“ 多部ちゃんの球種 ”

 2013-08-19
先日書いた多部ちゃんのウィニングショットは、一種類だけではありません。

岩隈も多彩な球種を自在に操りますが、多部ちゃんも硬軟多彩ですね。


まず、ピッチングの基本となるストレートは、スピードこそ男子には劣りますが、球質が野茂の球のようにズドンと重く、相手をシビレさせます。

どんな相手と対峙して、どんな役をやるにしてもストレートは基本ですから、多部ちゃんのストレートのクオリティの高さは大きな武器になっていると思います。


ベースに強力なストレートがありますから、その他の球種が一層活きてくるのも多部ちゃんの特徴ですね。

さらにナックルもスライダーもカーブも自在に操るのが多部ちゃんの真骨頂です。


ナックルは『デカワンコ』で完璧にマスターして、相手や観るものを驚かせました。

それまでの多部ちゃんのイメージから、あそこまでのクセ球を投げるとは誰も予想していなかったですから、強烈なインパクトがありましたね。


一見へなちょこボールに見えて、あんな変幻自在の変化球を投げるんだという点で、貴重なウィニングショットになったと思います。


スライダーは、『浪花』で多投していましたね。

なんせ、難しい大阪弁ですから、右へフラフラ、左へフラフラと悪戦苦闘していましたが、途中からは東京出身の女優としては、十分に及第点のスライダーを投げていたと思います。

それが、あのドラマを視聴率とは関係なく、ドップリはまる作品にしたのだと思います。


そしてカーブは『大奥』で見せつけましたね。

最初のうちは剛速球を投げていたかと思うと、途中からは大きく変化するゆるいカーブを巧みにまぜて、相手や観る人を魅惑していました。


ここに到って、女優多部未華子のたぐい稀なる球種と投球術が超一流選手のそれに匹敵することになったのだと思います。


そんな多部ちゃんが、次の作品でどんな球を投げるのか興味深いですw



タグ :
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/08/20 00:36】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1565-48942cad

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫