“ 魔法のボタン ”

 2013-07-31
ついに昨夜、第1話を観ました。

息子が夜でもスマホをいじってるので、なかなか観せてもらえませんでしたw


でも、10分じゃねぇ・・・


冒頭いきなり池松くんと一緒のベッドからブラとパンツの女の子が起き上がってきて着替え始めたのでビックリしましたが、多部ちゃんではなかったですw

その後のニット帽の多部ちゃんに、なぜかホッとしました。


みんなが言ってますが、多部ちゃんらしい自然な演技ですね。

配信だからっていうわけじゃないでしょうが、自在でもう余裕の演技って感じがします。


メイクも薄くて、ここまでメジャーになっても、どこまでも自分をさらしちゃうところはホントにホンマモンの女優だなって思います。


名古屋は今日で終わりましたが、各地で『やまたろ』の再放送をやってるようで、いままでに観たことがある人も、はじめて観る人も、多部ちゃんの思いっきりのいい演技や変顔に魅入られているのが、たくさんつぶやかれています。

結構多いのが、昔観たときはニノと翔くんに夢中で、多部ちゃんはどっちかというと、なんでって感じだったのが、あらためて観ると、女の子に嫌われないようなぶっ飛んだ演技をしていて、ホントに多部ちゃんって若いころからスゴイねっていう意見です。


もちろんメジャーになった、今の多部ちゃんを知ってるからってこともあるでしょうね。

そういう目の前の芝居に無心に全力で取り組む姿勢は、6年前、18歳の初連ドラの時から変わらず、まったくブレがないということですね。


『魔法』は、そんな多部ちゃんの6・7年間の推移を50分に凝縮したような作品になるのかなって期待をしていますが、2話以降はぼちぼち観ていきたいと思います。

にしても、あの小さな画面と音量には耐えられませんので、DVDでいいですから、いっときも早く出して欲しいですね。


案外早く、真木さんが終わるぐらいに発売されるんじゃないかなって勝手に期待をしていますw



スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1546-0526e386

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫