“ キャラ立ち4変化 ”

 2013-02-03
『ラストホープ』は着実に観てる人のハートを掴んできているようです。

ごちゃごちゃしてわかりにくいのは確かですが、ドラマのキモがそこにもあるのだからしょうがないですね。


多部ちゃん演じる歩美に関しても、初回は馴染めない、家光を引きずってる、ツンな雰囲気が似合わないなどの声もありましたが、3回目ともなると、このキャラも好きかもって変化してきてるのは、本当に多部ちゃんってスゴイなって思います。

歩美先生は、ぶっきらぼうで生意気で、現実にはあり得ないような女医ですが、多部ちゃんが演じると何の不自然さも感じさせないですね。


多部ちゃんには、キャラの立った役ばっかりなんで、普通の女の子の役もやって欲しいという声をよく聞きます。

言わんとすることはわかりますが、普通っぽい子ってどんなのでしょうね。


『夜ピク』の甲田貴子とか、『すみれ』の遠藤君子とか、『つばさ』の玉木つばさみたいなイメージなんですかね。

でも、多部ちゃんがやってきた役って、一見普通に見えても、実は心の闇を抱えてるって子がほとんどですね。


これはやっぱり多部ちゃんをキャスティングする人の想いがそこにあるからですね。

彼女なら静かな演技の中に、そういう側面を見事に描き出すことができると期待するからですね。


もちろん、一子や爽子や上様や歩美のようなキャラが立ってる役も、多部ちゃんが演じればよりリアリティが出て、そのインパクトだけで作品を引っ張ることが可能で、いい作品になるという期待ですね。


それは、ワンコこと一子が鮮烈でしたし、対極にあると思われる爽子には驚きの声さえあがりました。

さらに家光では、ツンはもちろんのこと、多部ちゃん史上初のデレも作品に溶け込むように自然に演じていました。


そして、歩美はツンを得意とする多部ちゃん史上でも、若い女性としてはあり得ないようなとんがりキャラを極めようとしています。


このような四変化にさらに新境地を開拓したいと手ぐすねを引いて待ってる関係者がたくさんいることを期待したいと思います。




タグ :
コメント
『ラストホープ』の歩美医師役が、多部さんには合わないなどと言う意見もよく見聞きしますが、
私は、違和感なく感じております。
(若過ぎるという理由も、過去の出来事の裏づけがあってのことかと…)
見る側が、どうしても役者に対するイメージを決めつけている感がありますね。
でも彼女は、そんな枠に全く執われないで演じてくれている、それも彼女の魅力なんでしょうね。
そういう意味では、このドラマが今後どのように展開され、
そして多部さんがどのように演じてゆかれるのか、
楽しみの一つでもあります。
【2013/02/04 10:37】 | 14  #9fkEwLEQ | [edit]
>私は、違和感なく感じております

私もですよw

>見る側が、どうしても役者に対するイメージを決めつけている感がありますね

上っ面しか見ない人が多いと思いますから、しょうがないですね。

>多部さんがどのように演じてゆかれるのか

いまのツンツンの歩美がいい意味で大変身する予感がして、楽しみですねw
【2013/02/04 22:43】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1356-73d60a66

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫