“ ヴィジュアルorアクトorギャップ その3 ”

 2014-03-11
最後は、ギャップに魅せられた女優について書きます。

私は、昔からギャップの大きい人が好きで、若いころに唯一好きだった女優の秋吉久美子さんがまさにそれです。


秋吉さんは『いもうと』という作品で、いきなり見事な胸を見せましたが、それに惹かれたわけではありませんw

その奔放でユニークな発言にハマったのですね。


初期の作品はあまり観てませんが、中期の名作はいろいろと観ました。

特に好きなのは、今は亡き森田監督『のようなもの』です。


ああいうひょうひょうとした演技が好きでしたね。

昨年も大河に出ていましたが、今はそう関心はありません。


でも、ちょっと前まで大学に通っていたり、前向きに生きることに旺盛で、素晴らしい女優だと思います。


その後ギャップでハマった女優は、特にいなかったのですが、多部ちゃんを知った後に、登場した吉高由里子ちゃんにはちょっとハマりました。

サブカルっぽいドラマに出ていて、ユニークな子だなと思っていたら、いきなり『蛇とピアス』で、全裸になって高良くんやARATAさんと絡んでいましたから驚きましたね。


ときどき話題になる発言も奔放で、暴走気味なのも好きです。


その彼女が、民放ドラマではイマイチでしたが、春からは朝ドラですからね。

私は観ないですが、どうなりますでしょう。


あと、ヴィジュアルとギャップの両方で、麻生久美子さんをプッシュしたいです。

もう最近は出演作が減りましたが、『時効警察』のころからの数年はすごかったですね。

『ハラちゃん』もよかったです。


天然っぽい発言も好きでした。

以前のインタビューで、多部ちゃんが共演したい女優に麻生さんをあげていましたね。


きっと、多部ちゃんも麻生さんに不思議な魅力を感じているんじゃないかと思います。


ギャップはわざとらしいと嫌味ですが、それが持って生まれたものだとカワイイですね。

最近では、そんな素質を感じる女優は少ないですが、本田翼ちゃんが芝居がうまくなったら、ちょっと面白い存在かなって思っています。


みんな、誠実で真面目な印象の多部ちゃんとは真逆のイメージのようですが、多部ちゃんにも、そのパブリックイメージとは異なる素の姿があることが徐々に知れ渡ってきて、それが人気を押し上げてる感じもします。




スポンサーサイト
タグ :
コメント
>私は、昔からギャップの大きい人が好きで、若いころに唯一好きだった女優の秋吉久美子さんがまさにそれです。


>その奔放でユニークな発言にハマったのですね。

私は、映画としてちゃんと観たのは「旅の重さ」、「バージンブルース」くらいなのですが、なんともいえない魅力を持った女優さんですね。でも、こういうのを突き詰めていけば藤谷美和子さんみたくなる。私は、藤谷さんも好きですけどね。直接迷惑をかけられる筈もありませんから。

>その後ギャップでハマった女優は、特にいなかったのですが、多部ちゃんを知った後に、登場した吉高由里子ちゃんにはちょっとハマりました。

このひと、かなりきてますねー。「婚前特急-ジンセイは17から-」のメイキング映像でもほんっと自由奔放です。豆腐姉妹も良かった。こういうタイプは一部の男性(私も含む)から好まれるんですねー。でも、同性からは顰蹙を買うかもしれません。

朝ドラのヒロインですか。なんか反則っぽいですねー。彼女のキャラを活かせるんでしょうか?

私は朝ドラを観る習慣がないので、「つばさ」以外は観たことがありません。最近ヒマをみつけて「あまちゃん」を観てます。無論、橋本愛さん目当てなのですが、正直、きついですね。

橋本愛さんも、「アバター」、「貞子3D」のようなキワモノから「アナザー」のようなミステリアスな役から、「管制塔」などのように影のある美少女から、「ハードナッツ」のようにフワフワした役までこなし、それでいて素は飄々としているので、「ギャップ女優」の枠に入るかも知れません。


>あと、ヴィジュアルとギャップの両方で、麻生久美子さんをプッシュしたいです。

出番は少ないけれど、「罪とか罰とか」がよかった。

多部ちゃんは、正統派の女優さんだと思うんですが、飄々とした素と、凛とした女優の顔との両面を持っているので、向かうところ敵なしだと思います。女優としても、「ワンコ」から爽子、恵からサロメまでなんでもありですからねー。


【2014/03/11 17:17】 | marrella #QA3T5Quk | [edit]
>こういうのを突き詰めていけば藤谷美和子さんみたくなる

そうそう、そうですね。
思い出しました。同じく大好きでした。
女優としての最後のほうは残念でしたが、不思議な魅力がありましたね。

>豆腐姉妹も良かった

結構チェックしてますねw
映画はいろいろいいのがありますが、ドラマではイマイチなんで朝ドラなんでしょうが、まあ合わないでしょうね。

>それでいて素は飄々としているので、「ギャップ女優」の枠に入るかも知れません

なるほど。私は橋本さんのいろんな側面をそんなに観てないので、これから意識してみようと思います。

>飄々とした素と、凛とした女優の顔との両面を持っているので、向かうところ敵なしだと思います

まさに、おっしゃるとおりですね。
もう多部ちゃんは、唯一無二な存在ですから、ライバルとか関係ないですね。
【2014/03/11 23:51】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1783-b79a7812

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫