“ なんとかなるさ ”

 2013-05-23
最近はあまり話題になりませんが、多部ちゃんの好きな言葉が「我、わが道を行く」と「なんとかなる」であることは、多くの多部ちゃんファンは知っていると思います。

「わが道」のほうは、孤高の存在感を高める多部ちゃんに相応しい、仕事に対する姿勢をあらわす言葉として、何度も記事にしたことがありますが、「なんとかなる」はそう取り上げたことはありません。


でも、この「なんとかなる」っていう言葉も、多部ちゃんが多部ちゃんたるゆえんをあらわしてるかなと思います。

仕事を選ぶ上でのチャレンジ精神でもそうですし、日常の生活や旅行のときの積極性なんかにも、よくあらわれていますね。


仕事では、最初の大きな仕事、『HINOKIO』のオーディションが受かって、髪を切るのがイヤだったけど、やってみたら楽しくて、高く評価されたのが大きな転機になってるのかなって思います。

そこでチャレンジの大切さを理解して、はじめての連ドラで、それまでのイメージとは真逆の演技が要求される『やまたろ』に出ることにも抵抗はなかったのではないでしょうか。

それこそ、「なんとかなるさ」という感じでねw


その後は、出る作品出る作品好評で、ワンコだろうが、しのぶセンセだろうが、家光だろうが、期待以上になんとかしてしまったのでしょうね。

同じように、喧々諤々の『ライアー』も、アゲインストが予想されればされるほど、なんとかなるさと乗り越えてしまったのだと思います。


「なんとかなる」は、ある面では「わが道を行く」とは真逆の側面がありますね。

自分流で、これという道を突き進むばかりではなく、時には右へ行き、左へ行っても、どの道にも意味があって有益だけど、芯はぶれないみたいなって感じですね。


だから、多部ちゃんのストロングポイントは心の柔軟さなのかなって思います。


日常、ひとりで電車に乗ってショッピングや映画に行くのも、海外旅行で自ら行動して、現地の人たちと馴染もうとするのも、そういう精神でしょうね。


とかく日本人は物事に慎重で、先の心配ばかりして、人間が小さくまとまりがちですが、多部ちゃんを見てると、人間としてのスケールのデカさが、仕事の面でも、プライベートの面でも果てしなくて、想像のレベルをはるかに超えていきそうで、ホントに頼もしい限りですw




タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1473-ee7f557f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫