“ 余 韻 ”

 2014-05-03

今日はやや寝不足で、ボーっとしたまま、仕事に出かけました。

ネット受注のほうは、楽天もアマゾンも母の日ギフトを中心にたくさん来ていました。


昼過ぎまで受注作業を行って、2時過ぎに食事に出て、やっと頭がクリアになりました。

そんなシンドイ状態で作業をしている間、頭の中で繰り返し響いていた言葉があります。


「はい」、「わかっているつもりです」、「はい」、「わかっています」・・・

「えっ! それだけ!!」、「もう終わり!」、「授業で習ったことばかりなのに」・・・


多少違ってるかもしれませんが、舞台を観た方でしたらわかりますね。


辛いシーンです。

晴海先生が八尋と鈴に切々と話をするシーンですね。


あのセットは蜷川さんのキャストとお客への攻撃的なチャレンジという印象で刺激的でした。

実にエキセントリックでラディカルだと思います。


でも多部ちゃんは、あのセットを見て、大喜びしたんじゃないかと思いますけどねw


数多くある印象的なシーンの中でも、大好きなシーンです。


無表情で健気に答える八尋と鈴が切なくて、心が震えます。


このようにして、これからもいろんなシーンがフラッシュ・バックしてくる予感がします。




タグ :
コメント
八尋ロス状態です。。w

あのシーンは幼い頃から擦り込まれてきた
子供達の哀れ感(?)異常感(?)を感じさせられる
シーンでした(ボキャブラリが不足です)。

舞台セットは役者に怪我をさせないようガッチリ
組まれていましたが、地面からはえていたあの細い
ものを含め怪我なきようお願いします。。φ(・_・ );
【2014/05/04 00:06】 | SON #bjnJX.MM | [edit]
>哀れ感(?)異常感(?)を感じさせられる

ああ、確かにそうですね。
悲しいシーンですね。

>怪我なきようお願いします

ホント、そう思います。
【2014/05/04 00:59】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1842-51c620f4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫