“ 2012 自分的ベスト10 ”

 2012-12-30
私の“ザ・ベスト・オブ・多部ちゃん 2012”は、明日発表させていただきますが、その前に多部ちゃん絡みで感動した様々な事柄のベスト10を書きたいと思います。

好きな作品とは違い、自分が印象に残った今年の出来事っていう視点ですね。


そのベスト10は


1.サロメツアー

6月にタベリスト4人で『サロメ』観劇の後高崎一泊、渡良瀬遊水池、花待坂、西桐生駅、八雲神社など北関東のゴールデンルートと川越を巡ったことです。車で案内をしていただいたNABEさんに感謝ですw

2.『ふくすけ』大千秋楽観劇と懇親

8月にコクーンで『ふくすけ』を観た後、N.Y.から参戦のNewYorkerさん、D.Purplinさんと懇親を深め、9月に大坂の大千秋楽で、カーテンコールでハジける踊りを見せてくれた多部フタバ嬢を観たことです。

3.『サロメ』4回観劇と懇親

『サロメ』は『農業少女』とはまったく異質な幻想的な舞台で何回もリピートしたくなる魔力に溢れていましたが、遠方からの参戦ゆえ4回でガマンをしました。その際に多くのお仲間と会うことができました。

4.直筆メッセージ

1年がかりのファンタジーが、現実のものとなって、多部ちゃんからのメッセージが手元に届いた感動は、これまでで最高の喜びでした。
ここまでしてくれる多部ちゃんに最大級の感謝を捧げると共に畏敬の念すら感じたのが率直な気持ちです。

5.多部家光の衝撃

家光は今の多部ちゃんを最大限活かす仕事でしたね。
かつてないぐらいふり幅の大きな演技、妖艶な色気、凛とした存在感、すべてが衝撃的でした。

6.しのぶセンセのぶっ飛び

見直すとこれが家光と同じ女優かと思うようなハジけた演技、大胆なカッコウは多部ちゃんの新たなキャラとして魅力的です。

7.『サロメ』WOWOW放送

このすばらしい舞台を、自宅で繰り返し観られる喜びに感謝です。

8.『ふくすけ』WOWOW放送

まさかのWOWOW放送に感謝です。しかも修正を加えるのは最小限で、松尾ワールドが存分に味わえます。

9.ユウに感心

気負いのない多部ちゃんの好演にもかかわらず、封切り当時はヒロインとして否定的な声が多数ありましたが、レンタルや昨日のWOWOW放送では、ユウは多部ちゃんで正解という声も増えてうれしい限りです。

10. 歌声にしびれた

清竜人くんとのデュエット曲『雨』は、予想外のジャンルからのすばらしいプレゼントでした。
多部ちゃんの歌は2曲聴いていましたが、多部ちゃんの声質に合った名曲で、歌詞とともにセリフが切なくて何度聴いても感情移入していまいます。


ざっと、以上のような感動を多部ちゃんからいただきました。

本当に、多部ちゃんのおかげの充実した1年でした。



“ザ・ベスト・オブ・多部ちゃん 2012”の投票受け付けてます。

投票いただける方は、この記事のコメント欄にお願いできると助かります。





タグ :
コメント
“ザ・ベスト・オブ・多部ちゃん 2012”

ベスト1~順に・・・

①『大奥』・・・多部ちゃんの集大成。予想を上回る神がかった演技。
共演者(堺雅人)と共同して芝居を作りこんでいく、というこれまでになかった演技。
これまでのキャリアすべてをまとめ上げ、さらに新しい境地を開いた作品。
『デカワンコ』同様、のちにエポック・メイキング的なものになると思います。
②『サロメ』・・・「純真性」をテーマの中心においた=多部ちゃんのために書かれたかのような台本。
演出。イノセンス(純粋無垢)とイントレランス(不寛容)とを体現させてくれました。
映画『キャバレー』がライザ・ミネリ抜きに語れないように、今後は日本においては
多部サロメ抜きには、『サロメ』という作品を語れなんではないでしょうか?
③ロペ・ピクニックCM・・・女優としての凄みを見せつける一方で、
「カワイイ」多部ちゃんもたくさん見せてくれました。春のC1000も何十年ぶりかの
ハッピーターンのCMも素敵なものばかりですが、今年の多部ちゃんの象徴的なものとして
ロペ・ピクニックのCMを推したいと思います。硬軟自在の多部ちゃんの攻撃に
ファンは揺さぶられまくりですね(笑)

yamarineさん、今年1年大変お世話になりました。
ありがとうございます。
来年もよろしくお願いいたします。
良いお年を!
【2012/12/31 07:54】 | もりあて #ZVW275lE | [edit]
まだ間に合いますね♪
それでは、

一位 『サロメ』
初舞台、初多部、初川越、初物づくしにゃ敵いませんw
文句無しです!

二位 『ロペピクニックCM』
入店時の体験がいたたまれなくて…もうご勘弁をっw
でも、静止画じゃあピカイチですね。

三位 『直筆メッセージ』
未だ届かず…
焦らすなぁ~w

好きな作品と言うより、アトラクションに参加したインパクトで選んでしまいましたw

今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

よいお年を…あっ!?紅白のももクロちゃん観てみますねっw
【2012/12/31 18:39】 | Is #- | [edit]
多部ちゃんの仕事に順番や点数をつけるのは、ま、お遊び気分ということで。直筆メッセージはまだ届いていないので個人的に対象外ですw

第1位 『サロメ』

 オペラも含めて数多の公演と比較される古典作品へのチャレンジ、それも定番のサロメ像とは違う多部ちゃんのキャスティングに、発表当初はどうなるのか不安もありましたが、公演が近づくにつれ、宮本さんの演出意図や稽古風景から期待は膨らみました。その期待を大いに上回る作品でした。NABEさん、川越のパパさんにも大いにお世話になった「サロメ計画」も素晴らしい思い出となりました。


第2位 『デカワンコ新春スペシャル』

 やっぱりデカワンコはイイですね。グダグダなつくりでも、多部ちゃんだからこそ、ギリギリのところでエンターテイメントとして締めていたと思います。

第3位 『大奥』

 初めて時代劇に本格的に取組み、これまでの多部ちゃんの総決算+αで魅せてくれました。堺さんとのレベルの高い演技の応酬で、『君届』同様、原作を超えたものになりました。

第4位 『浪花少年探偵団』

 アラは確かにあるし、視聴率が景気のいいことにならないのも仕方ないところはありますが、小品でちょっと淡白な東野作品に命を吹き込んだと思います。

第5位 『ふくすけ』

 いろんな意味でスゴい作品で芸達者な役者が多く揃う中、十分な格を見せていました。ヤフオクで手に入れた舞台に近い席が、たまたま通路脇で、多部ちゃんがすぐ横を通り過ぎる幸運にも恵まれました。

次点 『雨』

 いっとき大音量でヘビーローテーションするぐらい、持っていかれてました。今こう書いたら、また聴きたくなりました。

【2012/12/31 23:59】 | Deep Purplin #5I3Trcm2 | [edit]
>多部サロメ抜きには、『サロメ』という作品を語れなんではないでしょうか

でました! もりあてさんならではのご巷説。
御意!!w

>硬軟自在の多部ちゃんの攻撃にファンは揺さぶられまくりですね

変幻自在な多部ちゃんに、メロメロです。
もっともっとイジッてもらいたいですw

年が明けましたので、おめでとうございます。
今年もよろしくですw
【2013/01/01 13:49】 | yamarine #- | [edit]
>初舞台、初多部、初川越、初物づくしにゃ敵いません

まさにw 思いっきりの勝利ですね。
人生は元を取るように出来てるそうですから、もうバッチリですねw

>紅白のももクロちゃん観てみますねっ

いかがでしたか?
最高だったでしょう ← 押し売りw

今年もよろしくですw

【2013/01/01 13:57】 | yamarine #- | [edit]
>多部ちゃんの仕事に順番や点数をつけるのは、ま、お遊び気分ということで

まったく そのとおりですね。

私も今年を楽しく振り返ることができましたw

今年もよろしくですw
【2013/01/01 14:34】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1316-0eec768b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫