“ 僕の音楽遍歴 6 ”

 2013-12-28
1967年のモンタレー、69年のウッドストック、同じく69年のオルタモントの悲劇を経て、ロックの理想が崩れていきました。

そんな中で、70年に入ってアメリカのシンガーソングライターの時代がやってきます。


折りしもジミヘンとジャニスが27歳で亡くなった後、ジェイムス・テイラー、キャロル・キング、ジョニ・ミッチェル、ニール・ヤング、ジャクソン・ブラウン、ランディ・ニューマン、ニルソンなどが脚光を浴びました。

私は中でも、ジェイムス、ジョニ、ニール、ジャクソン、ランディに夢中になりました。


この辺のミュージシャンの初期のアルバムはどれもよく聴きましたし、曲によってはギターを弾きながら歌いましたw

中でも思い入れがあるのはジャクソン・ブラウンですね。

初期の3枚のアルバムはいま聴いてもシビレます。


その後はカントリーテイストの入ったバンドが増えてきて、CSN&Y、イーグルズなどは本当によく聴きました。

特にイーグルズは20年近くやった自分のバンドで一番たくさんコピーをしました。


その他、CCR、ザ・バンド、ドゥービーブラザースなども印象に残っていますが、特にザ・バンドはすばらしいですね。

渋いアルバムが多いですが、どのアルバムも味わい深いです。


南部では、デラニー&ボニー、レオン・ラッセル、オールマン・ブラザーズ、レナード・スキナード、アトランタ・リズム・セクションなどのサザン・ロックも盛り上がりました。

この中では、なんと言ってもオールマンですね。


そのスリリングなギタープレイとテンポのいい楽曲にはシビレました。

この頃は私の中ではアメリカが優勢でした。



タグ :
コメント
>特にイーグルズは20年近くやった自分のバンドで一番たくさんコピーをしました。

"One Of These Nights"はよく演りました。

>南部では、デラニー&ボニー、レオン・ラッセル、オールマン・ブラザーズ、レナード・スキナード、アトランタ・リズム・セクションなどのサザン・ロックも盛り上がりました。

"Free Bird"はよく歌いました。楽器はピアノです。事故の前のことですね。

>この中では、なんと言ってもオールマンですね。

"In Memory of Elizabeth Reed "は、バンドで一番よく演った曲です。キーボード担当なんですが、
ギターソロがあまりに素晴らしいので、コピーしてよく演奏しました。
ベースで演ったこともあります。だいたい、Dickey Bettsの曲は好きなんです。"Jessica"とか"Blue Sky"とか。

Dickeyの曲じゃないけど、"Don't Want You No More"もよく演りました。

いい曲が沢山ありますね。これらのバンドのメンバーの人脈とか凄いですね。
Derek and the Dominosとか。"Layla"なんか、ギターをやってれば誰でも通る道ですね。



【2013/12/28 22:58】 | marrella #QA3T5Quk | [edit]
>"One Of These Nights"はよく演りました

わおっ うれしい!
私はイーグルズの中で一番好きといいたい作品で、本当によく歌いましたw
特にベースのフレーズ、ギターのリフとハモがカッコいいですね。

>"Free Bird"はよく歌いました。楽器はピアノです

演奏したことはないですが、いい曲ですね。ピアノもされるのはスゴイですね。

>"In Memory of Elizabeth Reed "

ロック史に残る名曲ですね。

>Dickey Bettsの曲は好きなんです。"Jessica"とか"Blue Sky"とか

デッキーを意識したことはなかったですが、いい曲を書きますね。

>"Layla"なんか、ギターをやってれば誰でも通る道ですね

そうですね。でもちょっとメジャーすぎてっていう感じですw
【2013/12/29 21:12】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1703-39d03765

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫