“ 24年ぶりなるか ”

 2013-12-24
今シーズンのヨーロッパサッカーを観る気分はハイテンションですw


それは、イングランド・プレミアはリヴァプールが絶好調。

イタリア・セリエAは、ナポリの健闘に加えて、1月には本田がミラン加入。

スペイン・リーガは、バレンシアがイマイチですが、伏兵のアトレチコ・マドリードが大健闘。

という、刺激的な展開だからです。


そういった中でも、私の一番の望みは、リヴァプールのリーグ優勝です。

1989~1990シーズン以来23年間という長きにわたって優勝してないクラブに、今年はチャンスがめぐってきてると思います。


今シーズンが開幕して、約4ヶ月経った折り返し点近くに、そういう記事を書こうかなって思っていたら、なんと今朝リヴァプールが首位に立ちました。

序盤で一時的に首位になることはありますが、各チームが熟成してきたこの時期にトップに立つということは、この先もそれなりに期待ができます。


まだ先は長いし、1月になると移籍が解禁になって、資金のあるクラブは補強をすると思いますが、サッカーはチームプレーですから、そんなに大きくは変わらないだろうと思っています。


リヴァプールは、2004~2005年にチャンピョンズリーグを制していますが、やっぱり10ヶ月間戦うリーグ戦で優勝して欲しいですね。


今年のリヴァプールの快進撃は、2年目のロジャーズ監督のチーム作りと采配によるところが大ですが、その牽引役になってるのが、あのスアレスです。

ワールドカップで、シュートを手で防いだり、相手選手に噛み付いて先期から今期にかけて10試合の出場停止になったり、いいイメージがないですが、今期は12試合で19得点と現時点でダントツの得点王です。


オランダのアヤックスにいたときは、1シーズンに47点取ってスアレスのチームと言われたそうですが、今期はそれに迫るような活躍をしています。


クラブのアイコンであるジェラードはいまはケガをしていますが、今期はがんばってますし、ジェラードにとってはじめての優勝への思いは強いと思います。


強力なライバルチームがたくさんいますが、広島の連覇よりは可能性はあると思いますので、多部ちゃんの舞台が終わる頃には、吉報が聞きたいななんて夢を見ていますw




スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1700-0bc1f700

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫