“ ジェフ・ブリッジス ”

 2012-09-06

先日、久しぶりに書いた映画の記事が好評でしたので、これからはちょこちょこ書こうかななんて思っています。

そこで、早速ですが、今日は、昨日観た作品が良かったので、またお勧めしたいと思いますw


タイトルに書いたように、ベテラン俳優ジェフ・ブリッジスの主演作品です。

作品名は、『トゥルー・グリッド』です。


それと、10日ほど前に観た作品も、ジェフ・ブリッジス主演でなかなか良かったので、2本まとめての紹介です。

そちらの作品は、『クレイジー・ハート』といいます。


どちらもアカデミー賞にノミネートされた作品ですからご覧になった方もいると思いますが、なんせ私はWOWOWで録画したのを数ヶ月位溜めてから観てますので、その点はご容赦を願いますw


ジェフは、満1歳のときに俳優デビューしてから、21歳のときの『ラスト・ショー』で注目され、現在私より2歳若い62歳で、多くの作品に出て、アカデミー賞ノミネートは何回もあるのですが、長く受賞できなかったので、過小評価されてる俳優ランキングのNo.1だったそうですw

今日、紹介する2009年の『クレイジー・ハート』で5回目のノミネートをされて、やっと主演男優賞を受賞をしたということです。


私は、この俳優は、『ラスト・ショー』以外に、『天国の門』『スターマン』『フィッシャー・キング』などなど、結構観ています。


さて、まずは『クレイジー・ハート』ですが、これはかつて人気があった老いぼれがかってるカントリーシンガーの話です。

酒に溺れて結婚と離婚を繰り返すという自堕落な生活を送っている57歳のミュージシャンのバッドのもとにある日、若い女性ジャーナリストのジーンが訪れ、ジーンとその息子バディと共に過ごす時間を通して、バッドは少しずつその生き方を変えていくというような話です。


大雑把に言ってそんな感じですが、時に面白く、時に切ないジェフの老いぼれぶりがすばらしいです。まさにハマリ役です。

再起に向け、バッドの弟子とも言える、人気ミュージシャン役のコリン・ファレルが手助けする話もいいです。


ラストも日本映画と違って、有りがちじゃない落とし所にシビレました。


もう1本の2010年作品『トゥルー・グリッド』は西部劇です。

昔、ジョン・ウェインが主演した『勇気ある追跡』という作品を、あのスピルバーグのプロデュース、コーエン兄弟監督でリメイクした作品です。


これは、西部劇によくある追跡劇ですが、やっぱり保安官コグバーン役のジェフのグダグダ感がいいですw

父親を殺害された14歳の少女マティが、コグバーンに金を渡して、先住民居住地に逃げ込んだ犯人を捕まえるよう依頼をするのですが、その道中の話が秀逸です。


マティ役のヘイリー・スタンフェルドは、ちょっと蒼井ゆうちゃん似の女の子ですが、乗馬がうまいですし、キリッとした表情はなかなかいいです。

多部ちゃんの『つばさ』の台風でのシーン以上にインパクトのあるお勧めのシーンもありますw


ラストもグッとくる仕上げで、大変満足をしました。



さて、先日お勧めした『瞳の奥の秘密』のかわたべさんのレビューが今日アップされました。

大雑把な私より、面白く興味深いレビューですので、関心のある方は、ぜひご覧になってくださいw





タグ :
コメント
これも観なくちゃいけませんねぇw ジェフは息長く幅広い役者さんなので、ある程度洋画が好きな人なら色んな作品で顔を見てますよね。

僕はカート・ラッセルとよく見間違えてw、ジェフが『アイアンマン』で悪役をやった時も最後までカートだと思い込んでましたw

共に二枚目過ぎないところが好きですw
【2012/09/07 08:30】 | かわたべ5678 #JEWgu.KM | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/09/07 18:02】 | # | [edit]
>これも観なくちゃいけませんねぇ

いやいや、気が向いたらでいいと思いますよw

>カート・ラッセルとよく見間違えてw、ジェフが『アイアンマン』で悪役をやった時も最後までカートだと

ああ、確かにすぐにはジェフだと確信できないですね。
『アイアンマン』は観ていませんw

>共に二枚目過ぎないところが好きです

そう、実にいい味をだしますね。
【2012/09/07 21:12】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1194-f5ccdbd2

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫