“ 大事なことはそこにはない! ”

 2012-06-30

多部ちゃん探偵団の開始まで、あと2日となりました。

いまちょうどブランチの多部ちゃんを見ています。また前髪が短くなっていますが、フタバ仕様のヘアスタイルなんでしょうか。


このところ予告を観た人のつぶやきが増えていますが、楽しみって言ってる人と同じぐらい、多部ちゃんの関西弁がおかしいって言う声があります。


予告は、目立つシーンやセリフを誇張してピックアップしてあると思いますから、そういう第一印象を持つのもしょうがないかなって思います。

マイナスの感想を持ってもらって、実際はどうなんだろうって、観てもらうキッカケにもなりますから、ドンマイですね。


ワンコだって、予告ではどうなるのだろうって感じでしたしねw


大事なことはそんなところにはないんですよね。

多部ちゃんも言っていましたが、そういう上っ面のことに拘泥しないで、ドラマとしてどうなんだということが大切なことは当然ですね。


NHK教育で以前やった山田まりやさんみたく関西の人がやったら、違和感を感じないか、まあ関西人がやってるから許せるかなってなると思うんですが、関東出身の多部ちゃんがやれば、賛否両論、百花繚乱、にぎやかになるのはしょがないことですね。


ナゴヤ弁も、いろんな取り上げられ方をしますが、地域間の違いは大きいですし、金さん銀さんみたいな方言をしゃべる人は、下町のほうの年配者ぐらいかなって思います。


ごくたまに名古屋を舞台にしたドラマでナゴヤ弁をしゃべってることがありますが、ちょっと違うんじゃないってことがほとんどですね。

でも、問題の本質はそこにはないし、ある程度誇張してその土地のカラーを出すのは悪くないことだと思います。


とくに、コメディっぽい味付けの作品であれば、オーバーな表現は大いにありですね。


まあ、第1話を観れば、そういう懸念は吹っ飛ぶと思いますが、ドラマのキモは、しのぶセンセと子供たちや刑事たちとの面白おかしい絶妙なやり取りが醸し出す人情味と事件の顛末だと思いますから、上っ面にとらわれないで、楽しんで観てほしいものだと思います。




タグ :
コメント
>しのぶセンセと子供たちや刑事たちとの面白おかしい絶妙なやり取りが醸し出す人情味と事件の顛末
そうですね。第一話が楽しみです。
私がリアルタイムで多部ちゃんのドラマを見るのは、「ジウ」からでしたので
さかのぼってネットとか調べたときの、「デカワンコ」の前評判の低さには笑ってしまいました。
もうイロモノあつかい、というか、多部ちゃん仕事選べよくらいの勢いで・・・
「黒歴史」となる、といった記事もありました。
でもそれをひっくり返す「デカワンコ」の健闘ぶり、多部ドラマのクオリティを証明してくれました。
だから、ずべては第一話をみてからですね。

大事なものはそこにない・・・その通り!(笑)
関西弁がどうとか、キャストがどうとか関係ない。
そのドラマ自体が何を醸し出してくれるかですよね。
【2012/06/30 16:33】 | もりあて #ZVW275lE | [edit]
>「デカワンコ」の前評判の低さには笑ってしまいました

そう言えば、そうでしたね。
今回も、お子様向けっぽい雰囲気もあるし、同じような前評判かもしれないですね。

>「黒歴史」となる、といった記事もありました

観る前から、そういう否定的なことを言うのはファンとしてどうなのかなって、私なんかは思うのですけどね。
そんなひねた考え方では、人生つまらないと思います。

>多部ドラマのクオリティを証明してくれました

私は、今回も確信していますよ。
多部ちゃんは、きっとやってくれますw

>そのドラマ自体が何を醸し出してくれるかですよね

まさにそこですよね。
バッチリでしょうw

【2012/06/30 20:48】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1124-9cf81f32

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫