“ 今日のつぶやき ”

 2014-03-23

『僕いた』が終わっても、まだみんな余韻が残ってるというか、感動を引きずってるようで、ドラマへの賞賛の声、春馬くんや多部ちゃんへの賛辞が続いています。

『大奥』も終了後、かなりの盛り上がりがありましたが、今回は、普通の若い人や多部ちゃんにいままで無関心またはアンチだった人が夢中になってる傾向があるように思います。


そんな中、昨夜、緒方恵美さんという『ヱヴァンゲリヲン』の主人公の声優をやってる方のつぶやきがありました。


内容は、

「僕のいた時間」。 台本も演出もとても良かったし、役者さんも達者(かつ等身大)な方が多く素敵だったんだけど、何と言っても三浦春馬君と多部未華子ちゃんの力量が、素晴らしかったね…! 2人共芸歴も長い役者さんだけれども、それだけではない「魂」が感じられた。成長著しい。楽しみだねv


というものです。


うれしいですね。


声優で有名になる前は、劇団で役者もやっていた方ですから、そういう方が「魂」を感じたというのは、すばらしい賛辞だと思います。


多部ちゃんは受けの演技が多かったわけで、春馬くんに比べて、起伏は少ないですが、多部ちゃんの持ち味である自然な演技が見事にハマっていたと思います。

そういう意味でも、メグはワンコとは真逆の多部ちゃんを見せて、私たちを魅了してくれたわけで、オールランダーの彼女にとって、エキセントリックなワンコはもう必要ないのかもしれないですね。


そんな多部ちゃんが、八尋役で、どんな新たな一面を見せてくれるのか、非常に楽しみですw




スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1797-cac8f867

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫