オーランドー初日:多部ちゃんに萌え萌え

 2017-09-27
Deep Purplinです。『オーランドー』初日、行ってきました。

オーランドーとして唯一人1役のみを演じる多部ちゃんが、ときに愛らしく、ときに凛々しく、ときに可愛く、ときに神々しく、ときに美しくとフル回転で、とにかく萌え萌えでした。

オーランドーが男性から女性に変わるシーンは、映画や過去の舞台でそれなりの表現・演出があったらしいですが、シーツ1枚を身体に巻いて多部ちゃんとしては十分な露出で魅せてくれました。

小日向さんと小芝さんも、固定した役でいる時間はそう長くなく、池田さん、戸次さん、野間口さんとともに「コーラス」にも回り、とにかく多部ちゃんが世界の中心にいる舞台です。

直前のフォトコールで公開されているビジュアルからもわかるように、おもちゃ箱をひっくり返したような楽しい舞台です。エリザベス1世とのキスシーンでは、しっかりキスマークをつけられます。

第1部(女性になるまで)55分、休憩20分、第2部60分という構成ですが、多部ちゃん度が高いので、多部ちゃんが出ていない場面も多いもっと長時間の舞台以上に多部ちゃんを堪能できる贅沢な作品です。

つくりとしては、ト書きを「コーラス」だけでなく、登場人物自身も述べるなど、全体として速いテンポで説明的に目まぐるしく進んでいきます。その展開の速い一つ一つのエピソードも宙ぶらりんな感じで終わるときもあり、また世紀を跳び越えた時間経過の場面で、オーランドー以外の人物もそのままの関係を保ち続けているかのように思えるところもあったりして、頭の中で整理しようとすると追いつかないので、細部のつながりは気にしないで、観劇中はとにかく目の前の舞台で起きていることに集中したほうが楽しめると思います。

客席から見て舞台の左手(下手)にピアノがあるため、舞台の縁まで寄って時間をかけた演技は上手側のほうが多かったように思います。

前から5列目の上手側の席だったので、間近で多部ちゃんを堪能できました。座席の高さも舞台上にあぐらをかいて座って見ているぐらいの感じだったので、とても臨場感がありました。

次回は、yamarineさん、ハリソン君さんとも久しぶりにお会いしての観劇で楽しみです。

タグ :

〝 舞台はホーム!! ”

 2017-09-03

9月になって、まだまだ先だと思っていた舞台『オーランドー』が近づいてきました。

9月23日が初日ですから、稽古もピッチを上げているに違いないと思います。


舞台は昨年5月の『尺には尺を』以来ですから少し間があきました。

この間映像作品でがんばってましたが、舞台は特別なものだと思いますので相当気合が入ってるだろうと想像します。


多部ちゃんの本格的舞台は、2010年3月の初舞台『農業少女』から数えて8年間で8作品目になります。

その内主演は4作品になります。


主演ではない作品でも重要な役が多いですからほとんどが主演みたいな仕事をしてきました。

そんな大変な仕事を映像作品の合間をぬって、偏りはありますが20代に年1のペースで出演してきた多部ちゃんはスゴイと思います。


仕事の分野としてはドラマが多いですが、ポピュラリティとしてはドラマは大切ですね。

舞台をやるようになってからの映画の本数は8本と多くはないですが、主演作は高い評価を得て、それ以外でも多部ちゃんならでは存在感を示してきました。


一方連ドラは13本、単発も何本もありますが、その中に代表作とも言える作品がいくつもあります。

ジャンルに偏ることなく良い作品に出続けている多部ちゃんを、好きになった10年前には想像できませんでしたw


若さは変わることないし、どんどんキレイになっていくし、高い演技力を含めてまさに理想の女優像だと思います。


そんな多部ちゃんに1年数か月ぶりに会える日が近づいてきました、

原作はトリッキーだし、白井さんの演出も楽しみだし、共演者も申し分ないし、5年前の『サロメ』以来の期待感があります。


今回は10月に2回観にいく予定をしています。

1回はいつものお仲間と、もう1回は珍しく嫁さんが面白そうって言ったので一緒に行きます。


できれば欲張って、ポッポちゃんの残り香も嗅いでこれたらとも思っていますw



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫