“ クリーンヒット! ”

 2012-10-14

初回の多部家光は、短い登場時間でしたが、動き、表情、セリフともインパクトがありました。

特に、有功を追い詰める、畳み掛けるセリフにド迫力がありましたね。


その脚本を書いてるのが、神山由美子さんです。

そう、『対岸の彼女』の脚本を書いた方ですね。


神山さんは数多くの脚本を手掛けてますから、その中で『対岸』はそれほど大きな仕事ではないのかもしれません。

でも、たぶん非常に印象に残る作品だったのではないかと想像します。


それは、極めて印象的な多部魚子の演技によるものが大きいと思います。

登場とともに、画面の空気を多部カラーに変えてしまったあの自然な演技、一瞬にしてもってかれた人は大勢いますね。


そんな神山さんが、今回脚本を書くに当たって、多部ちゃんのことは大きなアドバンテージとして、一所懸命頭をひねったのではないかと思います。

初回でも、微妙に原作とは違う部分がありましたが、映像作品としてより良いものを作るために、アレンジをするのは当然ですね。


だから、これからどんどん盛り上がる家光のシーンで、神山さんが多部ちゃんを想い浮かべて書いた彼女にしか表現できないようなセリフや表情がとても楽しみです。

堺さんもどんなに難解なセリフを与えようが、見事にキャッチして、投げかえすことは、『リーガル・ハイ』で見事な作品として実を結びました。


今回は、神山さんの直球やクセ球を多部ちゃんがどのようにかえすのかが、興味深いですね。

神山さんのひねりにひねった球を、あっさりクリーンヒットしてしまう多部ちゃんがいまから楽しみですw



今日は、久しぶりに目撃情報があります。
河原町と京都駅のローソンだそうです。

どこでも無防備な多部ちゃん、大変な撮影の合間に、一人歩きですかね。

せいぜい、京都の秋も楽しんで下さいw









タグ :
コメント
『対岸の彼女』の脚本は原作者の角田光代さんも 大分ほめてましたね。

『大奥』の第一回 画質は悪いのですが 某サイトで見ました。
お殿様姿の多部ちゃんの方がちょとだけ写ったお姫様姿よりも魅力的だと思いました。
少女(少年)ぽいからかな?

ところで前に yamarineさんのご意見を伺ったセレンソンデラックス魁を 見ました。
結構良くできてるなと思いました。
最初はヤンキー魂と老人魂の宅間さんを見てるのはちょっとアクが強すぎて苦痛という感じでしたけど。
多部ちゃんのシーンはいろいろ面白いとおもいました。
浴衣のシーンは あれだけ色っぽいシーンはこの後 キスシーンを含めても 今のところないのでは?
【2012/10/15 01:46】 | NewYorker #zj.PrEZc | [edit]
>河原町と京都駅のローソン

うお~~~!
あ、あそこかあ!

なじみ深いところでの目撃情報は悔しさが倍増しますね。

【2012/10/15 20:41】 | gonbe5515 #mdgUF9TI | [edit]
>お殿様姿の多部ちゃんの方がちょとだけ写ったお姫様姿よりも魅力的だと思いました

あー 確かに、多部ちゃん独特の無敵の一側面ですもんねw

>結構良くできてるなと思いました

宅間さんらしいヒネリで、あんな作品に出たのも貴重な経験ですよね。

>浴衣のシーンは あれだけ色っぽいシーンはこの後 キスシーンを含めても 今のところないのでは

そう言われてみれば、そうかもですね。
もう一回観てみますw
『大奥』では、それを越えて欲しいですねw
【2012/10/15 21:01】 | yamarine #- | [edit]
>なじみ深いところでの目撃情報は悔しさが倍増しますね

なるほど、そうですね。
僕でも、サカエに多部ちゃんがいたっていったら悔しくてしょうがないですからねw

マネージャーと一緒に、四条河原あたりをブラついていたみたいですね。
【2012/10/15 21:43】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1232-24b3878c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫