゃんの父親役が寺尾さんというのもうれしいですね。

味のある寺尾さんとの芝居が見ものです。


イザベラから樋熊奈津紀へ、またも軽やかに変身する多部ちゃんが観られそうですw







タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫