“ 一意専心 ”

 2012-04-17
これは、みなさんもよくご存知、あの甘玉堂の家訓ですね。

多部ちゃんも何回もとなえていました。


私は、多部ちゃんの仕事ぶりを見ていて、この言葉が頭に浮かびました。

そう、まさにお芝居の道に“一意専心”ということですね。


女優と名乗っている人でも、タレントみたいにバラエティや司会、CMなど何でも稼げるときに稼ぐぞという感じで仕事をしている人は多いですね。

で、女優としての実績はっていうと、以前にほんの数回ドラマに出たことがあるぐらい、それでも職業は女優で通るのですからちょっと不思議な感じもします。


現役女優とか、過去女優とか、代打女優とか、そういう分け方はしないですから、肩書きを見て、この人女優なのって人が大勢います。

そんな世界で、主演を張れる女優というのは、星の数ほどいるスターの中でも一級のスターってことになります。


『つばさ』以降の多部ちゃんを見てると、その実力に人気のほうが追いついてきて、いろんな仕事のオファーがあると思うのですが、とにかく役者としていい芝居をするということをひたすら追い求めている姿がたまらないのですね。

世間では、多部ちゃんのことをカワイイだの違うだのとにぎやかですが、彼女の本業は役者であって、アイドルでもタレントでもないのですから、そこを勘違いしたような論議はムダなことです。


多部ちゃんはホンモノの女優ですから、測る尺度は、あくまでも存在感、演技力、表現力なわけです。


だから多部ちゃん自身が、余計なことを考えず、ドラマや映画や舞台に専念しているので、演技力で多部ちゃんを評価する人が着実に増えているのはうれしいですね。

事務所の姿勢も、あくまでも本業の芝居でお金をとれることを第一に考えていますから、それに期待以上の結果を出してきた多部ちゃんはすばらしいと思います。


今後も、どんなにビッグになって、万が一バラエティ慣れしたとしても、番宣以外のバラエティは出ないで欲しいと思いますし、CMもむやみに多くしないで、もっぱら“女優道”に一意専心で取り組んでいって欲しいと願っています。




タグ :
コメント
>多部ちゃんはホンモノの女優ですから、測る尺度は、あくまでも存在感、演技力、表現力
多部未華子さんのファンにおっさんが多い(ような気がする)のは、その辺に理由がありそうな気がします。
ホンモノを求めてる人間の期待に応えてくれている、応え続けてくれている稀有な女優さんだからこそ、私たちをこんなに夢中にするのではないでしょうか。
私もバラエティーのひな壇に座る多部未華子さんはみたくありません。まして芸に値打ちのない芸人や、無節操にテレビの世界を飛び回っているようなタレントさんたちに、無神経にイジられるという状況には堪え難いものがあります。(たとえご本人がそれをいやがっていないとしても)
おっしゃるとおり、そういう場からは極力距離をおいていただいて、“一意専心”に女優業に専念できるような事務所の配慮を願っています。
番宣に出る多部未華子さんに、なんともいえぬおかしみ、魅力を感じる私ですが、先に書いたようなこともあることを考えれば、それすら出ずともいいんじゃないかと思ったり。
【2012/04/18 02:02】 | gonbe5515 #mdgUF9TI | [edit]
>ホンモノを求めてる人間の期待に応えてくれている

まったくその通りですね。
人生経験を積んだ人が見れば、自然とわかるでしょうね。

>女優業に専念できるような事務所の配慮を願っています

多部ちゃんの事務所は、その辺は十分に心得てやってきてると思いますよ。
宮崎さんを見てもねw

>それすら出ずともいいんじゃないかと思ったり

まあ番宣は、出た作品の宣伝のためですから、しょうがないんじゃないですかw
たまに、素の多部ちゃんのいい表情が見れますからね。
【2012/04/18 20:45】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1044-df29ad07

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫