“ プレミア開幕!! ”

 2013-08-16
待望のヨーロッパサッカーのシーズンがやってきました。

先週、ドイツのブンデスリーガがはじまって、早速岡崎が得点しましたね。


その岡崎も出場したウルグアイ戦は、予想通り世界の一流国とのレベルの差をまざまざと見せつけられました。

ウルグアイは先回のW杯で4位でしたが、現在の世界ランキングは12位だそうで、その上にさらなる強豪国がひしめいているわけで、いまの日本のポジションがハッキリわかったと思います。


サッカーは野球とは違って、一人飛びぬけた選手がいても、勝敗に大きく影響するってところがないのがいいです。

個の能力と組織としての戦術が噛み合わないといい結果はでないですからね。


そういう点で、日本はそのスキル、肉体的、精神的タフネスをもっと冷静にとらえた戦術を考えないと、予選で玉砕でしょうね。

一見、カッコいい精神主義が理を押しのけて、玉砕も辞さず、マジメに反省も謝罪もしないというやり方では、いつまでたっても進歩はないと思います。

いまの国のスタンディングと一緒ですね。


サッカーに関しては、世界から優秀な選手が集まり、優れた監督がたくさんいるヨーロッパサッカー、中でも、イングランド、スペイン、ドイツ、イタリアのリーグ戦が、激しく、スピードがあって、タフで、観ていて面白いです。

もちろん、ひいきの選手やチームがあれば、フランス、ロシア、オランダ、ポルドガル、ベルギー、トルコなども、面白いゲームが観られます。


そういった各国のリーグの中でも、私が一番好きなイングランド・プレミアリーグの2013~14シーズンが明日、開幕します。

どんなリーグを観るにしても好きなチームがないと面白くないというのが私の考えで、プレミアで一番好きなチームはプロフィールにも書いてあるとおり、リヴァプールです。


そう、先日のウルグアイの中心選手スアレスが所属するチームです。

昨年の有名な噛み付き事件で、開幕6試合ほど出場できませんが、今年こそプレミアの得点王を取って欲しいと思っていますw


まあ、リヴァプールはよくても4位、5位争いだろうと思いますが、香川のいるマンU、強力な選手を集めたシティ、モウリーニョが帰ってきたチェルシー、組織で戦うアーセナルなど魅力的なクラブが集う約10ヶ月間の闘いは、考えるだけでワクワクします。


多部ちゃんがまだロンドンにいるのなら、ロンドンにはホームチームがたくさんありますから、本場のサッカーの迫力、臨場感、一体感をぜひ味わってほしいなって思いますw




タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1562-ab122101

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫