“ ノーマジック、イッツリアル ”

 2014-03-10

ドラマや映画で多部ちゃんを観てると、いつの間にか引き込まれて、気になってしょうがなくなってしまうのを、多部マジックってつぶやいてる人がいました。

確かに、多くの多部ちゃんファンがそうそうとうなずくだろうと思います。


私も、『やまたろ』ではじめて彼女の演技を観て、顔だけじゃない、表情だけでもない、しぐさだけでもない、不思議な魅力に取りつかれたわけですが、それをマジックと呼ぶこともできるかもしれないですね。

なにって具体的にピックアップできないサムシングがあるからだと思います。


でも、その後、多部ちゃんという女優を知るにつれ、それはマジックでもなんでもなく、彼女の仕事に対する真面目で真摯な姿勢こそがなせるワザなんだと思うようになりました。

まさにリアルなんですね。


そして、クールでもあると思います。

芸能人になるのではなくて、女優と言う仕事に真正面から向き合ってるだけというのがカッコいいです。


だから、私が多部ちゃんを知った7年半前と、25歳になってメジャークラスの女優になった多部ちゃんにはなんの変化もないわけです。

いつも目の前の仕事に一所懸命に取り組むだけってことですね。


そんな自然体の多部ちゃんなのに、多部マジックって呼ぶ人が出てくるっていうのが、彼女の底知れない魅力をあらわしているのだと思います。



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1782-afc20af8

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫