“ 必殺合わせ技 ”

 2012-11-10
まだ昨夜の上様キックの余韻が醒めませんw

弟3話以降、後を引く感が半端じゃないですね。


昨日の多部ちゃんは短いシーンですが、一連の流れが実に美しかったです。

まさに多部ちゃんの冷静で安定した演技のなせるワザだと思います。


あのシーンはワンカットで撮ってるように見えますが、あれを本番1回で撮ってるとしたらスゴイなぁって思いました。

あれだけ緊迫感があって、感情の抑揚をあらわすシーンは、演出家冥利につきるだろうなって思いますね。


多部ちゃんはあんなシーンでも、本番前は賑やかに雑談なんかしていて、本番の声がかかったら、一瞬にして変貌するのでしょうね。

演技力と容姿を買われて捨蔵を好演した窪田くんは、多部ちゃんと同い年ですが、さぞかし女優多部未華子の真髄を見せつけられて、ビビッと来たんじゃないでしょうかw


なんと言っても昨日のハイライトは、多部蹴りと、多部睨みの必殺合わせ技ですね。

いっぺんにこの二つを出させる必然性のあるシーンというのがスゴイですw


だから、クライマックスに向けて、序盤からもろもろのエピソードが積み上げられていました。

そのなだらかな助走に応えるにたるスーパーインパクトシーンだったと思います。


そして、その後に有功の心の破綻を巧みに描くという見事な脚本と演出だったと思います。


多部ちゃんの蹴りは、『ルート225』、『西遊記』に続くものですが、エリ子のいたずらっぽいキックや玲美の回し蹴りは想定の範囲ですが、家光のは怒りが炸裂したド迫力で、気の弱い人ならビビってしまうような見事な蹴りで、なかなかドラマではお目にかかれない貴重なものでしたね。

多部ちゃんは、太ももが見えようが、形相が凄いことになろうが、お構いなしに容赦ないキメ打ちをしますから、怖がっていた人も結構いたようですw


それぐらい魂のこもった演技だったと思います。

まさにリアルアクトレス、多部未華子ここにありということですねw



ところで、みなさんご覧になったと思いますが、志村どうぶつ園のミカコちゃん、カワイかったですねw

長く待たされただけの価値はありました。

ちょっと新鮮なヘアスタイルもシャツの柄もコハクと一緒にいる多部ちゃんはサイコーです。

コハクを肩に乗せてる多部ちゃんにナウシカをやって欲しいという声が上がってました。

シカつながりってことでどうでしょう・・・・、宮崎さんw

実写版ナウシカは多部ちゃんにしかできません。

すばらしい作品になると思いますよw





タグ :
コメント
リアルアクトレス!
すごくぴったりの言葉ですね.

多部さんの演技ですきなところの一つに
yamarineさんのいう
「太ももが見えようが、形相が凄いことになろうが、お構いなし」
というところがあります.
ばっとそういう感情に入るところがすごいさすがリアルアクトレスです.
【2012/11/11 00:45】 | 40代のおかん #- | [edit]
>すごくぴったりの言葉ですね

ありがとうございます。
こっちをタイトルにしようか迷いましたw

>お構いなし

仕事なんだから、ためらうことなんかないわってことなんでしょうね。

>ばっとそういう感情に入るところがすごい

こういうのは、最初の頃から変わらないみたいで、天性のものなんでしょうね。
【2012/11/11 10:56】 | yamarine #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/11/11 21:42】 | # | [edit]
いつもどうもありがとうございます。

放送が終わったら、オープンにしてもいいんでしょうかね。

やっぱり、どんな作品でも変わらない多部ちゃんということがわかってうれしいです。

まさに中村監督が言っていたように天才ですねw
【2012/11/12 00:51】 | yamarine #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/11/17 21:17】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1261-627eff10

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫