“ 多部ちゃんの中間決算 ”

 2012-08-31
超多忙な今年の多部ちゃんも、残すところ舞台『ふくすけ』の13公演と『大奥』の3ヶ月間強の撮影だけになってきました。

とはいっても、京都で時代劇連続ドラマを撮るというのは、はじめての経験で、いろいろと大変だろうと思いますが、堺さんとの共演など楽しみも多いでしょうね。


そこで、8月末なので、気が早いですが、今年の中間締めをしてみたくなりましたw

『大奥』という、多部ちゃんの今までとはまた違う代表作になると思われる今年のトリを飾る連ドラを観る前に、確認をしておきたくなりました。


今年のいままでの仕事の内容は、1月から4ヶ月弱の『浪花少年探偵団』の撮影、6月公演の『サロメ』の稽古と本番、そして『ふくすけ』の稽古と東京公演ですね。

『ふくすけ』の大阪公演は油断しないで、流れに乗っていけば問題ないでしょうから、気分的には、いよいよオーラスの『大奥』というところでしょう。


で、今年の多部ちゃんを振り返ってみると、連ドラが2本、舞台が2本とまさに大車輪の仕事っぷりです。

さらに撮影は昨年ですが、映画『ライアー・ゲーム』は今年の公開でしたから、世間への露出はこれ以上ないぐらい充実した年でした。


おまけとして、感動したのは、清竜人くんとのデュエットソング『雨』です。

これは、多部ちゃん史上、歌の関係では今のところ最高峰のすばらしさですね。


昨年『デカワンコ』を成功させ、『ジウ』でも黒木さんと主演を張り、年齢的にもここらで一気呵成にという戦略があったと思いますが、多部ちゃんの凄いところは、映像以外に舞台を2本も入れたということでしょうね。

しかもその舞台が『サロメ』と『ふくすけ』っていう考えられないようなラインアップw


普通、映像中心の女優なら、連ドラ2本、映画1本やれば十分ですからね。


舞台というのは、じかに観られるのは一部の人ですが、自分を磨くことや話題性という点では映像では得られないようなメリットがあります。

『つばさ』以降、仕事に貪欲な多部ちゃんは、スケジュール的な無理がきくのなら、あれもこれもやってみたいという意欲に満ち満ちてるのでしょうね。


ということで、、今年の多部ちゃんの仕事っぷりを勝手に採点してみました。

テレビドラマの評価は主演2本(たぶん大奥も)で、A

映画の評価はヒロインなんで、B

舞台の評価はもちろん、A


トータル評価は、AABということで、これだけ充実した仕事っぷりは、他の女優を見てもそうはいないですね。


まさに、今年が1回目のピークってことだと思います。


多部ちゃんは、長年かけて地道に実績を積み上げてきましたからハデさはないのですが、女優としての仕事のクオリティを見ればいま一番乗ってる一人であることは間違いないと思います。

そして、そのことを『大奥』によって、さらに広く世間に知らしめることになるのではないかという予感がします。


まさに躍進の2012年を締め括るのにふさわしい仕事になるでしょうね。


それにしても、エキストラで参加している多部ブロッガーがうらやましい~~(笑





タグ :
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/09/01 02:10】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1188-1537d9d5

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫