“ ももクロ 女祭り ”

 2012-03-19
ももクロの最新作『ももいろクローバーZ 女祭り 2011』というタイトルのDVDを観ました。

ももクロは、2010年クリスマスのはじめてのホールコンサートは日本青年館で千人の動員でしたが、昨年10月の女祭りと1週間後に行われた男祭りが千人づつ、それに続く12月クリスマスの埼玉スーパーアリーナが即完売で約1万人と、1年で10倍の動員をするぐらいすごい勢いになってきました。


昨日は休みで、アマゾンから届いて、約3時間半ぶっ続けで、嫁さんと一緒に観ました。

私は、スタンディングでライブを観るのは、もうとてもムリなんでビデオで十分ですw


もともと洋楽派なんでアイドルグループにはほとんど興味がないのですが、ももクロを気にし出したのは、1年ぐらい前にミュージック・マガジンで絶賛されていて、youtubeで見てからです。


どこに惹かれたかと言うと、曲や歌はまあまあといったところですが、アイドルの振り付けとは思えないヘンテコな、あるいはアクロバチックなダンスを全員が全力でやってる姿ですね。

とにかく一生懸命、ひたむき、それでいて、自分たちの立ち位置について自虐的なところなんかにも魅せられました。

多部ちゃんと同様、私が好きなワン&オンリー感が漂っていますw


ライブは、CSで結構放送されていて、ほとんど観ていますが、なんと言ってもアイディアがユニークで面白いです。

今回の企画も、ももクロしか考えないだろうなって思ったのが、男子禁制、女子禁制っていうアイディアですね。


全国の電気屋さんの店頭でのライブからスタートしてるももクロの主たるファンは、AKBなんかと共通するような、ややオタクっぽい男子だと思うのですが、いまや多く女性の心も掴んだということで、こういうプランを企画したと思うのですが、それを実行する、そして完売するのが痛快です。

私は「男祭り」は買っていませんし、買うつもりはありません(笑


なぜ女祭りを買ったかと言うと、女の子のアイドルグループが全員女子のファンの前でどういうライブをし、トークをするかに興味があったからです。

まあ、内容としては、女子だけの悩みに答えたり、ファッションショーを3回やったりということなんですが、個々のメンバーのアップや個性も見えて、期待通り楽しめるのものでした。


ライブの総時間が、いままでで最長になったそうですが、DVDの内容は最初から最後まで充実しています。


グループ内の好みを言えば、リーダーの百田夏菜子ちゃんが元気イッパイで一番好きなんですが、次が玉井詩織ちゃんですね。

でも、中3から高3までのメンバーは5人とも個性がバラけていて、感じのいい子ばかりです。


このグループは、生で観るか、DVDでライブ全体を観ないと良さはわかりにくいですね。

大好きなメジャーデビュー曲「行くぜっ!怪盗少女」をリンクしておきますが、テレビ番組で、しゃべりや1曲聴いただけでは、残念ながらそのスゴさは伝わらないと思います。


来月、今度は埼玉スーパーアリーナのライブが初のBRで出るので、CSでもう観たのですが、買うか否か迷っています(笑





タグ :
コメント
「アイドルなんて好きになると思わなかった 僕の気持は予想外」だったわけですね。

コンサートは現地観戦派ですね。DVDでも楽しめなくはないですが、会場の空気感や熱気、MCの伝わり方、演出などは生の方がより感じられるから。まぁ~DVDやBR等では、カメラワークを楽しめると言うのもありますが、当たり外れがあるんですよね。

オールスタンディングで、2時間以上だと、さすがに疲れます。一方、全席指定なら、別に、周りに釣られて立ち上がることはしなくても良いですが、MCごとに座って、また立つと言うのは面倒なんですよね。
【2012/03/20 17:17】 | 高之 #HdXTMQ3I | [edit]
アイドルなのかアーティストなのか、若いうちは判断が難しい人もいますからね。

コンサートは現地観戦がベストなのは間違いないですね。
でも私は座っても観れるのでないと行かないですが・・・w

DVDは、いい出来のやつは何回でも楽しめるという利点があるとは思います。
【2012/03/20 21:01】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1015-64a75846

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫