“ I LOVE TSUGE!! ”

 2014-01-26
今月の芸術新潮が、マンガ家「つげ義春」を特集しています。

この気高い雑誌が、マンガ家を特集するのは、今回でわずかに4人目だそうです


いままでは、手塚治虫さん、水木しげるさん、大友克洋さんの3人だそうです。

私は、大学に入ったころから、つげさんを読みはじめて、好きで好きでたまらなくて、ほとんど全作品読みました。


つげさんは短編ばかりですが、その独特、孤高の世界観は、叙情的で心にグサッと突き刺さるような作品が特徴です。

私は、物語を長々とつむいでいく作品よりも、私小説的な作品のほうが小説でも好きですが、つげさんは心をゆさぶる珠玉の作品ばかりです。


エンターテイメントとしてのマンガも多いですが、そういうのとは一線を画した内省的、シュールなアプローチが好きですね。

主要な作品は、何度も何度も繰り返し読みましたが、この後も死ぬまで何回も読み続けるに違いない宝物です。


これから老後に繰り返し楽しむ宝物の中でも、多部ちゃん、ビートルズに次ぐポジションをキープしていますw


私は、幼いころからマンガ雑誌などを読んだことがなかったので、大学に入って読みはじめた「ガロ」がほぼマンガ初体験でした。

「ガロ」の後に、手塚さんの「COM」が出ましたが、そちらはほとんど読んだことがありません。

ですから、好きなマンガ家というのは少なくて、つげさん、白土三平さん、永島慎二さんぐらいです。


つげさんは、寡作で、「ガロ」で執筆の当時から、毎月ではなく、たまに作品が発表されるという状態でした。

だから、来月は作品が載るっていうと、ときめいたものでした。


好きな作品はたくさんありますが、一番は「紅い花」ですね。

ドラマにもなりました。


その他、「李さん一家」、「沼」、「海辺の叙景」、「チーコ」、「ゲンセンカン主人」などなど秀逸な作品がいっぱいありますが、なんと言っても話題になった作品は「ねじ式」ですね。

その奇妙で、衝撃的で、シュールな世界観は、未来永劫語り継がれるに違いないと思います。


映像化された作品もたくさんありますが、みんなどことなくヘンテコな作品が多いですw


もう76歳ですが、いま現在27年間休筆してるそうです。

それを休筆というのか、引退と呼ぶのかわかりませんが、つげさんらしいと思います。


今回のような形で、40数年前の作品が注目されるのは、ファン冥利につきますね。

もしよろしければ、芸術新潮は高いですから、「紅い花」が全編載ってますので立ち読みされることをお勧めしますw

15ページの小品です。


これを書いていて、あの少女キクチサヨコを多部ちゃんで観てみたいなって夢想してしまいましたw




タグ :
コメント
『紅い花』いいですよね。
わたしもつげ義春さんは好きな作家です。

『ねじ式』はもちろんですが、『無能の人』も印象に残ってる作品です。

ああ、また読み返してみたくなりました。
【2014/01/26 17:47】 | gonbe5515 #mdgUF9TI | [edit]
>わたしもつげ義春さんは好きな作家です

そうですか。
それはうれしいですねw

>『無能の人』も印象に残ってる作品です

ああ、いいですね。
映画化されてますよね。
【2014/01/26 21:57】 | yamarine #- | [edit]
>『ねじ式』はもちろんですが、『無能の人』も印象に残ってる作品です。

私はつげさんはあまり押さえてなくて、この二編しか読んだことがありせん。シュールな世界観というのは
よくわかります。

私の場合は、マンガというと少女マンガですね。私は、中学生が終わるころまでマンガというのを読んだことはありませんでした。中学のころ『愛と誠』を読んだのが初めてです。高校の頃、少女マンガにはまり、くらもちふさこさんや田渕由美子さんなど読んでました。

大学に入ってからは、月刊誌はほとんど読んでいました。まあ、当時付き合ってたニョーボは自分でマンガ描いたりしてましたから、一緒に『ガロ』なんかも読んでましたけど。少女マンガ以外でざっと思いつくのは、大友克洋さん、藤原カムイさん、吾妻ひでおさんとかでしょうか。その後、少年誌、青年誌なども読むようになりました。
しかし、メインはやはり少女マンガ、女性マンガですね。

社会人になってからも、ぶーけやヤングユーなどを欠かさず読んでいました。しかし、上野樹里さんを知り、その後多部ちゃんに夢中になってからマンガを読まなくなりました。

しかし、我が家にはまだ大量のマンガの蔵書があります。いつか、これをネタにブログを書きたいと思ってますが、古い作品ばかりなので憚られます。マンガは本来読み捨てられるものですから。でも、よい作品は不滅だと思っているので、まあいいか。(笑)

ちなみに、私の映画の好みにはマンガが色濃く影響しています。だから『君に届け』みたいな作品はツボなんですよね。




【2014/01/27 22:39】 | marrella #QA3T5Quk | [edit]
>マンガというと少女マンガですね

まったくわかりませんw
『君届』を読むのも大変でした。

>一緒に『ガロ』なんかも読んでましたけど

楽しそうな学生時代ですねw

>吾妻ひでおさん

多部ちゃんのこと好きで、たまに書いたりしていますね。

>上野樹里さんを知り、その後多部ちゃんに夢中になってからマンガを読まなくなりました

そうですか。不思議なものですね。

>私の映画の好みにはマンガが色濃く影響しています

なるほどね。
なんとなくわかりましたw
【2014/01/28 22:48】 | yamarine #- | [edit]
あー、買ってこねば.w

「ガロ」と「少女コミック」が青春だった.w

萩尾望都と大島弓子をお薦めしておきます。多分うけつけないでしょうけど.w

【2014/01/29 22:47】 | NABE #K1tKGgng | [edit]
先月号なんですね.w
本屋をめぐってみます.w
【2014/01/29 22:52】 | NABE #K1tKGgng | [edit]
>「ガロ」と「少女コミック」が青春だった

えっ そうなんですか。

>萩尾望都

この作家は、なんか賞をとったのをのを読んだ記憶があるような、ですw
なかなか良かった記憶があります。
でも、今はドラマや映画、サッカーや音楽モノを観るのに手イッパイですねw

>先月号なんですね

そうなんですか。
そりゃぁ 悪かったですね。
【2014/01/30 00:01】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1738-040a42bc

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫