“ ドラマが好き! ”

 2013-12-20
秋のドラマがほぼ終わりました。

今期も数多くの作品を観ました。


これはもう習慣で、作品の良し悪しにはある程度目をつぶって、毎日せっせと観てきました。

最後まで観たのは、海の上、リーハイ、ドクター、貴族、コーチ、都市伝説、ワゴン、ロイド、インタビュアの9本です。


それ以外は、数話観てドロップしました。

あとは、NHKとWOWOWのを数本観ました。


連ドラははじまる前の期待とワクワク感が、4ヶ月毎に味わえるところが好きです。

長すぎず短すぎず、約3ヶ月で終わるのもいいですね。


基本、2時間ドラマや長々と続いているシリーズものは観たいと思いません。

そういうのは安定志向が強いからです。


連ドラは玉石混合ですが、毎期毎期頭をひねって、トライしているのが感じられるのがいいです。

なかなか新しい題材はないですから、似たような作品が多いのはしょうがないと思います。


なんせ、キー局4社が年4回、数多くの作品を作るわけですからね。


でも、そうやって切磋琢磨することによって、時として非常に優れた作品が出てくるわけで、そういう作品に出会えたときの喜びは何とも言えないですね。

多部ちゃんで言えば、大奥やワンコや鹿男のような優れものですね。


映画でもそうですが、2~3割ぐらいの良作があれば上等だと思っています。

ドラマはタダで観ることができますしね。


ワゴンは残念な出来でしたが、ああいう企画にトライした姿勢は悪くないと思います。

最初から、率や評価ばかりを気にしていたら、ユニークなものは作れないですからね。


そういう点では、この秋は続編のリーハイとドクターがずば抜けていたのは、残念でもありました。

来期は、ぜひ多部ちゃんと春馬くんで、君届に匹敵するような、印象的な作品にしてくれることを願っていますw



スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1695-4ad1f0fa

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫