“ その道のゆくえは ”

 2012-11-18
以前、多部ちゃんは将来樹木希林のようになるってつぶやいてる人がいたときに書いた溜め記事を引っ張り出してきましたw

というのも、つい最近こういう記事を書いてる方がいたからです。

(なお、この記事の後の記事を読んでいたら、非常に興味深い記事がありましたw)


この方は、『大奥』での多部ちゃんの演技を絶賛していて、あと数年で樹木さんに並ぶんじゃないかともの凄い期待をされています。

そこまで高く評価されてるのは、ホントにうれしいのですが、いくら多部ちゃんでもあと数年では無理じゃないかなって思うのですね。


まあいつ頃の樹木さんかってことはありますけど・・・、

30代、40代の樹木さんなら、以外と早く追いつけるのかもしれないですねw


まあでも、何人もの方が言われるのですから、当たらずも遠からずということなのかもしれないです。

それぐらいに見事だと言うことです。


他には、小林聡美さんや田畑智子さんなどの名前をあげる人もいますが、みなさん芝居巧者ですが、お顔は若いときでもロリータという雰囲気はなかった方ばかりなんで、ちょっと複雑な感もありますw

ロリータっぽさっていうことで言うと、私はやっぱり大竹しのぶさんかなって思いますね。

もちろんお芝居だけの話であって、あんなハッチャる姿は多部ちゃんからは想像がつかないですw


顔に関して言えば、樹木さんは非常に味があるというか、一度見たら忘れられないというか、独特というか、申し訳ないけど美女の範疇には入らない方なんで、そこは多部ちゃんとは大きく違うと思うんですが、内面からジワッと醸し出す人間的深みみたいなものは共通するものがあるかも知れないですね。

もちろん、樹木さんがいまだにたくさんの作品に出て、高い評価をされているように自然体のお芝居の見事さという点については、多部ちゃんがもしあと数十年女優をやっていたら、ああいう神がかった領域まで近づくだろうということは想像がつきます。


私は樹木さんもいいですが、年をとってからは、『つばさ』でご一緒した吉行和子さんのようにいくつになっても、かわいらしさと上品さが自然とにじみ出てくるような方がいいなぁって思います。

きっと、多部ちゃんがおばあちゃんになったら、あんなかわいい雰囲気になるんじゃないでしょうか。


人間味という点について言えば、あまり樹木さんのようにはなって欲しくないと言うか、多部ちゃんにはいつまでも純真さを保っていって欲しいというのが正直なところです。


でも、最近の多部ちゃんの凄い演技を観てると、逆に彼女はいつまで女優を続けるのかなって思ったりすることもあります。

彼女の人生において女優がすべてではなくて、他の道をチョイスする可能性もあるんだろうなって、不思議と思ったりもします。


いすれにしても、たぶん私は彼女のゆくえを確かめることは出来ないと思いますが・・・w






タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1269-629c7fe7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫