“ イエローかなw ”

 2014-01-25

rakuyouさんが『僕いた』のリヴァプールのことを書いたので、私も書きたくなりましたw

後追いですが、お許しください。


私は、初回を観たときに、拓人の部屋にリヴァプールのペナントが飾ってあったのに気づいて、嫁さんと話をしてました。

まあ、拓人はサッカーをやるし、スタッフの中にリヴァプールファンがいるのだろうぐらいにしか考えてませんでした。


でも、ちょっと深く考えてみると、マンUでも、バルサでも、レアルでもなく、リヴァプールというのが、拓人の微妙な立ち位置をあらわしているのかななんて思いました。

医者の長男でありながら、サラリーマンになって、親は弟ばかりに入れ込んでるという…、まあこじつけですけどねw


古豪でビッグクラブではあるけれど、最近は鳴かず飛ばず、でもこだわりを持った熱狂的なファンが多い。

考えてみると、そういう存在のクラブチームは他には、あまりないような感じがします。


バイエルンはいまや世界一ですし、スペインは2強以外はいろんな面でイマイチですし、ユーベは強いし、ミランもインテルもパッとしないし、シティやチェルシーは近年強くなったクラブだし、やや近いのはアーセナルかなって思いますが、古豪とは言えないですしね。

そういう意味で唯一無二の存在感があるリヴァプール、いわゆる“レッズ”を若い拓人が好んでるという心情を、もっと深く考えてみるのもいいかなって思います。


同様に、それは恵にも言えますね。

つぶやきでは、盛んにめぐの部屋に飾ってあるCDがaikoというのが話題になってます。


スタッフが知ってるかどうかはわかりませんが、aikoは多部ちゃんのことが大好きと公言している数少ない芸能人ですね。

それは関係ないかもしれませんが、恵という優しくておとなしい女性の好みとしてはピッタリだと思います。


これもスタッフのこだわりであることは間違いないですね。

私もaikoは好きで、一時連続して新譜を購入してましたから、こういうところに登場するのはうれしいです。


そんなことを考えてると、ますます二人の愛のゆくえと辛い将来が気になってきます。





タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1736-5a41dd19

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫