“ 華か演技力か ”

 2012-03-05

いま、いっぱいつぶやかれてる『ライアーゲーム』の感想を読んでると、多部ちゃんの演技はいいけど、華がないって言う人が何人かいます。

そりゃ、ただ顔だけ見りゃぁ、長澤さんや新垣さん、柴咲さんなんかに比べれば華がないかもしれません。


でも、多部ちゃんには、多部ちゃんにしか醸し出すことができないアトモスフィアがあります。

それは不思議な愛嬌ですね。


正対した顔のデザインじゃなくて、多彩な表情、しぐさや控えめな言葉などによるものが大きいですね。

そういった点については、他の女優以上に、人を惹きつける魅力に溢れていると思います。


仮に華があると言われる女優でも、演技が冴えなければ、観ているうちに魅力が失せていきますね。

多部ちゃんのように、最初はインパクトを感じなくても、観ているうちにどんどん惹かれていくというほうが、女優としてのサムシングを持ってるということだと思います。

いま何かと話題のオノマチさんなんかも同様ですね。


だから女優はキレイなだけ、カワイイだけでは生き残っていくことが難しいのは、過去のいろんな人を見てればわかります。

アイドル映画のようなチヤホヤされる役なら、上っ面の見栄えのする人でいいと思いますが、それだけではすぐに飽きられますしね。


カワイイ系か個性派系か、多部ちゃんの立ち位置が微妙だということはわかります。


長澤さんや新垣さんなどのようなキレイ系、カワイイ系と相並ぶ位置づけではないですしね。

かと言って、谷村さんや市川さんなどのように、個性と演技力で売るというのとも少し違います。


多部ちゃんのストロングポイントは、そのどちらの要素も併せ持ってるというポジションでバランスを取っていることだ思います。

だから、オファーは、個性が特化しているワンコや今度のしのぶセンセのような役もくるし、美咲や優のような普通っぽいコの役もきますね。


そうなると、どうしても見る人のイメージはよりトリッキーなキャラのほうに引っ張られて、普通っぽい役柄に物足りなさを感じてしまうってことがあると思います。

だからワンコには華を感じるけど、優は普通っぽくって感じないと思われるのはしょうがないですね。


でも、逆に言えば、華も出せるし、地味目な演技も言うことないしということで、これはスゴイことだと思いますよ。

いまの若手では唯一無二でしょう。


現在は、そのあたりの絶妙なバランスを取りながら、二十歳代前半という将来にとって大切な土台となる時期の女優活動を進めている真最中だと思います。


ビジュアル面も大事だけど、それ以上にアクトレスとしての幅を広げ、奥行きを深めることに重点を置いているのだと思います。

だから、映像の仕事で忙しいのに、舞台を2本も入れてしまうというチャレンジをするのでしょうね。


そんな多部ちゃんは、他の誰よりも人間的な華があって、知性に溢れた女優だと思います。



☆ ライアーゲーム興行収入  3億1470万円(2日間)

参 考

ドラえもん  5億5262万円(2日間)

ヒューゴ   2億8097万円(4日間)

戦火の馬   1億5287万円(3日間)


アンチ新作も多くて懸念していましたが、まずまずのスタートを切ったと言えますね。
観た人の評判はいいので、まだまだ伸びていくことでしょうw



タグ :
コメント
女優としては、「華」があるのがいずれ邪魔になっちゃうこともありますからね。

『再生ライアー』について言えば、パンフに地方のエリート銀行員の娘で、難関大学の主席卒業で自信もあるけれど、それはしょせん温室育の中でのものという裏設定が書いてありましたが、そういう優等生のもっさい感じを伴った自負をうまく表していて、「華がない」って思わせるぐらいなのが、スタッフの狙い通りの演技をしたということだと思います。

特にテレビシリーズや映画と違って、キャストのクレジットも2番目で控えめなポジションに置いてますしね。

> 華も出せるし、地味目な演技も言うことないしということで、これはスゴイことだと思いますよ。

どんな役も、どんなふうにでも演じられるってことですよね。そして脇役で使っちゃうと、ある程度以上の露出があれば、演技の存在感で主役を霞ませちゃうことも映像関係者はわかっているでしょうから、カワイイだけじゃできない主役のオファーが続くんじゃないでしょうか。

> 舞台を2本も入れてしまうというチャレンジ

テレビや映画は、視聴率や興行収入第一でコンサバなので、すぐにイメージが固定化しちゃいますから、舞台はまだまだ育ち盛りの多部ちゃんにとってもいい栄養ですね。

> そんな多部ちゃんは、他の誰よりも人間的な華があって、知性に溢れた女優だと思います。

そこに尽きますね。世評の「華がない」ってのは、そういう視点での評価ではないですから、「華がないのに何で主役が続いてるの?」っていう声が多くなるほど、多部ちゃんが多部流のいい仕事をしていることのバロメーターなんじゃないでしょうか。
【2012/03/06 00:00】 | Deep Purplin #5I3Trcm2 | [edit]
うーーーーん。「ヒノキオ」を観た時は本当に衝撃を受けたし、とんでもない新人が出てきたなと思ったけど、個人的に今はちょっと多部さんの魅力が薄れたなあと言う印象です。「ジウ」辺りから観ていてオーラを感じないし。「デカワンコ」の本編までは多部さんを観ていて楽しかったんだけど。「デカワンコ スペシャル」も何しにフランスに行ったんだっていう感じだったし。フランスで捜査・探偵的な事をやるのかなあと思っていたら全然違ったので観ていて「おいおい。」と思ったし。最近家でも多部さんの話はしないしね。井上真央さんや宮崎あおいさんや原田知世さんや尾野真千子さんの話はよくするけど・・。

今話題の尾野真千子さんは「カーネーション」で一気に株を上げたなと思います。こんなにオールラウンダーな女優さんなんだなあと改めてびっくりしました。最近ドラマ「Mother」の再放送していたので少し観ましたけど。ここ10年の朝ドラで一番存在感を放ったヒロインだよなと思います。それだけにバトンタッチは残念でしたが・・・・しょうがないですね。ここまで来たら夏木さんに頑張ってもらうしかないので。とりあえずここまで来てリタイアするわけにいかないし。(尾野さんに失礼だしね。)
【2012/03/06 11:16】 | F・A #- | [edit]
>スタッフの狙い通りの演技をしたということだと思います

まさにその通りですね。
今日、2回目を観て来ましたが、期待通りって感じがします。

>カワイイだけじゃできない主役のオファーが続くんじゃないでしょうか

まったく。オトナになったじゃりン子チエと、家光ですからねw

>育ち盛りの多部ちゃんにとってもいい栄養ですね

確かに。舞台は映像のイメージはまったく意識する必要ないですから、開放感があるかもしれないですね。

>多部流のいい仕事をしていることのバロメーターなんじゃないでしょうか

うんうん、今日のコメントはうなずくばかりですw
さすが!!
【2012/03/06 22:38】 | yamarine #- | [edit]
>「ヒノキオ」を観た時は本当に衝撃を受けたし

当時、あのインパクトの洗礼を受けていたら、そうかもしれないですね。

>オーラを感じないし

私は、オーラを消すのもうまいなぁって思ったんですけどねw

>何しにフランスに行ったんだっていう感じだったし

私は、ああいうお遊びも好きですよw
多部ちゃん的には、最高だったって思っています。

>今話題の尾野真千子さん

私はデビュー作も含め、河瀬監督の作品に出た彼女は全部観ていますが、何といってもすごかったのは、『火の魚』ですね。

多部ちゃんと同様で、どんな役をやっても申し分ないですね。
私は基本朝ドラは観ないので、『カーネーション』に関してはコメントできません。スミマセン。
【2012/03/06 22:59】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1001-c59fac1b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫