“ 僕の音楽遍歴 9 ”

 2014-04-04
90年代にかけて、イギリスではストーン・ローゼズやハッピー・マンデーズ、プライマリー・スクリームなどのマンチェスター勢の活躍がありましたが、私は聴くには聴きましたが、あまりハマりませんでした。

なんか軟弱というか、軽い感じが好きじゃなかったのですね。


そんな折、アイルランドから登場したU2はインパクトがありました。

後のU2と違って、武骨で荒々しくて、強烈なメッセージを持ってるのにも惹かれました。


ですから、初期の3部作は夢中で聴いていましたし、ライブも行きましたが、どんどんビッグになっていくにしたがって、やや距離を置くようになりました。

曲も演奏もすばらしいし、ボノのヴォーカルやいろんな問題提起もよくやってると思いますが、あまりそういうのには関心がないのですね。


そうこうするうちに、アメリカでR・E・Mが登場してきました。

こちらもカレッジチャートから火が付いたグループですから、最初はマイナーな雰囲気でした。


でも、比較するのはおかしいですが、私は圧倒的にこちらが好きになりました。

少し前に解散しましたが、それまでずっと大好きでした。


こちらもライブに行きましたが、マイケル・スタイプの声質、ヴォーカル力はすばらしいです。

ソニック・ユース、ニルヴァーナと並んで、アメリカのオルタナ系バンドとして特別な存在ですね。


そのソニック・ユースも相当雑音の多い過激な音を出すバンドですが、ハマりました。

独特のリズムを刻み、ちょっと気だるいヴォーカルで歌う曲はクセになりました。


そして、ニルヴァーナです。

シアトル発祥と言われるグランジ・ロックの最も大きな存在だったバンドですね。


絶頂期にヴォーカルのカート・コバーンがピストル自殺したことによって神格化されたのは否めませんが、出した3枚のアルバムはすべてクオリティが高いです。

特に「ネヴァー・マインド」はロック史上に燦然と輝き続けるでしょうね。


私が、40代の頃ですから、まだ体力も気力も充実していて、こういう過激な音楽に飢えていました。


さすが最近は、あまりうるさいのは敬遠気味ですが、ロックの原点を感じさせるバンドだったと思います。




スポンサーサイト
タグ :
コメント
80年代後半から90年代にかけて洋楽はあまり聴きませんでしたが、耳に残っているアーティストといえば、ヨーロッパでは、Kate Bush、Eurythmics、U2、Björk などですね。

特にBjörkは好きでした。"Dancer in the Dark"も良い映画でした。(時代はちょっと下るけど。)彼女は、808 Stateの"Ex:El"にも参加してますね。

ライブでは、ABWHに行ったのを憶えています。やはりプログレは好きだったんですね。

アメリカのオルタナティブ・ロックはあまり聴いていませんが、Nirvana は素晴らしいと思います。Nirvanaでオルタナティブ・ロックを聴き始めた人も多いのではないでしょうか。

この時期は、クラシック以外はテクノとJ-POPばかり聴いていました。小泉今日子から森高千里といった当時のアイドル路線から、今井美樹、柿原朱実のようなユルい人から、川本真琴、Coccoまで節操なく聴いていました。

また、松任谷由実は嫌いだといいながら、毎年アルバムを買ってました。今でも嫌いですが、好きな曲は沢山あるという矛盾したスタンスです。

今は情報収集能力がないので、なかなか新しい音楽に触れられなくて駄目ですね。

今聴いているのは、サカナクション、相対性理論、清竜人などですかねぇ。


【2014/04/04 14:10】 | marrella #QA3T5Quk | [edit]
>特にBjörkは好きでした

完全に忘れていましたw
私もお気に入りで結構アルバムを持っています。

>Nirvana は素晴らしいと思います

そうですね。
うれしいですw

>森高千里

私がファンクラブというものに入った唯一のミュジシャンです。
ライブでいい席が欲しかったのですが、45歳にしてですからねw

>小泉今日子

何故か、当時も今もダメですね。

>松任谷由実は嫌いだといいながら、毎年アルバムを買ってました

なんか、よくわかりますw
私は松任谷由実時代、デビュー3作で終わっています。
ライブは2回行きましたが、嫁さんに連れられて行ったスケートショーみたいなのは、退屈でしょうがなかったですw

>情報収集能力

私は学生時代以来、ミュージックマガジン一本です。

>清竜人

新しいアルバムも評価されていますが、多部ちゃんがらみということではないのですね。

【2014/04/04 22:26】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1808-907ff35c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫