“ God Made The タベチャン ”

 2012-12-20

ビーチボーイズの曲、“God Made The Radio”を真似たわけではありませんw

神様は、多部ちゃんをどのように作ったんだろうって考えていて、このタイトルを思いつきました。


それぐらいに、多部ちゃんには神秘を感じます。

生まれてからの努力もありますが、神様から授かった一定の資質がなければ、多部ちゃんが多部ちゃんになるのは不可能だと思うからです。


私たちは、みんな秀でたところと劣るところ、それぞれの個性を持って生まれていると思います。

生まれてから挽回できることもあるし、どうしようもないこともあります。


でもそれを受け入れられる人と受け入れられない人とがいますね。

それが、成長していくに従って、差がついていく部分だと思います。


もちろんそれは劣る資質については当然言えますが、むしろ秀でた資質のほうが言えるかもしれないです。

女性で言えば、優れた容貌やスタイルを誰もが欲しいと思いますが、みんなが神様から与えられて、この世に生まれるものではないですね。


でももし優れた容姿を、これ見よがしに利用して、それに依存して生きていこうとすれば、心と体のバランスが崩れていくのではないかと思います。

そういう人はゴマンといるでしょうね。


一方で、それとは真逆の人も大勢います。

多部ちゃんもその中の一人だと思います。


多部ちゃんは、もちろん容貌は美しいですが、心がそれ以上に美しいと思います。

あるがままを受け入れ、ないものをねたまない心ですね。


心の有り様が、容貌にも大きな影響を与えていくことは周知の事実ですね。

多部ちゃんの演技を観てるだけで、彼女の真面目さや誠実さ、大胆さや真摯な姿勢というものが、わかる人には伝わるのは、つぶやきを読んでるとわかります。


多部ちゃんの女性としての容姿は、いろいろとミックスされていて、そのデコボコが心に与える影響も含めて、トータルで美しく昇華されていると思います。


この心技体トータルのバランスが整ってる多部ちゃんは、もう誰にも止めようがない存在になってきていますねw



ラブホじゃなくて、ラスホの撮影は、嵐が忙しいこともあって、いまのところ撮休が結構あるようですね。

で、多部ちゃんが芝居を観にいったようです。

現在コクーンでやってる『祈りと怪物 ~ウィルヴィルの三姉妹~』という舞台です。

ケラさんが演出で、多部ちゃんの知り合いでは、生瀬さん、大倉さん、夏帆さんが出ています。

4ヶ月前には、自分が出ていた劇場で懐かしかったでしょうね。

またあの板の上に立ちたいなって思ったんじゃないでしょうかw








タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1306-dfcd3292

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫