“ Bob Dylan Live ”

 2014-04-18

今夜はボブ・ディランのライブに行ってきました。

先日も書いたように、3月31日からはじまったジャパン・ツアーの半ば、名古屋の初日です。


ゼップでキャパ2千弱、1階はオールスタンディング、2階は数百人の椅子席です。

価格は2階が1階の倍弱です。


で、私はもうスタンディングでライブを観るのはしんどくてムリなんで、奮発して椅子席で観ましたw


昨年末からいままで、ポール、ストーンズ、ディランと観てきましたが、今年73歳になるディランが一番現役感がありました。

ストーンズは懐メロ大会、新曲といってやったのはどっかで聴いたような曲。ポールは懐メロにプラスして新曲を数曲。


今夜のディランは、有名な曲は片手ぐらい。

直近のアルバムから5~6曲。


有名な曲でもいつものように崩しまくりで、どんな曲を歌っているかは、馴染みの歌詞を聴いてわかるぐらい。

とにかく、聴く者の期待を外しまくって、すべての曲が新曲に聴こえるという毎度のライブでしたw


バックの演奏を必要最小限の音量に抑え、ヴォーカルはダイレクトに伝わってきます。

間奏になると手馴れたミュージシャンのせめぎ合いが緊張感に溢れ、ゾクゾクします。


とにかく、懐メロではなく、今の自分のやりたい音楽を聴かせてやるという信念がヒシヒシと伝わってきます。

だから照明も暗く、ディランにスポットもあてないので、ひたすら音に集中するというライブでした。


客におもねる、客を喜ばすライブが普通の昨今、こういうライブは一般的には好まれないと思いますが、私は好きです。

同じようなことを繰り返しするのは、刺激がないし、好きじゃないってことですね。


多部ちゃんにも通じるアーティストとしての姿勢だと思います。


まあ天下のボブ・ディランだからできることですけどねw



スポンサーサイト
タグ :
コメント
>今夜はボブ・ディランのライブに行ってきました。

羨ましいですね。
私はボブ・デュランは代表曲を一応聴いたくらいで、あまり馴染みはないのですが。

>昨年末からいままで、ポール、ストーンズ、ディランと観てきましたが、今年73歳になるディランが一番現役感がありました。

ポールはエンターテインメント性が強いですし、ストーンズは音楽のスタイル的にこの年齢ではきついと思います。

>だから照明も暗く、ディランにスポットもあてないので、ひたすら音に集中するというライブでした。

彼は自分独自の世界を造って、そこに集中するタイプですもんね。

>客におもねる、客を喜ばすライブが普通の昨今、こういうライブは一般的には好まれないと思いますが、私は好きです。

全くその通りです。国内では、MCで客をいじったりするアーティストが多いのは嘆かわしい限りです。

>多部ちゃんにも通じるアーティストとしての姿勢だと思います。

自分の信じるところを貫くっていうことですね。



【2014/04/18 10:04】 | marrella #QA3T5Quk | [edit]
>代表曲を一応聴いたくらいで

それだと、ライブは渋すぎてツライでしょうねw

>独自の世界を造って、そこに集中するタイプ

そう、まさにカリスマですね。

>自分の信じるところを貫くっていうことですね

この先まだ来るのかどうかわかりませんが、もう充分かなって思うこともありますねw
【2014/04/18 23:43】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1823-f22db5f7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫