“ フォーエバー・ジョン ”

 2013-12-08

今日12月8日はジョン・レノンの命日です。

ジョンが40歳で亡くなってから、33年が経ちます。


毎年、この日は世界中で、ジョンを偲んでビートルズの曲を歌う催しが実施されます。

私も、心の中で、大好きな「ストロベリーズ・フォーエバー」を歌いました。


私はビートルズがデビューしたときからジョンが一番好きでした。

ビートルズがどんどん進化していっても、やっぱりジョンが書き、歌う曲が好きでした。


それはイギリスの後のパンクなどにもつながるストレートでラジカルな曲をジョンが作って歌っていたことにもよりますね。

メロディに長けたポールとは対照的でした。


私は基本、メロディよりもリズムやテンポにすぐれた曲が好きです。

詞の内容には興味はありません。


ジョンの、時には不器用で破天荒な生き方や思ったことを行動にあらわす姿勢などが好きでした。


もちろんその秀逸な作品の数々や強烈なヴォーカルが余人をもって替え難いことは長いロック史上を見ても間違いないですね。

そんなジョンがいま生きていたらと夢想したことは何度もありました。


きっと、精力的に彼なりの音楽活動をしているに違いないでしょうね。

今夜はそんなジョンのことを想いながら、「ジョンの魂」を聴きたいと思います。




タグ :
コメント
私はポール派ですが、ジョンの死はショックでした。

12月には必ず、"Happy Xmas (War is Over)" を聴きます。
歌詞をきいていると、目頭が熱くなる気がします。

ジョンの願ったように、世界が平和に、人々が幸福になりますように。
【2013/12/09 19:08】 | marrella #QA3T5Quk | [edit]
>"Happy Xmas (War is Over)" を聴きます

いいですねぇ。
あの曲はクリスマスソングなのにもの悲しさがあって好きですね。

>世界が平和に、人々が幸福になりますように

道は険しいですね。
【2013/12/09 20:48】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1684-174355a3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫