“ カワイイは万能か ”

 2013-11-29
今の時代は、なんでもカワイイの一言で評価をされてしまう風潮があります。

キレイよりもカワイイのほうが多くの人が共感する時代ですね。


昔は、断然カワイイよりもキレイのほうが格上でした。

女優なんかは特にそうですね。


昔のカワイイは、どちらかっていうと、子供に使う感じで、幼いイメージが強かったと思います。

だからカワイイでは憧れとかも感じにくかったでしょうね。


それがいつの間にか、女優もアイドルも歌手もキレイよりカワイイと言われるほうが、ステイタスが上のような雰囲気になっています。

キレイだと近寄り難いけど、カワイイだと身近な感じがするっていうのも大きいのでしょうね。


いまは、キレイでツンとしてるようなタイプは敬遠されがちです。

テレビや週刊誌で、プライベートがあらわにされますので、ある程度ぶっちゃけたほうが喜ばれる時代ですね。


そういう部分に迎合する芸能人もいますが、アイドルならともかく女優はやらないほうがいいと思います。

女優を専業もしくはメインの仕事にするのなら、仕事本位で行って欲しいですね。


多部ちゃんは、まさに女優の本分をわきまえ、わき目もふらずその道を邁進してる感じです。


アイドルと女優、あるいはタレントと女優を兼業するのなら、いろいろ手を出すのをとやかくは言いません。

でもそういう方は、自分の賞味期限については考えておく必要はあるでしょう。


若いときはカワイイの一言で支持をされますが、アラサーぐらいからはそうもいかないですからね。

つぶやきでは、見れば見るほどカワイく見えてくる多部ちゃんとよく言われますが、逆に見れば見るほどカワイくなくなってくるとアイドルの名前が上がったりもします。


そう言われるのはうれしいですが、そういう尺度で見られるのもどうかなというのが、正直なところですね。


多部ちゃんに関して言えば、上手だねとか、スゴイねとか、驚いたという声が一番うれしいですw




スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1675-67ac6455

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫