“ 僕のいた時間 第4話 ”

 2014-01-29

やっぱり、脚本が巧みですね。

まあ難病ドラマの王道ですが、ラストは涙腺が決壊しました。


二人の演技も、ファッションも、ロケ地もイイです。

丁寧に作られたドラマですね。


ある程度先が読めるから、そこまでのプロセスが輝いていればOKだと思います。

そういう点では悪くないです。


もう少し毒を吐くぐらいのストーリーでもいいのですが、たくみくんも、周平くんも、原田さんも意外と大人しいですね。

その辺は、拓人の病気が明らかになってから、徐々にってことですかね。


それとも、そういう側面はあまり出さないように抑えていくのでしょうか。

拓人と恵にフォーカスしてるのはありがたいですけどね。


いずれにしても、多部ちゃんについてはますます引き出しがフル稼働になると思いますので、非常に楽しみです。


欲を言えば、もう少し多くの人に観てもらえたら言うことないですけどねw




スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1741-6fa6f33a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫