“ カラダはひとつ ”

 2013-08-04
昨日、つぶやきを読んでいたら

「多部ちゃんに自作を演じて欲しい作家は山ほどいそうだよねー」

「私も私も~(^^)/ 多部ちゃんラブ。『てのひらの記憶』の円にもぴったりだと思います」

「ありがとうございます。多部ちゃんはコメディもシリアスもいけるし、可愛い服も似合って、そそります! 」


というようなやりとりがありました。


私は、読書好きの多部ちゃんファン同士がつぶやいているのかなって思っていたのですが、家に帰って、2ちゃんを見たらビックリ!


つぶやきの主は作家同士だろうということで、最初のは水生大海さん、「少女たちの羅針盤」を書いた方のようです。

もうひとりの方は、やっぱり小説家で大崎梢さんという方のようです。


2ちゃんの方には、感謝します。


あらためて、多部ちゃんは作家や業界の人に評価されているのだなあって思いますね。


多部ちゃんが初期のころに評価を高めたのが、「ルート225」や「夜のピクニック」、「対岸の彼女」といった優れた小説原作の映像化で、原作の登場人物を期待以上に好演をしたことによるのは間違いないですね。

その後も、小説にしろコミックにしろ、見た目のイメージではあり得ないとか言われながらも、映像化されると思わず納得どころか、大評判になるということが相次いでいるのは周知のとおりです。


だから、小説家が自分の作品の主人公に多部ちゃんがなってくれて、映像化してくれたら、いい作品が出来るのだろうなって思うのはよく理解できますね。

まさに多部未華子ギャランティということだと思います。


そうなると、映画でまたいい作品をって思うのですが、作品のクオリティよりも営業第一がはびこる現状では、なかなかこれという作品は難しいでしょうね。


でも、映画でもドラマでもいいですから、「やっぱり、多部ちゃん、スゴイね!」と言われるような作品にめぐり合うことを心待ちにしていますw




タグ :
コメント
「夜のピクニック」の恩田陸さんも,多部さん絶賛でしたし,
私自身多部さんつながりで恩田さんの作品が好きになりました.
ちょうど,昨日娘(小5)が恩田さんの小説に興味をもったので
買ったところです.
作家にそういわれる多部さんってやっぱりすごいんですね.
ますます次の作品が気になるところです
【2013/08/05 00:05】 | 40代のおかん #k8hoI9U. | [edit]
>恩田陸さんも,多部さん絶賛でしたし

角田さんもねw

>娘(小5)が恩田さんの小説に興味をもったので

すごい!
女の子は早いですね。

>ますます次の作品が気になるところです

そうですね。秋のドラマはありますかねw
【2013/08/05 16:58】 | yamarine #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/08/05 23:28】 | # | [edit]
そうですね。多部ちゃんのファンであることは、大きな誇りだと思います。

確かに、よい作品に出会えるといいですよね。でも多部ちゃんのことだから、きっと大丈夫だと思いますw
【2013/08/05 23:49】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1550-e864c2d1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫