〝 悪女はもういいの? ”

 2017-07-23



『ツバキ』の名演技で女優賞をもらい、インタビュー記事がヤフーのトップニュースになってます。

女優賞をもらうのも、インタビュアに褒められてもサラッと受け流すのも、いつもの多部ちゃんで頼もしい限りです。


そんな中、気になったことがあります。

ニュースの見出しにもなってる「演じたい役がまだない」という言葉です。


今の気分はそういうことなのかなとは思いますが、過去には何度か「悪い役」をやってみたいと言ってましたね。

多部ちゃんのようにその役の人間そのものになりきっちゃうと、悪女になるとどれだけ怖くなるんだろうと不安も感じますw


でも、30代になれば20代とは状況が大きく変わっていきます。

先輩女優を見ていても悪役、汚れ役をやって一皮も二皮も剥けた女優が少なからずいます。


多部ちゃんは鳩子のように清純でピュアな役や、一子や節子のようにトリッキーでコミカルな役が目立ってますが、悪女は未知数ですね。

多部ちゃんが悪女をやるのは見たいような見たくないようなですが、怖いもの見たさで見てみたいですw


これから、舞台は別にして、映像ではいままでのイメージを脱却する役は少ないかなと思います。


ですから、私は多部ちゃん自らが「悪女をやりたい」と声を大にすることがあってもいいのかなって思ってます。


30になるまでに、多部ちゃんの悪役をぜひ見せてください!!






タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫