“ 多部ちゃんの涙 ”

 2012-06-10
今日、いつものように『サロメ』終演後ぐらいにツイッター検索をしてビックリしました。

七つのヴェールの踊りの直後に、音響トラブルで5分間中断したそうですね。


こういうことは、多分非常に珍しいことなんだと思いますし、原因は何なのかということはありますが、一番大切なことは、いかに速やかにリカバリーをして、盛り下がったお客さんの気持ちを、再び盛り上げて、最後は満足をしてもらうことができるかということだと思います。

起こってしまったことはしょうがないですからね。


で、今日も終演後に多くの人がつぶやいてますが、よく立て直して最後まで見事に盛り上げたとか、逆に多部ちゃんの凄さを見られたとか、七つのヴェールの踊りを2回観られてお徳だったとか、カーテンコールで唇を真一文字に結んで涙していた多部ちゃんに感動したとか、多部ちゃんの潔い対応にもう大女優だと思ったなどなど、むしろ感動の声が上がっています。

そういうツイッターの声を見れば今日観た多くの方がそれに近い印象を持ったのだろうと思いますので、まさに災い転じて福となす、じゃぁないかと思います。


実際に何が原因で、どんなことが起きたかについては、route225さんが詳しく書いていますので、それを読んでいただければ、ある程度想像がつきます。

いろんな要因があると思いますが、崖っぷちから見事に挽回したことを高く評価したいですね。


中断までのサロメが憑依した多部ちゃんが、中断後は女優・多部未華子として全身全霊を込めて演じたように見えて感動したというつぶやきもありましたが、変にごまかさずに、素直に謝って、再開したという姿勢が多部ちゃんらしくていいですね。

このことは、後々も語り継がれることになるのでしょうね。


ただ、体にはくれぐれも気をつけて、無理をしないでガンバって欲しいと思います。


多部ちゃんにとっては、今日のことは苦い思い出になるかもしれないですが、得難い経験だったと思いますし、一皮も二皮も剥けて、残りの公演はますます凄みが増してくるような気がしています。




タグ :
コメント
実際ご覧になっていないとこればかりは判らないと思いますし見た人によっても印象は違うでしょうけど私が目にした限りで言えば決して得がたい経験と言うようなことではなく,もっとずっと深刻な事故でした.問題の本質は音響トラブルではなかったと思います.
【2012/06/10 23:11】 | route225 #EzawWKHI | [edit]
>得がたい経験と言うようなことではなく

言い方が誤解を招くかもしれないことは承知してますが、今回の経緯のすべてが後になればそう思えるのではないかと思っています。

>もっとずっと深刻な事故でした

確かにそうなのかもしれないですね。
そういう点は、演出面で若干の手直しも必要なのかもしれないですね。
【2012/06/10 23:26】 | yamarine #- | [edit]
昨日(9日)サロメを観劇してきました!

ワクワクしながら久しぶりにブログを拝見させて
いただこうとしてましたが・・・

route225さんのブログをみる限り、深刻な状況みたいですね(・・;)
この後の舞台に響かないといいですが。

いや、私もyamarineさん同様、多部ちゃんならこれを逆手にさらに盛り上げて
くれると思います!

何より怪我が無いことを祈ります。。。
【2012/06/11 02:12】 | オタベ #- | [edit]
え~っと、今からちょっくらひとっ飛びして来ますね。
行き先は東京、目的は…言わずもがな、ですねw
よもや自分の観劇の日が、そんな事があった翌日とは…代役なんて事は無いですよねぇ~

ちょっと心配ですが、昨日の出来事が何事もなかったかの様な演技を期待してます!
【2012/06/11 07:19】 | Is #- | [edit]
>昨日(9日)サロメを観劇してきました

観られましたか!!
よかったですねw

>深刻な状況みたいですね

今日の公演の様子だと大丈夫そうですよw

>これを逆手にさらに盛り上げて

そうですね。
多部ちゃんのことだから、ラストスパートに向けて、気合いを入れてることだと思います。
【2012/06/11 18:54】 | yamarine #- | [edit]
>今からちょっくらひとっ飛びして来ますね

ワオッ!!
ついにたまらず南の島から参戦ですかw

スゴイスゴイ、多部ちゃんの力!

>何事もなかったかの様な演技を期待してます

まさにそのとおりになったようで、よかったですね。
でも、いろんな想いを抱いての緊張感溢れる初多部ちゃんは、一生の思い出になりますねw
【2012/06/11 19:01】 | yamarine #- | [edit]
最後のあの演出が可能だということは、あの舞台はゆるーい傾斜があるはずですよね。(見学会のときには、舞台の途中案として、あんなところで演じたら酔ってしまいそうな傾斜のものもあったぐらいですから。)

しかも舞台の先っぽの一段低いところの手前に出っ張りはないのに、その手前でアレがうまく止まるのが不思議なのですが、逆の傾斜がつけてあるかなんかしてあるんでしょうね。

それでもって滑りやすいわけですから、間違って何回か転がったら...という恐れは確かに。だからこそ、注意は払われていたはずなのでしょうが。

サロメ計画で訪れた「とっておきの場所」は、寝不足だったせいか、腰掛けるとき半端なく怖かったです。ヘッピリ腰で、重心を後ろにキープしていないと落ちそうで、落ちそうで。撮影のときはもしかしたら、下に何か引いていたのかもしれませんが、二人の演技のようにサッとは座れませんでした。

そんな何かが起こらなければ、観る者は気づくことのないギリギリの状況のもとで、演技が届けられていることに、すべての作品、一回一回の公演へのリスペクトの気持ちを新たにしました。
【2012/06/11 21:38】 | Deep Purplin #5I3Trcm2 | [edit]
>注意は払われていたはずなのでしょうが

それは、当然のことですね。

ですが、ああして起きてみないとリスクが見えないということでしょうね。
まさか音響トラブルという予想外の出来事が歯車を狂わせるとは想定外だったということですね。

でも、あれぐらいで済んでよかったと思います。
多部ちゃんとしては、中断は痛恨の極みだったと思いますけどね。

>腰掛けるとき半端なく怖かったです

そう言えばそうでしたね。
高所恐怖症ですか。
スポーツマンのDeepさんが・・・、意外でしたw

>すべての作品、一回一回の公演へのリスペクトの気持ちを新たにしました

まったく、その通りですね。
全力少女な多部ちゃんに敬服です。
【2012/06/11 23:48】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1103-558ebf01

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫