“ 二匹目のドジョウ ”

 2012-09-15
『浪花少年探偵団』は、視聴率が低迷する中、二匹目のドジョウを狙ったけど、二番煎じに終わったというような見方をする人もいます。

何の二匹目かはわかると思いますが、『デカワンコ』ですね。


『デカワンコ』は、視聴率は飛びぬけてということではなかったですが、はじめて主演する女優のドラマとしては上々だったし、なんと言っても花森一子のトリッキーなキャラが評判を呼びました。

しかも、それを演じたのが、どちらかというとスクエアで大人しいイメージの多部ちゃんでしたから、なおさらインパクトは大きかったですね。


もちろん、多部ちゃんの卓越した演技力があったからこそ成立したキャラクターであり、ドラマに生命が宿ったのだと思います。

『浪花』を企画したプロデューサーは、多部ちゃんであれば、原作のしのぶセンセを、そこにいるかのようにイキイキと演じてくれるに違いないと考え、二匹目のドジョウを目論んだのだろうと思います。


実際その通りに、多部ちゃん演じるしのぶセンセは、大阪弁にイチャモンがつくぐらいで、あとは申し分ないですね。

大阪弁だって、どんどんこなれてきて、脇の人に比べたらリッパなもんです。


だから、二匹目のドジョウをゲット出来なかった原因は、それ以外の要因にありますね。

もう、そのことはいままでにクドクド書いてきましたから、ここでは触れません。


複合するいろんな要因で、残念な視聴率で推移していますが、二匹目を狙った目論みは勝ちでもなく負けでもなくドローだったと思います。

そして、演じた多部ちゃんにとっては、挑戦し甲斐のあったいい企画だったと思います。


いよいよ明後日が最終回、なんだかんだ言っても、逆風の中、全12回完走は勲章ですね。

この際ですから、『デカワンコ』の画期的とも言えるクロージングのように、ハッチャけ、ぶっちゃけのフィナーレを期待をしています(笑



さて、『大奥』の男装の多部ちゃんを観ました。

凛々しくて、生意気そうで良かったですねw

堺さんとの肌着のやり取りや、「心構え」って言ったのに対して「嘘だ!」って言われてたのが面白かったです。

まあ、ほんのサワリっていう感じで、早く美しい家光を観たいですねw





タグ :
コメント
いま「梅ちゃん先生」で高視聴率を獲得してる堀北真希も「鉄板少女アカネ」では打ち切りの憂き目に逢ったりしているのですから、主演俳優の人気や実力と視聴率とが必ずしも相関してるわけではないと思います。
やはり実力だけでは駄目で、数字の獲れる作品と出合う「運」も大事かもしれませんね。
【2012/09/15 23:07】 | てつ #- | [edit]
逆風ならぬ台風の中、最終回を迎えそうです。
明日の夜には抜けると思いますが、停電だけが気がかりです。
【2012/09/16 07:20】 | Is #- | [edit]
>堀北真希も「鉄板少女アカネ」では打ち切りの憂き目

そうなんですか。
私はあのコは、えらい注目されて出てきた『野ブタ』と『クロサギ』は観ましたが、その後はもう見る気がしなくて・・・、その辺の時期ですよね。

>実力だけでは駄目で、数字の獲れる作品と出合う「運」も大事かもしれませんね

最近はそういうのが顕著になっていますね。
初回は、役者の人気が多少影響するけど、あとは作品の出来次第ですね。
『大奥』は期待をしていますw
【2012/09/16 11:24】 | yamarine #- | [edit]
>逆風ならぬ台風の中、最終回を迎えそうです

いま真っ只中ですかね。
お気をつけください。

もし、停電で観られなかったら、教えてくださいね。
【2012/09/16 11:29】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1203-df7032a4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫